マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウムに参加しました

お久しぶりです.
夏のNAISTは暑くて溶けそう、というわけで研究室に引きこもっているD1平部です.

さて7月8〜10日に、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウムが開かれ、ユビ研から5件の発表がありました.共著者として参加してきましたので、ご報告します.

ところで皆様は、DICOMO2015シンポジウム(以下、DICOMOと記載)をご存知でしょうか?
DICOMOとは,インターネットを中心とした通信技術から、マルチメディア通信、分散システム、グループウェア、モバイルコンピューティング、ITS、ユビキタス、セキュリティやデジタルコンテンツクリエーションに関する分野の研究について、学術的な研究論文のみならず、事例報告、問題提起などの論文も対象として、活発な議論を行うことを目的に開かれている、大規模シンポジウムです.(by. dicomo公式ページより http://dicomo.org/cfp/

今回の会場は、東北岩手県の安比高原!まずはそこまで、皆(M2:宵、前中、河村、藤澤。森下、D1:平部)で移動です!
いい天気&景色です.
IMG_6892

しかし…片道5時間の移動が伴うので…ちょっと遠いかな?(笑)そんな中、みんな合間時間で発表資料作りに懸命です.ここで一例を1つ.
IMG_6893

いやー、寝てますねー.熟睡です.頭のなかできっと資料作りを…笑 ここ数日、発表日まで自分自身を追い込んで資料を作り続けていたので、疲れがでてるのかな…後ちょっと、ファイト、腹ごしらえしようぜ!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
ということで、盛岡冷麺をたべました.スイカ?!うそでしょ…と思ったけど、辛さが和らいで、すごく美味しいです!
IMG_6677

会場につくと、そこは…高原(&高原)でした.空気がきれいです!
01d921ecdda28bb6885c87d2c01b70a9e1b0cfaa3b

到着後、早速3日間に渡るセッションが始まりました.DICOMOはパラレルセッションなので、観たい発表が被ってしまうと、どの発表を見るかを選ばなくてはならないという苦行が…(あれこれはデジャブ?)
様々な面白い研究発表がある中で、ユビ研のメンバーも堂々と発表していました.(河村くんの写真を撮ってなかった…ごめん)
019d0d9d99046e50ad0c699f18259c018e89f70cc2
018ac0fa238aa238cbccef9dbfc3e565fa2b638646
01e0a4a944b1f0846f0cda2690d90c2198bd5044c7
01d639917d18b5877fb75600b029c19f1b35f435bd

一方で、これだけ大きな研究発表会.夜の懇親会もすごい人の数.色んな大学や研究所の先生方や、研究者、学生の皆さんと親交を深めました:)
IMG_6907

が、…DICOMOの夜、欠かせないビックイベントがもう一つ.
そう、Night Technical Sessionです!
Night Technical Sessionでは、日常の様々な現象を情報や電気電子の知識によって解決しようと、挑戦的な試み(ネタ多数)が多く観られました.
例えば、このセッションで発表された「サバイバル状況におけるハンダ付け手法の評価」について、少しご紹介.
発表者達は、アンケートの結果、98%の情報・電気電子系の学生が「ハンダ付けを愛している」と回答しており、彼らがどのような環境(とくに、コンセントがないキャンプなどのサバイバル環境)においてもハンダ付けを行いたい、というニーズを持っていることを明らかにしました.
そこでサバイバル環境(キャンプ)において、どのような道具がハンダ付けに適しているかを調査、評価し、発表しています.私がこの中で、なるほど!その道具でハンダ付けできたか…と思ったのは、フォークによるハンダ付けです.
フォークでは「多点同時ハンダ付け」ができる可能性があり、充分にハンダ付けに利用できることを実験で明らかにしました.
キャンプ中の楽しみの幅が広がった気がしました.(絶対しないけど。笑 ฅ^._.^ฅ)
IMG_6917
IMG_6918

楽しすぎて、一瞬で終わってしまったDICOMOシンポジウム.最後は授賞式です.ユビ研ではなんと、藤澤くん、宵くんが優秀プレゼンテーション賞を受賞しました!おめでとう!!
0119e91fcdd38e86d9be0e104806fbf1e83c0be783

