IWSSS2018に参加しました!

こんにちは。M2の金谷です。
先日、2018年6月25日から28日の間に開催された
14th International Conference on Intelligent Environments (IE’18)の中で

3rd International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS ’18)

に参加してきました。
向かったのは諏訪先生、藤本先生、D1河中さん、金谷の4人です。

そして、舞台はなんとイタリア、ローマです!

私にとっては初めての海外であり、空港でも落ち着きがありませんでしたが、
河中さんに助けられながら、無事日本を飛び立ちました。

彼氏と空港なうに使っていいよ。

機内食はこんな感じ。

そして、ローマにも無事到着!
乗り継ぎ便も含めて、飛行機には、およそ16時間乗っていました。

日本では見られない景色が広がっていました。(当たり前)
街中は車の交通量が多くて、長い横断歩道なのに信号がなかったり、
信号無視する人も多かったりで、終始驚きっぱなしでした。

1日目は学会の開催より早く到着したので、

ピザを食べたり、

ジェラートを食べたり、

コーヒーを飲んだりして優雅なひとときを過ごしました。

ピザを食べたのは午後1時前だったのですが、大きすぎてお腹いっぱいになり、
晩御飯がいらなくなるぐらいでした。
でも、とても美味しかったです!チーズ最高!

そして、いよいよ発表当日。
河中さんも私も初日の午前中に発表だったので、
寝る前に資料を見直して練習して、朝早く起きて練習して完璧!
という中で問題発生。

宿泊していたのはローマ・ラ・サピエンツァ大学の本校の近くだったのですが
会場は分校であることが発覚。。。
距離は対して離れていなかったので、間に合いました。
早起きしててよかった!気づいた河中さんのファインプレーでした。

受付はこんな感じ。

当日は会議初日の午前中でしたが、参加者が非常に多く、
立ち見が出るくらいたくさんの方に発表を聞いてもらうことができました。

まずは河中さんから発表。

参加者が多いだけあって、質問も多かったです。

私も発表してきました。

頑張って英語でやりきりましたが、まだまだな気がします。
質問にもスムーズに答えれるようになりたい。。。
今後の課題ですね。

終了後は会議参加者のみなさんとディナー。

目つぶちゃってます。

参加者の中にはオーストラリアから26時間かけて来たという方もおられました。
こういうところでコミュニケーションを取れるのもいいところだなと思いました。

とても眺めがいいところで食事をしました。

イタリアは日が落ちるのが遅くて夜の9時でもまだ少し明るいぐらいでした。

初日以外にも会議終了後にはディナーやエクスカーションがありました。

エクスカーションではコロッセオに行きました!

ガイドの方に連れられてローマの歴史を聞きながら近くを観光。

コロッセオ到着!
近くで見たら本当に大きいです。

ガイドの方もおっしゃっていましたが、
これを人の手だけで建てたと思うと、今では信じられません。

会議3日目のディナーではDJさんがいたので、みんなで踊って大盛り上がりでした。

ディナー会場

DJさんめっちゃイケメン。

無事に会議の全日程を終え、最終日はお店を調べてディナー。

お店の外観。(食事の写真撮り忘れました…)

別のお店ではティラミスを食べました!

そんなイタリア出張も無事に終了し、日本に帰国しました。
全体を通じて、とても楽しかったですし、勉強になりました。

たくさん質問をしていただいたので
研究でも、より成果をあげれるように頑張りたいと思います。

次はもっと英語を勉強して挑みたいとも思いました。
海外の方と気兼ねなくコミュニケーションを取れるようになりたいですね。

NAISTには留学生も多く、
英語が苦手な方でも気軽に話せるかと思います。
もちろん留学のチャンスもありますよ!(渡邉くんの記事参照

受験生のみなさんはいよいよ本番が近づいて来ましたね!
ユビキタスコンピューティングシステム研究室では、国内の学会も国際会議にも
積極的に参加しており、みなさんにもそのチャンスがあります!

これらをモチベーションに受験生の活躍を願っています!

もちろん受験生以外にも、少しでも興味を持った方は
いつでも研究室を見学しに来てくださいね。
お待ちしています!

それでは!

SPAJAM 2018大阪予選に参加しました!

初めまして,M1の和田です.

6/16-17M110人でSPAJAM大阪予選に参加してきました!

(SPAJAM2018公式サイト:https://spajam.jp/)

SPAJAMとはスマートフォンアプリ開発のハッカソンを行うイベントです.

