ラスベガス珍道中(国際会議篇)

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
初投稿するM1の金平です。
2016年、一発目の投稿は国際会議に参加してきたご報告です。

1月7日~12日にアメリカのネバダ州ラスベガスで開催されたIEEE ICCE(International Conference on Consumer Electronics)という国際会議と併催されていたCES(Consumer Electronics Show)という家電製品中心の国際展示会に参加してきました。
私自身、初めての海外&国際会議、おまけに厄年ということもあり、トラブル続きの1週間となりました。
そんな1週間を国際会議篇、CES篇、観光篇、トラブル篇の4本立てで振り返りたいと思います。
では、ラスベガス珍道中(国際会議篇)をどうぞ。

ICCE自体は1月9日~12日まで開催されていました。
開催場所がラスベガスということもあり、開会式には美女二人を連れてミスターラスベガスが駆けつけてくれました(笑)
ミスターラスベガス

開会式が行われたメイン会場の様子がこちら
ICCEメイン会場
この会場では朝食や昼食を食べながら基調講演も聞くことができました。
朝食はベーグルとスタバのコーヒーとちょっとオシャレ♪
ICCE 朝食
昼食はサラダとでっかい肉でした(写真撮り忘れました)

面白いなと思った基調講演としては、「Brain Computer Interface」です。
簡単に言えば、脳波で様々なデバイスを操作する新たなユーザインターフェースに関する発表でした。
近い将来、考えるだけで空調やテレビなど家電を制御できる日が来るかもしれませんね。

さて、肝心の発表ですが、発表前日の安本先生、荒川先生の指南のおかげで上手く行きました。
ICCE 発表の様子
が、質疑応答で撃沈(´・ω・`)
テンパる様子がこちら
ICCE 発表の様子2
質問内容を理解できず、聞き取れたわずかな単語から答えていたのですが、発表を聞いていた荒川先生いわく、見当違いの解答をしていたそうな(> <;)
見かねた先生がフォローを入れてくださいました。
荒川先生ありがとうございました(> <)

そして、発表を終え安堵の表情
ICCE 発表終了

初めての国際会議で緊張しましたが、いい経験になりました。
もっと英語を勉強しなくては(^_^;)

次回投稿はCES篇です。
お楽しみに!!