ユビ研からは、まだ最優秀プレゼンテーション賞受賞者が出ていないとのこと.来年は…私(or 俺)が。という野心を持つ、そこのあなた!ユビ研は、そんなあなたをお待ちしています.
ユビ研、およびNAISTに興味がある方は、NAISTで開かれるサマーセミナーに参加してみてはいかがでしょうか?
興味のある研究室で、最新設備を使った実習ができます.さらに研究室の先輩と話ができるなど、聴きたいことを聞けるチャーンス★

・ユビキタスコンピューティングシステム研究室:http://ubi-lab.naist.jp/
・サマーセミナー(応募〆切り:7/31):http://isw3.naist.jp/IS/PubWG/Summer2015/index-ja.html

また「いつでも見学会」も有りますので、見学にきたい方は、気兼ねなくご連絡ください.
お待ちしております^^

Human-Computer Interaction(HCI)に関する世界最大の国際会議ACM CHIに参加してきました!

お疲れ様です,D1の平部です.
皆さんはCHIという国際会議をご存知でしょうか?
CHIはHuman-Computer Interaction(HCI)に関する世界最大の国際会議でACM CHIと呼ばれています.
HCIとは,ユーザーインターフェース(UI)デザイン設計や,インタラクション(機械の振る舞い方)デザインの設計や提案といった,人とコンピュータ(機械)との関係かついての研究分野です.
今年、2015年は韓国ソウルが会場であり,約3000人が集まったそうです.(しかし例年は6000人が参加するので,今回は少ないんだとか…。)
今回はこのCHIが開催されてきて初めて!アジアで開かれる,そして私の研究内容(スマートフォンで人のコンテキスト(状態)を推定する)からすると目指すべき最難関国際会議でもあるというこで,どのような研究が行われているかを調査しに4日間CHIに参加してきました!(荒川先生,今回は連れて行って頂き本当にありがとうございます.)

会場は人でいっぱいでした!
IMG_0012
IMG_0013

オープニングトーク終了後,早速セッションが始まりました.最初は学生デモセッションです.こちらは,透明の薄型ディスプレイを挟んで2人のプレーヤがお互いにゲームを行うデモです.様々なデモがある中で,この2人が一番楽しそうにしていたので今回はこのデモの写真をのせます.
IMG_0014

学生デモセッション終了後も,4日間を通してレベルが高い様々な研究発表が行われました.
例えばこれは,J!NS MEME(https://www.jins-jp.com/jinsmeme/)と呼ばれる人の瞬きの回数や見ている方向を追跡できるメガネ型デバイス(機械)を開発している研究です.かけさせてもらいました!思った以上に眼鏡が大きかった…。デバイスとの相性でデータが上手く取れない人がいるため,万人に使ってもらえるようにデバイスを改良することが,今後の課題だそうです.
IMG_6352

次にこちらは,片手でスマートフォンを持っている時に,ユーザの親指がどこまで届くか(端末を傾ける角度はどれくらいか)を調べることで手やデバイスの大きさに対してどのような操作がユーザに適切かを提案した研究です.
私の研究に非常に関連するもので,発表やスライド,質疑,どれも全てレベルが高く非常に参考になりました.
IMG_0063

また,初めて観たプレゼンが有りました.それはプレゼント中で何故かマジックが始まるものです.
なんでマジック???と思いましたが,その研究は「人に気づかれにくいデバイスの開発」であり,だからマジックなのか…!と見せ方のうまさを学んだ研究発表でした.
IMG_0058

この他にもたくさんおもしろい研究があったのですが…CHIでは同じ時間に同時並行で様々なテーマのセッションが行われるため,面白い研究が多すぎて見れない!え。。。選ぶしかない、なんてこった…という苦渋の決断を多々迫られました.こんな会議は初めてで,全体としてのレベルの高さが伺えました.CHIならではといったところでしょうか.
興味がある人は,CHIの公式ページから好きなテーマを探せますので,ぜひ一度見てみてはどうでしょうか?きっと気になるテーマが見つかるはず…!http://chi2015.acm.org/program/full-schedule/#focus