今回はM1グランプリでのアプリ開発の経験を踏まえて(前記事参照です)iOSチームのおなかすぃふたぁーAndroidチームのWar-O-Chiで参加してきました!

チーム名は某氏の口癖からきています(笑).

朝からM1集合です.

そして今回のテーマは…

音楽でした!

M1.5の方がいらっしゃればなあと全員が思いました(笑).

午前中は別のチームの方とグループでアイデア出しや交流をして,午後から開発でした.

お菓子やレッドブルもありました,すごい…(美味しくいただきました!)

開発はこんな感じ.

War-O-Chiチーム(大西,菅田,谷,平野,Sopicha)

おなかすぃふたぁーチーム(大坪,曽根田,鳥越,三崎,和田)

食べている写真が多いのは気のせいです.

夜もみんなで泊まって作業しました.M1仲良しです(笑).

開発したアプリはと言うと…

War-O-Chiでは”movement”を,

おなかすぃふたぁーでは”Sheep Music”を作りました.

他のチームの発表も見ましたがすごく面白かったです:)

そして結果はおなかすぃふたぁーの”Sheep Music”,優秀賞いただきました!

発表では大坪くんの当日の睡眠時間33分がウケてました(お疲れ様です!).

私はハッカソン初参加でしたが他のチームの発表を見たり話をしたり,みんなで開発したり,大変でしたがすごく楽しかったです!

お疲れ様でした!

P.S. 受験生の皆さんへ

試験が迫ってきましたが落ち着いて試験に臨めばきっと大丈夫です!!

締切当日の夜10時に願書を出しに郵便局に駆け込んだり,教育実習3日後に試験日を迎えてしまったり,数学の問題を説明するときに教授に間違いを指摘されて慌てたりしましたがなんとかNAISTにいるのでなんとかなります.

個人的にはNAISTには面白い人がいっぱいいるなあと思っています(笑).

応援しています!

それでは,読んでくださりありがとうございました(^^)

M-1グランプリが開催されました

こんにちは、M1の大坪です。

梅雨の中の晴れ間から、夏を感じられる季節になりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか!
M1も大学院生活に慣れた今日この頃、ユビ研3大イベント?の一つ、M-1グランプリが開催されました!

M-1グランプリとは、研究室内のアプリのコンテストであり、優勝すれば研究費30万円がもらえます。

30万円!
30万円!?

M1達は準備に余念がありません。

M1一人あたり先輩二人がメンターに付き、アイディア出しから開発まで丁寧にサポートして頂けました。ありがとうございます!

そして実際の様子はこちら!

白熱したプレゼンに時おり笑いが起こります。ちなみに審査は先生方はもちろんのこと学生も全員参加で行いました!

終了後、打ち上げ&結果発表に突入します。

結果は

参加賞
日本全国のアプリコンテストへの交通費・宿泊費

ベストメンター賞

特別賞
梅津

グランプリ
3rd place:  鶴山・和田
研究費10万円

2nd place: 曽根田
研究費20万円

1st place: 大坪
研究費30万円

なんと自分がグランプリを頂けました!ありがとうございます。
副賞はびっくりするぐらい豪華です(゚Д゚) 参加賞で全国に旅行にいけます(も、もちろんコンテスト参加がメインですよ..!)

M-1グランプリ後も、作ったアプリを世にリリースするために先生や先輩方からアドバイスを頂けました。

M1の挑戦はまだまだつづく…!

CivicTechForum2018にユビ研から2名登壇しました!

初めまして!今回のブログはM1の曽根田悠介が担当させていただきます!

2018年6月2日(土)に行われましたCivicTechForumにユビ研から2名登壇させていただきました.

その際の様子についてブログを書かせていただきます.

CivicTechForumとは?

まずはCivicTechForumについての説明をさせていただこうと思います.

Civic Techとは,テクノロジーを使用して身近な問題であったり,社会課題を解決しようという取り組みのことをさします.

Code for Japanさんはまさしくその分野に当てはまります.

Civic Tech Forumは,各地方でCivic Techの分野で活動している方が一堂に会するイベントになっています.大学生から行政の方など本当に幅広い方が集まります!

ユビキタス研究室もSmartCityの研究を行っていたりと,Civic Tech関係の情報にもとても敏感です!

詳しくは下のURLからご参考ください!

Civic Tech Forum2018

Code for Japan

登壇した内容について

今回はこのCivic Tech Forum2018に当研究室から自分を含め2名が登壇しました!

D1の河中先輩は,自身が作られている食育アプリの4919(これでしょくいくと読みます!)の横展開という内容で登壇しました!

