SPAJAM2017 大阪予選に参加しました

M1の米岡です。

 

ハッカソンイベント『SPAJAM2017』に参加してきました。

 

SPAJAM2017は、その名の通り温泉でスマートフォンアプリ開発のハッカソンを行うイベントです。

全国で行われる予選会で最優秀賞を獲ったすべてのチームと、優秀賞を獲った中から選ばれた一部のチームが、決勝の地・箱根で三日間にわたり存分に温泉を楽しむことができます。

今回は関西大学梅田キャンパスで4月22日から4月23日にかけて行われた大阪予選に参加しました。

(SPAJAM2017 公式サイト:http://spajam.jp

 

 

 

予選会では4〜5人が1チームとなって、ひとつのスマートフォンアプリを開発します。ユビ研からは1チームが参加しました。下の写真は会場での開発の様子です。総勢12チーム。壮観!

毎年開催当日になって開発アプリのテーマが発表されるSPAJAMですが、今年も当日にテーマが発表されました。

今回のテーマは、

 ”電車”

 

 

ユビ研メンバーはチーム『LABOL』として、電車の揺れをスマートフォンでセンシングすることで電車が揺れる場所を特定し事前に通知するアプリ『ゆれぽいんと』の開発に取り組みました。

『ゆれぽいんと』ではユビ研の武器をフル活用!

アプリの利用者全員がセンシングデータを共有する「参加型センシング」によって、電車が揺れる場所を記録した「ゆれまっぷ」を作りました。当日は実際に大阪環状線をぐるっと半周してセンシングしましたよ!

メインプログラムのコーディングや環状線センシングデータの解析は、M2の高橋さん(チームリーダー)と音田さんが迅速に行ってくださいました!

 

二日間に渡る開発が終わってすぐに、全チームからアプリのプレゼンが発表されました。

各チームのプレゼン後には、アプリに興味を持った審査員から次々と質問が飛んできます。どのチームも完成度が高く、審査員の方々も常に興味津々でした。温泉に入る前から熱意が高く、みんな本気で温泉狙ってんだなと感じる一幕でした。

 

さて『ゆれぽいんと』のプレゼンはというと…………上々の反応でした!

M1の高城くんがプレゼンの資料作成と発表を行い、私米岡が電車に乗る人役でデモを行いました。ゆれまっぷができていく過程と実際に作成した環状線のゆれまっぷを見せたことで、かなり審査員の心を掴むことができたようです。

 

全12チームのプレゼンが終わると、間も無く結果発表です。果たして結果は……………………………………………………………………

 

 

ユビ研チーム『LABOL』、優秀賞をいただきました!!

技術力の高さと多分野への応用可能性が見込まれての受賞となりました。審査員の総評も技術力の高さに重きを置いたコメントが多く、ここは本当にエンジニアが集まるコンテストなんだなぁと改めて感じさせられました。

皆さん、お疲れ様でした!

 

 

最優秀賞を取ることはできませんでしたが、優秀賞の中から箱根行きの切符を勝ち取れることを願いつつ、次のコンテストには温泉と同じくらい熱い気持ちで取り組みます!

 

興味のある受験生のあなた!
NAIST オープンキャンパスが
5月13日(土) に開催されます。

見学や説明希望は気軽に連絡してください!

オープンキャンパスの詳細は↓
NAIST オープンキャンパス 2017

 

受験生の皆様のお越しをお待ちしております!