また,CHIに参加した日本人の交流を深めようという趣旨のもとにCHI2015 Japan Nightが開かれました.
この分野でTopを走っている方々に会えて刺激的でした.
IMG_6351
MIT Medeia Lab所長を務めたこともある(現在は副所長),石井裕先生がいらっしゃっていました!(超有名人です)
石井先生の言葉で印象に残ったのは,「誰もやったことのないもので勝負しろ!ブルー・オーシャンを目指せ、研究はヴィジョンが重要です」というものです.言葉の重みが違います…。
IMG_6349
***MIT Media Labや石井裕先生について知りたい方はこちら***
・MIT Media Lab公式ページ:http://www.media.mit.edu/
・石井裕先生 MIT Media Lab 公式ホームページ:http://tangible.media.mit.edu/person/hiroshi-ishii/
・TEDxSapporo 石井裕先生のスピーチ(日本語です):http://tedxsapporo.com/speakers/hiroshi-ishii/

CHIに参加する一方,プログラムの途中で休憩時間があったので,その間に周りにある観光地に少しだけ行ってきました.
基本的に,大きな寺院が多かったです!
IMG_0131

IMG_0040

IMG_0134

IMG_0137

また,お昼ごろのブレイクタイムや晩御飯の時間を利用して韓国料理を堪能してきました.安い!そして、、、おーいーしーーーい!!!
焼き肉を食べて至福の顔をした平部がこちらになります.
こんな美味しそうな顔、自分でも観たことありません.
IMG_6348

その他にも美味しいものがいっぱい有りました!楽しい〜
IMG_0164

IMG_0084

IMG_0085

IMG_0160

IMG_0161

IMG_0162

今回のCHI2015では,世界最大,そして最難関と呼ばれる国際会議の雰囲気や研究・発表レベルを知ることができて本当に良かったです.今後もCHIを目指して研究を頑張ります.
国際会議に興味のあるラボの皆さん,CHI,お勧めです!

ユビキタスコンピューティングシステム研究室(ユビ研)では,今回紹介したCHIに関連した研究を多く行っています.
もし,CHI2015(http://chi2015.acm.org/program/full-schedule/#focus)の研究で興味があるものがあったなら…
是非ユビ研にご連絡ください!いつでも見学にいらしてくださいね:)
ユビ研ではCHI以外にも,様々なハイレベルの国際会議や国内研究会に多くの研究成果を発表し,各々たくさんの賞を頂いています.またアプリコンテストへの参加もそれぞれが熱心に行っており,こちらも毎年最優秀賞受賞者が出ています.詳しくは,以下ホームページよりどうぞ!
ユビ研ホームページ:http://ubi-lab.naist.jp/

どうでしょう?だんだんユビ研に興味が湧いてきましたか?
ユビ研に興味がある見学希望の方は,5月に行われるオープンキャンパスに参加されるのもお勧めです.
NAISTオープンキャンパス紹介ページ:http://isw3.naist.jp/IS/PubWG/OpenCampus1505/index.html
ユビ研だけでなく様々な研究室を見学できて,とてもお得☆
このブログを見ていてnaistに少しでも興味のあるあなたに,お会いできる日を楽しみにしています!

平部

スプリングセミナー

遅くなりました.M2になりました平部です.
3/6-7に行われたスプリングセミナーに関してご報告します.

NAISTでは卒業式も終わり,もうすぐ入学式です.
ところでみなさん,そもそもNAISTの事を知っていますか?
====
・そもそも、NAISTってなに?というか、なにこれ、なんて読むの?
・名前、長っっっ!
====
と…様々なご意見があると思います.
NAISTとは,奈良先端科学技術大学院大学奈良先端科学技術大学院大学(NARA Institute of Science and Technology),ナイストと読みます.奈良県生駒市にある大学です.
情報研究科,バイオ研究科,物質研究科の3つの科が存在し,素晴らしい環境,そして教授陣が揃っています.学生層は日本全国の高専生,文系・理系大学生,外国人留学生,社会人経験者など様々で,各人が各々のバックグラウンドを活かして最先端の研究を行っています.