給食のアレルゲンをチェックできるアプリケーションで,お子さんをお持ちのお母さんにはとても嬉しいアプリです!オープンデータを用いたハッカソンから完成したアプリで,現在では全国の自治体からとても注目されています!

 

登壇の際の資料は下のリンクから見ることができます!是非お読みください!

http://2018.civictechforum.jp/data/ctf2018/org/speakers.php?mode=movie&id=35

M1の自分(曽根田悠介)は,大学時代に東北大学に在学した経験もあり,ローカルとローカルが繋がる可能性という内容で登壇させていただきました.できればハッカソンなども開催できればと思い計画を立てています!

同じく登壇に際しての詳細が掲載されているURLを下に載せさせていただきました!

http://2018.civictechforum.jp/data/ctf2018/org/speakers.php?mode=movie&id=51

入学してまだ二ヶ月しか経っていない状況で,かつ初めてのCIvicTechForumにも関わらず登壇ということでとても緊張しましたが,様々な方とお話できてとてもいい機会になりました!

Code for Ikomaの代表である佐藤さんからの提案をしていただき,登壇させていただきました!行政や市民団体との近さはまさしくユビ研らしいですね!!

登壇者は52名,参加者は約250名という本当に大きな規模のイベントになりました!このような機会に登壇をさせていただいたことを本当に光栄に思います!運営の皆様本当にありがとうございます!

この6月は本当に色々あったので,これからM1からブログ連投になるかと思います!

お楽しみにお待ちいただければと思います!!!

おまけ

本当に濃い1日でしたので,まだまだお伝えしきれていないことが盛りだくさんです!

まず,今回のCivicTechForumの会場ですが,なんとGoogleJapan様で開催されました!六本木にある森ビルにあるオフィスでとてもおしゃれな会場でした!お菓子を持ったドロイド君が迎えてくれました!(写真のバグで横向きになっています汗)

懇親会も行われとても盛大な会になりました!

様々な方とお話でき,とても素敵な時間を過ごすことができました!

料理も豪華で最高でした!!!

はぁーなんという贅沢な1日...

これで終わり...と思いきや実はまだあるんです(@_@)!

実は,CivicTechForumの前日である6月1日(金)にYahooJapan様にお邪魔させていただきました!

先日お会いさせていただきましたYahooJapanの澤田様のご招待でYahoo LODGEの紹介をしていただきました.

無料で使えるにも関わらずとても素敵なコワーキングスペースでした!

4919が「Linked Open DataチャレンジJapan 2017」の際にYahoo賞を贈呈してくださいました,yahoo研究所の伊藤様にもお会いすることができました!

縁が縁を呼ぶとはまさにこのことですね笑

と,とても充実した2日間を送らさせていただきました.振り返るとだいぶ長くなってしまいました汗

まだ研究室配属されてから一ヶ月半と短いですが,とても充実した毎日を送らさせていただき感謝感謝です!

お読みいただきありがとうございました!

P.S. 受験生の皆さんへ

もうすぐ入試ですね!

不安も大きいと思いますが,NAISTは本当に環境も整っていて,チャンスがゴロゴロとしています!試験まで残り数日ですが最後まで頑張ってください!

不安なことがあれば気軽にメールしてくれれば対応します!頑張れーーー!

受験生必須!学内アプリ使ってね!

 

こんにちは!M2の渡邉です!!

 

特に受験生向けの告知なります!

耳寄りの情報もあるので

是非読んでみてください!

 

今週末は、

下記の日程でオープンキャンパスが

奈良先端科学技術大学院大学

でおこなわれます。

 

平成30年5月19日(土)10:00 〜 16:00 

奈良先端科学技術大学院大学

オープンキャンパス開催

 

受験予定の学生さんはもちろん、

ちょっと奈良先端大気になるな・・・

という方など

毎回様々な方が来てくださる

このオープンキャンパス!

 

今年は一味違うんです!!

 

 

奈良先端科学技術大学院大学に

初めて来る方はあるあるだと思いますが

校舎がわかりづらくて、

どこに行きたい研究室があるのか

わからない!

ってことありますよね?

(僕はありました笑)

 

 

そんな方のための

公式アプリが配信されました!

 

 

このアプリは

  • 構内図を表示してくれたり!
  • 研究室の詳細がすぐに分かったり!
  • QRコード認証で詳細情報も知れたり!
  • 他にもあんなことが起こったり・・・

大学内で役立つこと間違い無しです!

今週末に来られる方には

是非試していただきたいです!

 

 

ユビ研の

学生と教員で作成されたこのアプリ!

