M2 河中くんが CodeIQ Magazine にて紹介されました

D2 松田です。

「テクノロジーと作る私達のちょっと未来の話 – 市民、政府、企業、3つの視点から -」というテーマで開催された、CivicTechForum 2017 で M2 河中くんが登壇発表した内容について、CodeIQ Magazine で紹介されました。

 

記事はこちら!

 

発表内容は、4919 for IKOMA という、給食のアレルゲンを把握し給食事故を未然に防ぐためのiOSアプリケーションについて。
現在では、生駒市情報政策課と連携しており、更なる開発・リリースや、オープンデータ整備にむけて議論を重ねています!

4919 for IKOMA のアプリダウンロードはこちら
注意: 現在は生駒市と協力しつつデータ整備中につき、給食アレルゲン情報については公開していません。

顔写真付きでガッツリとりあげてもらってます!トゥース!

↑ CodeIQ Magazine 記事より引用

ぜひ御覧ください。

 

記事はこちら!

 

(ちなみに)
ユビ研で開発しているParmoSenseも最後にちょろっと載せてもらってます(ㆁωㆁ*)

 

—————————————

CivicTechForum 2017 のイベント情報は以下からどうぞ!

CivicTechForum 2017