NAISTに,ちょっと興味が湧いてきませんか?
更なるNAISTの基本情報は,以下のURLを御覧ください.
・kur.jp: 大学生・高専生が知っておくべきNAISTのこと http://kur.jp/2009/04/04/naist/
・匿名はてなダイアリー: 早慶よりも狙い目!?NAISTボーイを彼氏にすべき理由 http://anond.hatelabo.jp/20140126135542

さて…もしここでNAISTに少し興味が出てこられたならば,次に気になるのは実際の大学の雰囲気ではないでしょうか?
新入生の皆さんや,NAISTの入学試験を考えている人は色々な疑問があると思います.例えば、、、
====
・NAISTに興味があるけど,どんな雰囲気なんだろう?
・気になるから色んな研究室見て回りたいけど,どんな研究室を回ろう…?
・研究室ページに色々書いてあるけど、実際どんなことしてるんだろう?
・文系出身なのだけど、、、ついていけるかな?
・奈良の先っちょで何やってんだろ?
====
そこでこれらの疑問を解決するためにも,皆さんには,研究室見学やNAIST独自のイベントに参加される事をオススメします.今回は,特にNAIST受験を考えている方に是非活かして欲しいNAISTイベント「スプリングセミナー」をご紹介します!
スプリングセミナーとは,1日所長ならぬ「1日NAIST学生」になるといったものです.参加される方は,NAISTの様々な研究室を見学したり,興味のある研究室に1日,2日滞在し,実際に使われている研究機材を使いながら研究室の先輩や先生の元で研修を受ける事ができます.スプリングセミナーは,研究室の雰囲気や研究内容を知ることができる非常に良いチャンスです!

では,ここでスプリングセミナーの様子を少しお届けします.
今回,我々ユビキタスコンピューティングシステム研究室では「スマートハウスでの快適な家電制御」「スマホのタッチ操作を分析してみよう」の研修テーマで参加者を募りました.結果,計4名が参加してくださいました.(皆さんありがとうございました.2日間お疲れ様でした!)
自身は後者のテーマ「スマホのタッチ操作を分析してみよう」のアシスタントとしてスプリングセミナーに参加しました.このテーマに参加してくれたのがこの2人.荒川くんと藤原くんです.
IMG_4131

自己紹介を終えて早々,二人共真剣に研修テーマの課題を作成していました.課題の作成も早くて予定していた内容をさらっとこなしちゃいました,とっても優秀です…すごい。ʕ·ᴥ· ʔ
IMG_4133
IMG_4134
二人とは,
====
・今どんな研究をしているのか
・どうしてこの研究テーマを選んだのか
・特に研究でやりたいことは何か
・受験する大学や研究室は決めてるか
・試験について(小論文・TOEIC・数学)
・いま彼女居るの?(ニヤリ。
・最近のマイブームは?アニメ?
====
等などと,研究や最近気になることについて,研修課題を皆でしつつ,休憩にお菓子やお茶をいただきつつ談笑しました.最終的に,すっかり仲良くなりました.(二人の女の子の好みや,恋愛事情などを知りました.笑)
IMG_4135 IMG_4137
IMG_4138

このように,色々な話を先輩としつつ実際に行われている研究の内容を体験できるスプリングセミナーはお得だと思いませんか?
もし,少しでも気になる方がいれば是非ご参加ください!また,研究室見学に来ていただければ,研究室の学生が常時対応いたします.
ちょうど4/1から,研究室を開放し,研究テーマや内容の紹介,更には研究室案内を行うオープンラボが開かれますので,どしどしお越しください!
====
-ユビキタスコンピューティングシステム研究室の場所:
〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5
情報科学研究科 A棟 4F
-ホームページ: http://ubi-lab.naist.jp
====
NAISTやユビキタスコンピューティングシステム研究室についてもっと知りたい,見学に来たい!と思った方,いつでも学生の方にご連絡ください.お待ちしております.

インタラクション2014

M1の平部です.