ユビ研に来られた方は、

この仕組みなんかも聞けちゃったり・・・?

 

 

 

今週末皆様にお会いできることを

心より楽しみにしております!

 

インストールはこちら!!

 

では!!

新M1です!!

どうもM1の平野です.

今年は情報科学研究科が統合されて先端科学研究科になった初めての年で,前年までと比べて違うことも多いみたいで戸惑ってます(・´ω`・)困ッタナァ…

特に授業に関しては謎が多く,システム的には良くなったのやら悪くなったのやら・・・

ただ入学してから研究室でのんびりする謎の期間があったおかげか,今年のM1の12+1人は異常に仲が良いです( ´∀` )笑

 

M1飲み会

あって二週間弱でものすごく仲良くなってました!!

ただ,せっかくのお肉を網にぶちまける人はちょっと・・・笑

 

M1歓迎会

M1飲み会とおんなじ店で新M1の歓迎会!

先輩方&&Staffの方々,ありがとうございました!

ものすごく楽しかったけど,ずっと話してたから全然写真無い(´;ω;`)ウゥゥ

 

M1歓迎会・二次会

歓迎会の後,時間だけは有り余っているM1のうちの数人で二次会@スタバ

この日は普通に寒かったはずなのに,なぜか店が閉店するまで 外で 2時間半話してました💦

次の日,一人風邪を引いたみたいです(ただの馬鹿ですね苦笑)

まぁこんな感じで今のところ仲の良いM1が,今年いっぱいブログを担当していくことになります!

お手柔らかに・・・_(:3 」∠ )_

学生の内に留学を考えている方へ!

どうもM1の渡邉です!
佐々木くんのブログ投稿に影響を受けて久々に書きたくなりました。


今日は海外の話を少ししようかなと思います。
僕は小学生と高校生の頃にタイ(バンコク)中国(北京)に住んでました。

 

海外の経験はすごく新鮮で、今でも色々なことを鮮明に覚えてます。

小学生(タイ)の頃

  • 毎日の朝礼でタイの国歌を歌わされて今でも歌えること
  • ハロウィンの時にコスプレ初デビュー(スパイダーマン)
  • パクチーが嫌いだったのに食べれるようになった
  • 雨の日に路上で泳ぐ人の姿(笑
  • 英語に抵抗がなくなった

高校生(中国)の頃

  • 演劇、Bless、バスケ、サッカー、バレーボール・・・多くの経験
  • 半端ないくらい放置された数学の授業(なのに同期はカーネギメロン大に行きました、いつか伝手で見学に行きます)
  • チャリティデイ・インターナショナルデイ・Prom…聞いたことないイベント
  • スーツ着て、リムジン乗って、ダンスして・・・(なにこれ?笑)
  • 行動力・判断力・精神力が日本にいた頃よりは身についた

海外の経験を挙げたらきりがないです。

 

〜〜こんな話、自分のブログ作って書けばええやんけ!ってことで今日の議題!〜〜

 

海外の経験が今活かされてきていて、これからもっと役に立つ日が来るんだろうな・・・と思った矢先!

 

ユビ研に入って留学の切符を掴んだ話をしたいと思います。

 

きっかけは「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」です。

実はこのプログラムに採択された人は自動的にエヴァンジェリスト(伝道師・宣伝係)としての仕事が与えられるのでプログラムの宣伝でもあります(笑)

 

このプログラムは申請時に出す海外への渡航理由が、本当に何でも良くて(語学留学単体はダメだったかも・・・確認していただけると!)とにかく海外に行って何かを成し遂げるんだ!!と熱意のある方々が申請し通過できる民間企業から支援をいただいている留学プログラムです。

 

このプログラムはかなり面白くて、採択後の交流会や事前研修会は留学先・内容を問わない様々なバックグラウンドの人たちと出会えて、「ダンス大会世界チャンピオン」から「トンガ語がペラペラな子」から「夢はパン屋さん」・・・何やそのスキル!俺に無いもんいっぱい持ってるやん!!って人達と知り合えました笑

 

このプログラムの採択までに先生方の海外研究所とのコネクションや留学のノウハウ等、本当に様々な面で助けていただけました。やっぱり周りの人に支えられてやりたいことって一つ一つ達成できるんですね・・・つくづく思います。

 

プログラムの宣伝はこの辺で。

 

〜 YOUは何しにユビ研へ? 〜

 

そもそも留学の話をユビ研ブログでしている理由は、

確実に海外との距離感が近い研究室だということを伝えたいからです!

