db analytics showcase 2017 および FOSS4G 2017 に参加しました! 

M2の河中です。

Code for Sapporoの久保さんにご紹介いただき、DICOMO2017に参加後、7月1日に札幌で開催されましたdb analytics showcase 2017 および FOSS4G 2017へ参加いたしました!

これらのイベントは同時開催されており、db analytics showcase はデータ解析を本当に理解し使いこなすため、数学やR, Pythonなどプログラミング言語の勉強会が行われ、FOSS4Gでは、GIS(地理情報システム)に関わる企業や法人の方々の発表が行われました!

FOSS4Gのチラシデザインかっこいい!

当日のタイムテーブルは以下の通りです(画質悪くてスミマセヌ)↓

帰りの飛行機の関係など時間の関係上、10時〜15時までしか参加できなかったのですが、この内僕が参加させていただいたのが以下のとおりです!

■ db analytics showcase

– 機械学習のためのベイズ最適化入門( ヤフー株式会社  / 牧山 幸史 )
    slideshare: https://www.slideshare.net/hoxo_m/ss-77421091
– ベイズ統計の数理と深層学習( 株式会社Gunosy / 米田 武  )
slideshare: https://www.slideshare.net/TakeshiYoneda/db-analytics-showcase-sapporo-2017

■ FOSS4G

– ユニバーサルマップ作ってみた(Georepublic Japan / 関 治之)
Speaker Dock: https://speakerdeck.com/halsk/yunibasarumatupuzuo-tutemita
– Rを使ったオープン地理空間情報データの活用 (株式会社ナイトレイ / 瓜生 真也)
-マピオン、ベクタータイル始めました (株式会社マピオン / 清水 珠里)
Speaker Dock : https://speakerdeck.com/mapion/mapion-bekutatairuhazimemasita
– OpenMapTiles: Vector Tiles based on OpenStreetMap Data (OpenMapTiles project / Jiří Kozel)

db analyticsで聞いたのが,機械学習のためのベイズ統計に関する話でしたが、Gunosyの米田さん(新卒らしい)の発表が印象的でした。
大学院まで純粋数学の畑で育ってこられたそうで、発表自体もバリバリ数学の話だったのですごく難しかったのですが、統計真面目に勉強しないとなぁとすごく刺激を受けました!笑

FOSS4Gでは関さんのお話や、Rによる地理空間データ活用方法、マピオンさんの活動などなどGIS界隈の現状を色々知ることができました!

foss4gの当日の様子はyoutubeにも投稿されているので以下URLからご確認いただけます!
foss4g : https://www.youtube.com/user/FOSS4Ghokkaido/videos

こういうイベント大阪とかでもやってたりするようなので、また参加してみたいとおもいます!