遅くなりましたが,2/27-3/1に行われたインタラクション2014(情報処理学会インタラクションシンポジウム)に参加しましたので,ご報告いたします.
インタラクション2014とは,人と人工物、および人工物を介した人と人とのインタラクションに関する研究全般を扱う研究会議です.詳しくは,メディアカレントコンテンツサイトに記載されている小野 憲史さんの記事を御覧ください.
http://mediag.jp/news/cat2/2014-3.html

ところで,皆さんは1人で研究会に参加したことは有りますか?
====
・いや,一人はちょっと…
・誰かと一緒じゃないと無理!絶対ムリ!!
====
など…,色々ご意見等あると思います.しかし,少ない在学期間に研究発表を重ねると1人で参加するという自体に出くわすかも知れません.
今回は,先生方のご都合がどうしてもつかず,インタラクション2014に突如一人で参加することになった不安いっぱいの平部が,初めての1人国内シンポジウムをどう過ごしたかについてご報告できればと思います.

まず初日…いつもどおり道に迷いながら,会場に到着!(本当に着いてよかった…涙)
インタラクション2014の会場は,日本科学未来館http://www.miraikan.jst.go.jp/(東京都江東区青海2-3-6)でした.
中に入ると,…大きな地球が浮いていました.まさしく…近未来っぽい!
IMG_4078

そして,ドキドキしながら会場へ移動.
しばらくして,ついに始まりました.インタラクション2014!
会場に人が多いなぁ…と思ったのもそのはず,16件のオーラル発表と,150件近いインタラクション発表(ポスターとデモ)が3日間に渡り行われるため,参加者が例年非常に多いということでした.
IMG_4084

午前中はオーラルセッション,午後はインタラクションセッションで構成されており,自身はインタラクションセッションに参加しました.
まず,午前中にオーラル発表が行われました.どれもこれも面白い発表ばかりで見入ってしまいました.とてもレベルが高い….
午後はインタラクション.まずは発表準備です.ポスターを張りつつ,発表練習してました.緊張です!!!
IMG_4085 IMG_4086

発表が始まると,無我夢中で発表していました.135分間しゃべり続けでしたが,色々な方が見に来て下さり様々なアドバイスや意見を頂きました.本当にありがとうございました.

さて初日が終わり…,終わった〜!というわけで,一人お疲れ様会をしました.ビールと生牡蠣が,すっっっごく美味しかったです.ほっと一安心.ビールの旨さを知りました.(普段ビールはあまり飲めませんが,瓶ビール飲みきっちゃいました!)
IMG_4088

IMG_4089

2,3日目は,純粋に聴講者としてオーラル発表,インタラクション発表に参加しました!インタラクションでは様々な研究発表が行われていました.また,2日目は,Women’s Luncheonという女性研究者のための懇親会が開かれ,こちらの方にも自身は参加しました.そこでお知り合いになった女性研究者,学生の方々とお互いの研究に対する考えや意見,キャリアパス等に関してお話でき,刺激ある時間を過ごすことができました.この時にお知り合いになった方と午後のインタラクションセッションを周ることもでき,女性の知り合いができてものすごく嬉しかったです!

ここで,実際にインタラクション2014でどのような発表が行われていたのか疑問に思われるのではないでしょうか.そこで今回は,こんな一例を紹介させていただきたいと思います.
こちらの研究は,ユーザが装着している心拍計から得た心拍数をiPhoneアプリを経由して,自転車のタイヤにLED表示させる,と言ったものです.オリンピック競技などで使えたら面白そうだと思いました.他にも色んな面白い研究発表があったのですが,楽しすぎて写真を撮り忘れていました.

IMG_4092

3日目に至っては,楽しみすぎて写真さえ撮ってませんでした.(すみませんでした….

私の初1人研究会は,以上のような感じで終わりました.
刺激ある多くの研究発表を聴き,かつ体験することができました.
また,普通の研究会では中々ない女性研究者・女学生懇談会に参加したことで,女性研究者や学生ともじっくりお話や相談ができ,大変貴重な時間を過ごすことができました.
研究発表を楽しみすぎて写真を撮り忘れる大失態をしてしまいましたが,もし参加できるならまた参加したいと思えるくらい,1人でしたが楽しい時間を過ごすことができました!

ユビキタスコンピューティングシステム研究室に興味がある方,やりたい研究テーマがある!という方,積極的に研究に対して,たくさんの意見やアドバイス,そして人との繋がりができる学会発表に参加してみてはいかがでしょうか?
ユビキタスコンピューティングシステム研究室に興味のある方は,いつでもご連絡ください.お待ちしています.