実際、現在ドクターの先輩がドイツに留学中で、M2や他のドクターの方も卒業前にギリシャで学会発表をしている最中です(おそらくそのブログを帰国後更新してくれるでしょう(煽り))。

 

という感じで本当に海外との距離感が近いんですよね。

 

その理由の一つが以前にブログ(見てない方はここをクリック)で書きましたが、留学生の数がコンスタントに多いことです。

 

常に英語を喋るチャンスはあります!
喋れない方もここの環境を利用すればどんどん上手くなると思います!
意識しなければもちろん日本語だけでも大丈夫ですが(笑
ちなみに英語の発音とか文法とかで笑う人はこの研究室にはいないです!いっぱい「あれ伝わらなーい?笑」って思いながら喋って見てください。海外の食生活の話とか結構おもしろいですよ(ドイツ人の主食はハリボーらしいとか(嘘))

 

おそらく長期で海外に行こうと思えない理由は英語にあるのかなと思っていたので、そこのハードルがこの研究室で下がることを伝えたいです。

 

僕の話に置き換えると、大学院進学当初、全くプログラミングをやってこなかったためハッカソンやプロコン等、自分は絶対に無理って思ってたんですけど、場数踏んだり段々コーディングできるようになると不思議と次のハッカソンの日程だったりをチェックするようになりました。不思議ですね〜〜〜

 

もちろん、英語嫌いだし、留学興味ないし・・・
っていう人もいると思います!研究室には海外に行くチャンスがありますよ!
という選択肢を示したいなっていう思いでこのブログを書いています。

 

個々人の進路の参考になればなと思います。

 

結局のところ、色々なことがしたいってなった時に行動しやすい環境って一番学生の時期って大事だと思うんです。特に大学院に踏み出す人は親の援助をもらっている方もいると思いますし、本来来なくていいと思うんですよね。強い言い方をすると。でも、僕は確実に進学してよかったなって思ってるのがこのユビ研です。

 

だから「研究命!(最高です)」「起業してみたい(最高です)」「コンテストや学会で鬼の業績稼ぐぞ(最高です)」「そんなに意識高く無いけど、将来のために色々経験したいな・・・(最高です)」「色々教えてください(最高です)

 

そんな中でも海外に関してユビ研は、

  • 様々な国の研究室との厚いパイプライン
  • 留学のノウハウ(VISA・宿泊先等の手続き)
  • 日本人で留学経験の多い先輩方
  • 圧倒的な留学生の数
  • 海外に行きたいです!と言っても「お前が?」と笑われない環境

全て整っていると思います。滅多にありません!

 

感謝の気持ちを込めて学生側の意見として留学との距離が近いことをこの投稿で示させていただきました。

 

〜これからユビ研に進学予定の後輩さん達へ!〜

 

4月末から僕自身ドイツに行き、10月末まで研究室にはいませんが、いつでも相談にのりますので気軽に相談してください!
もちろん他の先輩方も海外に詳しい方がいっぱいいます!

 

このブログで何か自分の将来を考えるきっかけとなれば幸いです!

 

M1の渡邉でした!伝わる文章・・・になりましたかね?

 

P.S. この視点は渡邉から見える視点ですので!しっかり気になる方は研究室で先生方とお話ししたりして見てくださいね!!では!!

スプリングセミナーを開催しました!

こんにちは。M1の佐々木です。

春が近づき、段々暖かくなってきましたね。

 

さて今年もNAISTではスプリングセミナーが2月26-28日に行われました!

ユビ研でも下記の2つのテーマで多くの学生に参加してもらいました。

  • 自動ライフログ収集システムの開発(3名参加)
  • スマートウォッチを使った家電操作システムの開発(8名参加)

 

私は「スマートウォッチを使った家電操作システムの開発」にTAとして参加しました。

そのテーマ名の通り、スマートウォッチを使って家電を操作するスマホアプリを作るという内容です。

ただし、どんな家電制御をするのかは、アイデア次第です!

セミナーは3グループに別れてハッカソン形式で進めました。

各グループでアイデアを出し合い、実装まで協力して行いました。

Maker:S,Date:2017-10-7,Ver:6,Lens:Kan03,Act:Lar02,E-Y

和気藹々と作業に取り組んでいます。

Maker:S,Date:2017-10-7,Ver:6,Lens:Kan03,Act:Lar02,E-Y

2日間という短い間でしたが、しっかり実装できてデモを見せることができてよかったですね!

