インタラクション2014

M1の平部です.

遅くなりましたが,2/27-3/1に行われたインタラクション2014(情報処理学会インタラクションシンポジウム)に参加しましたので,ご報告いたします.
インタラクション2014とは,人と人工物、および人工物を介した人と人とのインタラクションに関する研究全般を扱う研究会議です.詳しくは,メディアカレントコンテンツサイトに記載されている小野 憲史さんの記事を御覧ください.
http://mediag.jp/news/cat2/2014-3.html

ところで,皆さんは1人で研究会に参加したことは有りますか?
====
・いや,一人はちょっと…
・誰かと一緒じゃないと無理!絶対ムリ!!
====
など…,色々ご意見等あると思います.しかし,少ない在学期間に研究発表を重ねると1人で参加するという自体に出くわすかも知れません.
今回は,先生方のご都合がどうしてもつかず,インタラクション2014に突如一人で参加することになった不安いっぱいの平部が,初めての1人国内シンポジウムをどう過ごしたかについてご報告できればと思います.

まず初日…いつもどおり道に迷いながら,会場に到着!(本当に着いてよかった…涙)
インタラクション2014の会場は,日本科学未来館http://www.miraikan.jst.go.jp/(東京都江東区青海2-3-6)でした.
中に入ると,…大きな地球が浮いていました.まさしく…近未来っぽい!
IMG_4078

そして,ドキドキしながら会場へ移動.
しばらくして,ついに始まりました.インタラクション2014!
会場に人が多いなぁ…と思ったのもそのはず,16件のオーラル発表と,150件近いインタラクション発表(ポスターとデモ)が3日間に渡り行われるため,参加者が例年非常に多いということでした.
IMG_4084

午前中はオーラルセッション,午後はインタラクションセッションで構成されており,自身はインタラクションセッションに参加しました.
まず,午前中にオーラル発表が行われました.どれもこれも面白い発表ばかりで見入ってしまいました.とてもレベルが高い….
午後はインタラクション.まずは発表準備です.ポスターを張りつつ,発表練習してました.緊張です!!!
IMG_4085 IMG_4086

発表が始まると,無我夢中で発表していました.135分間しゃべり続けでしたが,色々な方が見に来て下さり様々なアドバイスや意見を頂きました.本当にありがとうございました.

さて初日が終わり…,終わった〜!というわけで,一人お疲れ様会をしました.ビールと生牡蠣が,すっっっごく美味しかったです.ほっと一安心.ビールの旨さを知りました.(普段ビールはあまり飲めませんが,瓶ビール飲みきっちゃいました!)
IMG_4088

IMG_4089

2,3日目は,純粋に聴講者としてオーラル発表,インタラクション発表に参加しました!インタラクションでは様々な研究発表が行われていました.また,2日目は,Women’s Luncheonという女性研究者のための懇親会が開かれ,こちらの方にも自身は参加しました.そこでお知り合いになった女性研究者,学生の方々とお互いの研究に対する考えや意見,キャリアパス等に関してお話でき,刺激ある時間を過ごすことができました.この時にお知り合いになった方と午後のインタラクションセッションを周ることもでき,女性の知り合いができてものすごく嬉しかったです!

ここで,実際にインタラクション2014でどのような発表が行われていたのか疑問に思われるのではないでしょうか.そこで今回は,こんな一例を紹介させていただきたいと思います.
こちらの研究は,ユーザが装着している心拍計から得た心拍数をiPhoneアプリを経由して,自転車のタイヤにLED表示させる,と言ったものです.オリンピック競技などで使えたら面白そうだと思いました.他にも色んな面白い研究発表があったのですが,楽しすぎて写真を撮り忘れていました.

IMG_4092

3日目に至っては,楽しみすぎて写真さえ撮ってませんでした.(すみませんでした….

私の初1人研究会は,以上のような感じで終わりました.
刺激ある多くの研究発表を聴き,かつ体験することができました.
また,普通の研究会では中々ない女性研究者・女学生懇談会に参加したことで,女性研究者や学生ともじっくりお話や相談ができ,大変貴重な時間を過ごすことができました.
研究発表を楽しみすぎて写真を撮り忘れる大失態をしてしまいましたが,もし参加できるならまた参加したいと思えるくらい,1人でしたが楽しい時間を過ごすことができました!

ユビキタスコンピューティングシステム研究室に興味がある方,やりたい研究テーマがある!という方,積極的に研究に対して,たくさんの意見やアドバイス,そして人との繋がりができる学会発表に参加してみてはいかがでしょうか?
ユビキタスコンピューティングシステム研究室に興味のある方は,いつでもご連絡ください.お待ちしています.