ICMU2014

M1の平部です.

遅くなりましたが,1ヶ月ほど前に行われた国際会議ICMU2014に関して書いていきます.
1/6−1/8にシンガポールで行われたICMU2014に安本先生,荒川先生,Jovさん(naist伊藤研でフィリピンのご出身です),そして平部のメンバーで参加してきました.

ところで,国際会議と聞くと皆さんどんな印象を持たれますか?
・すごそう
・むずかしそう
・質疑応答が大変そう…全部英語,だよね?…どうしてるの?
・海外!(観光…?!)
など,色んな印象をもたれると思います.
確かにどの印象もその通りで,私自身もそんな印象を持っていました.
課題としては…何にしても,「英語」これに尽きると思います.
今回は,そんな印象を持って国際会議に向かった平部がこの課題をどう乗り越えたのか?(実際に乗り越えられたかはさておき…)についてご報告できればと思います.

まず発表前日に,荒川先生と自身でシンガポール入りしました.…ホテルに着いてからしばらく時間ができ,発表前の緊張もほぐさないと!というわけで観光へ繰り出しました.
シンガポールはすごく暑いので,半袖に着替えていざ出発.
それはそうと…シンガポールといえば,みなさんは何を思いつきますか?
我々は,喉が渇いたのでまずこれを.
写真 2014-01-05 12 21 02

シンガポールスリングです.シンガポール生まれのカクテルで,フルーティかつ爽やかな甘味で飲みやすい.何っっ杯でもいけちゃいます.このシンガポールスリングを飲んだ場所が,マリーナ・ベイ・サンズ.ソフト◯ンクのCMでSM◯Pが出演していることで有名だそうです.シンガポールスリングを飲みつつマリーナ・ベイ・サンズから眺めた景色が上の写真になります.
いや〜,遠くの船が良い風情を出していて風も気持ちよかったです.

次にやはりこれは外せません.シンガポールといえば,これ.
IMG_3706
お決まりのやつやりました.マーライオン!意外と小さかったです.ちなみに左奥に見えるのが先ほどのマリーナ・ベイ・サンズです.この写真はちょうど,発表練習をしているところですね.(誰がなんと言おうと,これは発表練習です‥.)
この他にも,近未来的植物園にも行きました.…これぞまさしく近未来.写真好きには絶好のロケーションでは無いでしょうか.
IMG_3556

IMG_3581

 

ひと通り観光が住んだ後,安本先生やICMU2014に参加される他先生方,学生達と合流し,安くて美味しいと評判のカニを食べに行くことに!
2014-01-05 20.38.30 IMG_3741
荒川先生の食べっぷりがワイルド!カニもすごく美味しくて,とても充実した1日でした.

そして,発表当日.自分の順番が刻一刻と近づいてきます….
まずは,荒川先生の発表です.
2014-01-06 16.51.23
非常に分かりやすいスライド構成と,理解しやすくかつ聞き取りやすい英語で,会場の皆さん聞き入っていました.が,しかし,その後ろで次に発表するわたしは…というと.緊張で吐きそうでした.そう,まさにこんな感じです.
ma-lion
いやー,緊張してますねー.吐いてますねー.すごい緊張度合いです.あんなに発表練習したのに…(涙
荒川先生の発表が終わり,もうこうなったらやるしか無い!そんな覚悟で,発表しているわたしがそこに居ました.
2014-01-06 16.52.57

その後,研究の詳細をポスターを使ってフリートークで発表しました.
2014-01-06 17.41.00 2014-01-06 17.50.53
たどたどしい英語でしたが,安本先生が適宜受け答えで助けて下さり,なんとか発表を終えることができました!