 

もう一つのテーマは、自動ライフログの収集システムということでBeaconを使ったシステム開発とデータ分析を体験していました。

実験システムも作ったそうです。

我らが中村先輩に熱心な指導を受けていました。

 

どちらのテーマの受講学生も、

「とても勉強になったので、受講してよかった」

「先輩たちと話せて、ユビ研の雰囲気が知れたのでよかった」

と言っていて、楽しそうなのが伝わってきました。

 

実は私も入学する前にスプリングセミナーに参加していて、とても楽しかった思い出があります。先生や先輩方にじっくり教えていただき、研究室選択の決め手にもなりました。

NAISTの受験を考えている人は次のサマーセミナー・スプリングセミナーを受講してみては?

 

それではまた。

ICCE2018 in Las Vegasに参加してきました!

こんにちは.

M2の音田です.

ICCE2018という国際会議に参加するため,ラスベガスへ行ってきました!!

この記事では,ラスベガスで参加したICCEやCES2018とロサンゼルスで立ち寄ったUCLAについて話したいと思います.

 

ラスベガスとロサンゼルスに行ってた期間は1月9日から15日の1週間です.(今から1ヶ月前!ブログ放置しててごめんなさい!!)

もう記憶が曖昧ですが,思い出して書きます!

 

まず,日本を出発してアメリカについた時に入国審査を受けたのですが,審査官が何を言ってるのか全然わからなくて,適当に会話してたら最後に「メリークリスマス!」って言われて入国を許可されました!

なんで,1月なのにメリークリスマスなんですかね!(聞き間違い?????)

まあとりあえず,初日はラスベガスに行く前に乗り継ぎでロサンゼルスを経由するので,ロスに住んでいる荒川先生に会いにUCLAに寄りました.

UCLAはUniversity of California, Los Angelesの略で,カリフォルニア大学ロサンゼルス校のことです.

めっちゃキレイ.全部回りきれないくらい広い.

UCLAでは国際会議に向けた打ち合わせや荒川先生の案内でUCLAの観光をしてました.

まず,インターネット発祥の地を見て...

荒川先生の研究室を見学したり...

あと、UCLAのオフィシャルショップ行ってUCLAのTシャツ買ったり、ほかも色々まわったりしてました!!!

このあとは余った時間でロサンゼルスを観光しまくりました!!!

その観光のときにLyft(Uberみたいなやつ)を使いまくったんですけど,これがほんとに便利で早く日本にも到来してほしいくらいです!

アプリで現在地を送ると,近くにいるドライバーが向かいに来てくれて,事前にアプリで申請した目的に連れてってくれるんですよ!

決済はクレカで済むので,英語が話せなくても難なく移動がホイホイできます.

Googleマップ使うとUberとLyftの運賃比較ができて安いほうを選ぶことできるですよ!(めっちゃ便利)

 

ロサンゼルスで観光した所はサンタモニカ・グリフィス天文台・ビバリーヒルズ・チャイニーズシアターとか色々来ました.あと、カニ食べました!(うまい)

そのときの写真をいくつか載せときますね.

これはスパイシー寿司です.THE・アメリカの寿司って感じです.

 

カニです!めっちゃいい感じにスパイスで味付けされています.

このカニのお店はテーブルの上に直に載せて食べるタイプらしいです(豪快)

ゲームで靴がもらえます.斬新ですね.

ロスでは珍しい大雨に見舞われて、傘が悲惨なことになりました.

晴れた日のサンタモニカはキレイです

 


そして、ラスベガスへ向かいます!

 

ラスベガスに着くとさっそくカジノ!!!さすがラスベガス!!!

ラスベガスに着いてすぐ観光がてら買い物したり,シルクドソレイユ見に行きました.
シルクドソレイユすごいですね.水本先生に誘われなければ行ってなかったと思うので,行ってよかったと思います.ピエロが可愛かったです.
(ラスベガスってシルクドソレイユの本場らしいですね.あとで知りました.)


そして次の日は楽しみにしていたCESを見に行ってきました!

キリトくんのコスプレして、1/1 エリュシデータの実演やってました
剣の動き合わせてサウンドなったり、LEDが発光してました.

Netflixがこれから始めるドラマのプロモーションしていたり

Googleも出展していて,主にGoogle Assistantのプロモーションをやっていました.

Googleは巨大なガチャガチャでGoogle Home mini,Chrome Cast,Speakerなどなど豪華な景品が当たる大盤振る舞いな催しをしていました.(あと,ドーナツとコーヒーが貰える催しもしてました)
これに参加するのにはGoogle Assistantに話しかけて,Assistantが反応するとガチャガチャから何かしらの景品が出てきました.

ちなみに,このガチャガチャで遊ぶのにコインを入れないといけないんですよ(芸が細かい)

で,やってみた結果,僕はSpotifyのプロモーションコード,水本先生はGoogle Assistantのニット帽を貰いました(Chrome Castほしかった、、、)

他には,ATARIのポンゲームで遊んでみたり

 

そして,ビッククラッパー!!!
クラッパーの開発者の方が説明していました!かわいい!

 

で,個人的にはSleepTechがこれから来るんじゃないかと思いました!!
SleepTechが!来るんじゃないかと!思いました!(2回目!!)

特に20分で2時間の睡眠を得られるデバイスはアツいです!!ほしいです!!

あとは、数多くのHMDが展示されていたりしました.流行りなんですかね.

 

今回のCESは日本を冠した企業が初めて出展するということでJAPAN TECHブースがありました!(ビッククラッパーもそのうちの1つです!)

JAPAN TECHでは,心を癒やす尻尾クッションや日本酒をより楽しく飲むためのMASU GLASSなどなどが展示されていました.

CESはほんと見てて飽きないです.

もっともっとCESをにはおもしろいものがあるんですけど,これ以上紹介しているとキリがないので,ここらへんで終わっておきます・・・!!!

CESをもっと見たい人はICCEに論文を投稿して見に行きましょう!!!!!!

CESの会場は広いし,ラスベガスの各所で展示が行われているので,1日で全部を見て回るのは難しいです.(1日の歩数見てみたら3万歩はゆうに超えていました.)

CESはほんとに行って良かったです!行けただけでめっちゃ嬉しかったです.


そして,CESを見終わった晩は寿司を食べに行きました!!!

ラズベガスに来て,なんで寿司?と思うかも知れませんが,ここがめっちゃ美味しいんです!

寿司が食べ放題で26ドルなんです!!!

これめっちゃ安いらしくて,アメリカだと1貫10ドルなんてところもあるらしいです.

安くても1貫4ドルとかなので,26ドルで寿司食べ放題はヤバイです.

なにより嬉しかったのが,暖かいお茶と味噌汁が飲めたことなんです!

ほんとにこれには感動しました.

日本食から離れると,無性に欲しくなります!味噌汁最高!!!!

寿司のネタめっちゃ大きんですよ.

あと寿司を日本語で注文ができるんです.
タイ・マグロ・ハマチ・いくら・うにとかとか

メニューはこんな感じです.いっぱいあります.

たらふく食べてICCEの発表へ向けた活力となりました.
荒川先生・水本先生ごちそうさまでした.


今回の大本命である国際会議のICCEはCESと併設されていて,CESの最終日がICCEの開始日になっています.

ICCEの期間はCESの最終日を含めた3日間です.

なので,ICCEの期間中は解体されてゆくCESの会場を眺めながらの開催でした(笑)

僕の発表はICCEの最終日のポスター発表で

アメリカに来る前にポスター発表用のポスターは作っていたのですが,

発表の原稿(なにをしゃべるか)は全然きまっておらず,

ラスベガスに着いてから原稿を考えて,発表練習してました.

この発表練習が結構難航して水本先生を困らせていました.
ほんとうにすみませんでした.(メンタル鍛えますね)

ICCEの発表はもちろん全部英語なので,めっちゃ練習しました.

で,なんとか発表に挑みます.

必死に英語で説明しています.

質問にも答えます(伝わっていたかは...です)

あと,ポスター発表のコンペに申し込んでいたので撮影がありました.

撮影された動画はYoutubeにアップされています(これでYoutuberの仲間入りですね)

撮影された動画はここ→ https://www.youtube.com/watch?v=GAX5yDGOync&t=1s

見てね!

僕の発表が終わると水本先生はVR/ARのセッションの座長を務めていました.


ICCEが終わったあとは,存分にラスベガスを楽しみました!!!!!

まず,ホテルなんですが「ベラージオ」に泊まりました!!いいホテル!(よく知らんけど)

部屋からの眺めが良かったです.

部屋から噴水ショーが見れるんですよ

あとはカジノを楽しみました.

僕と水本先生はルーレットをやって僕が3万・水本先生が5万くらい勝ちました\(^o^)/

あと,知見としてベーラジオのルーレットは強いです.勝てまてん.

ラスベガスのメインストリートめっちゃキラキラしてます.

あと,コンセプトホテルがたくさんあって見てておもろいです.