また,次の日は荒川先生のパネルディスカッションと伊藤研のJovさん(安本先生がアドバイザーでいらっしゃいます)の発表がありました.全部英語なのですが,自身の未熟なリスニング能力でも理解できるスライド内容とプレゼンで,Jovさんには後で質問することができました.(ほとんどジェスチャーや単語を連ねて質問しましたが,質問内容を分かってもらえました.)
2014-01-07 13.42.18 2014-01-07 16.13.47
また,他にも今回ICMU2014に参加していた日本人学生や研究者方々,そして外国の方々とも個人的に連絡先を交換するまでに仲良くなることができました.
(英語はほとんど話せてませんでしたが,ジェスチャーとノリでカバー(できたと信じています…).)

こんなかんじで,私の初めての国際会議は終わりました.
結論…先生方や周りの皆さん,そしてなんとか伝えたいという気持ちでどうにか乗り越えられた気がします.先生方やラボの皆さんに改めて感謝の意を述べさせて頂きます.

もしユビキタスコンピューティングシステム研究室に所属したい,自分が考えるこんな研究がしたい,学会発表したい!と思われている方.国際会議もぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか?海外に行くという経験,研究に対する多くの意見,そして様々な国出身の友人ができ(かつ観光ができ)る国際会議に魅力を感じませんか?
ユビキタスコンピューティングシステム研究室に興味のある方は,近々行われるスプリングセミナーにご参加ください.どしどしお待ちしています.
http://isw3.naist.jp/IS/PubWG/Spring2014/

P.S.
ちなみに,今回のICMU2014で自身の発表が「Best Poster Award」(=1/19)として選出されました.(やった〜!\(^o^)/)このように,発表会では表彰のチャンスも有りです.あなたのチャレンジをお待ちしております.
1524766_717597991586323_734105727_n-225x300
IMG_3892

7月です

M1の平部です.
今週のユビ研の日常を紹介していきます.

7月に入りました.
まだ梅雨(らしい?)ですが,すでにもう夏だと思っていいんじゃないかというくらい暑い日が続いています.
ふと学食の片隅を見ると,おっと短冊だらけの竹が…!
そうか、七夕だ!月日って早い、入学してから3ヶ月たったのかと感慨に浸っていました.(今日は七夕です…ちなみに鹿児島では七夕は8月にあるとされています.)

IMG_1069

さて,今週のユビ研はどうだったのか.
思いつくままに撮った写真達を集めてみました.結果はこちらです.

週明けのある夜…
突然,深刻そうな顔で佇むラボの面々…
IMG_1058

何か話しているようです.どうしたんですか〜と聞くと,「飯。どこ行こうかなって。」
飯だなんて,あらヤダ,男らしい.飯に旅立つ男たちがこちらになります.
IMG_1060
笑顔が素敵です.

時を同じく,別室ではこんな光景が.
おっとこれは何でしょう.
IMG_1049
誕生日おめでとう!だれだ,誰だ?!

IMG_1050
ピグ田こと永田くんの誕生日をお祝いに,インターネット工学研究室のいずみかわくんが来ていたようです.永田くんとても嬉しそうですね.
このように,ユビ研は他研究室とも交流が盛んです.

それからしばらくして…
おや,あっちでなんだか楽しげな声とカコン,カコンという音が.
音に誘われて行ってみると…そこには.
IMG_1072

ついこの前,ユビ研の日常で紹介されていた卓球台が…!
自分は参加できなかったのですが,次こそは…!

打って変わって,今度はお昼時のユビ研の様子です.

ごそごそと集まって何をやっているんだろう…と思いきや.
第1回:「お弁当Share」が行われていました.(というか参加しました)
IMG_1074
炊き込みご飯,卵焼き,ハンバーグ,うどん,タイカレー等など.それぞれShareしたご飯がおいしい!(うどんは暖めたから誰がなんと言おうと手作りです!)
またやりましょう!

こちらは週末のユビ研の様子です.
ラボの片隅から…んー?いい匂いがするぞ.なんだなんだ?
IMG_1078

IMG_1080
ピザだ〜!ピザにはコーラですよね,うん.
しかし…ピザは思った以上の,ボリュームでした.(食べきれませんでした)笑

というわけで,今週もいつも通りにユビ研では様々なイベントが有りました.
(うんグルメブログですね.とか言わないで!)

もうすぐ梅雨も空けて暑い夏が始まります.
健康管理に気をつけて,食べて食べてそして飲んで,夏をみんなで乗り切りましょうね!