これはベネチアがモデルのベネチアン

これはニューヨークがモチーフのニューヨーク・ニューヨーク

これはお城がモチーフのエクスカリバー(ラ●●●ルみたい)

で,パリがモチーフの・・・名前忘れた

まあこんな感じでラスベガスの報告は以上です!

ラスベガスまたいけるといいな〜〜〜〜

最後に今回食べた写真載せときますね(ラーメン食べたかった(´・ω・`))

 

ほいではまた!

秋の研究留学: ウルム大学の巻

どうもM1の永野です.
中村さん,高橋さんに引き続き秋のドイツ短期留学の第三弾としてウルムでの滞在記をお送りします.

前編:秋の研究留学:ドイツに2ヶ月滞在してきましたの巻
中編:秋の研究留学:DFKIの巻

一足先にドイツに来ていた中村さんが帰国し,僕と高橋さんの2人は10月後半から1ヶ月滞在したカイザースラウテルンのDFKIを後にし,(中編参照
約300km離れたウルムに移動しました.

すこし南に向かうため暖かくなるのかな??と期待していったのですが実際はアルプス山脈からの影響が強いこともあり,ウルムのほうが若干寒くなりました.
降った雪が溶けなかったりと日本の北海道程の寒さなのかなと思います.

カイザースラウテルン

ウルムとは

滞在したのはドイツの南西部に位置するウルム大学です.
ウルムの街はあのアインシュタインの出身地として有名な街で,人で賑わう中央市街や,教会の塔として高さ世界一を誇るウルム大聖堂をかかえる地方都市です!
(日本でいうと仙台くらいの規模?)
ウルム大学は2017年のTHEに発表された世界大学ランキングで135位に位置する国内有数の大学です.(参考:東京大学 43位、京都大学88位、大阪大学251位),理系の評判のよい7000人規模で,研究室から食堂まで歩くのになんと10分以上かかるNAISTと比較するとかなり広かったです.

ウルムでの生活

田舎町カイザースラウテルンでは徒歩やシェアサイクルでの移動中心でしたが,
地方都市ウルムではトラムと呼ばれる路面電車やバスが足となりました.

食時はこちらでも高橋さんが紹介していたビュッフェ形式の学食(5€程度)を毎日利用していました.ただ休みの日には街が栄えたウルムには美味しいお店がたくさんあります.現地の松田さん(D2)昼間からドイツビール片手に100%ビーフハンバーグを食べたりといい思いをしていました.

また,幸運なことに僕らの滞在時期にドイツでは11月末〜クリスマス直前まで平日も日中通して1ヶ月絶えずクリスマスマーケットが開催されてました!
昼間からビールやホットワインを飲みソーセージを食べる人で溢れ,すごい活気でした.

滞在中はウルム以外にもアウグスブルク,ミュンヘン等様々な都市のクリスマスマーケットに参加することができました.特にミュンヘン聖ニコラス(サンタのモデル)やクランプスと呼ばれる怪物の圧巻のパレードのライトアップされたマリエン広場での聖歌隊の演奏が見ることができて印象的でした!

ウルムでの研究

僕の研究では主にドイツの博士学生の助けを借りて研究のブラッシュアップをしたりドイツの学生を対象にした実験を行なうことに時間を当てました.日本に帰って現在追加実験を行い,早速結果を論文にまとめようと頑張っています!

高橋さんは現地に1年間派遣中の松田さん(D2)の研究とコラボして様々なウェアラブル端末を身に着けての観光実験を行なっていました.

最終発表会の様子(皆クリスマスのクッキーを食べながら議論しています)

まとめ

研究の提案,ブラッシュアップ,実験,発表と1ヶ月で充実した研究ライフを送ることができただけでなくしっかりと観光も行くことができました.2ヶ月の旅ともなると小さなトラブルは起きがちですが,現地に滞在中の先輩方や同行する仲間がいるため無事2ヶ月を過ごせました.

僕自身英語に自信が持てないまま行くこととなりましたが,スーパーバイザーに就いていただいた方々は皆しっかり時間をかけて議論してくださり,良い経験となりました.しっかりと英語で成果物を出すことで恩を伝えることができたらと思います!!

入学して間もない時期に海外派遣が決まりびっくりしてた英語ベタな僕ですが,
現地の環境や金銭面のサポートも厚く,充実した貴重な経験を積むことができました.また,今後も中村さんを始め海外に挑戦していこうとする学生がたくさんいるようです.
海外での研究経験が積みたい人やどんどん研究で成果を出していきたい人にはぴったりな研究室だと思うので,そんな学生はぜひユビ研に!

次回の留学滞在期(誰だろ?)もお楽しみに!!