荒川准教授が UCLA へ! 学生も続々留学予定!

D2松田です。

NAIST周辺は連日猛暑ですが、
Pokemon GO の伝説ポケモン解禁に伴い、
学生・教員は続々と行動変容されています。

荒川先生がアメリカへ!

さて、先週半ばに荒川准教授がUCLAへと出発しました。
これから 1年間の研究滞在です。

16時間の時差をこれから乗り越えていかないといけません。
研究室には世界時計が出現しました。

さらに、2つの「リモート荒川先生」が出現しました。

リモート荒川先生1号「Double」

倒立振子のテレプレゼンスシステムですね。
意外とパワフルで全然コケません。スゲー。

リモート荒川先生2号「自作会議システム」

Skype + Youtube Live + ウェブカメ2台で構成されております。
世界中どこからでもミーティングに参加できます。スゲー。

 

学生たちも続々海外へ!

荒川先生だけではない!
学生たちも続々と海外へと行きます!

  • D2 松田: ドイツ・ウルム大学(1年)
  • D1 中村:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + マンハイム大学(2ヶ月)
  • M2 高橋:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + ウルム大学(2ヶ月)
  • M1 永野:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + ウルム大学(2ヶ月)

海外の研究者とのコラボの機会を頂けるのは、
非常に貴重な体験なので、ぜひそれぞれ何かをゲットしたいですね

 

荒川先生や彼らの海外レポートを楽しみにしていてくださいね\(^o^)/

DICOMO2017 に参加しました!

夏も間近に迫り、連日暑い日が続く中、
とうとうクーラーに手を出した D2 マツダです。

マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム
6月28〜30日に北海道の定山渓温泉で開催され、ユビ研から学生5名が参加しました。
(登壇発表 4件、ナイトテクニカルセッション 1件 → http://ubi-lab.naist.jp/?p=2672

今年は北海道開催の学会が多いですね!
ITS研究会、WSSIT、DPSWS…。などなど。多い。

 

■ DICOMOメインセッション

DICOMOは、情報処理学会の10研究会から 500名 もの参加者が集まる非常に大きな会議です。3日間の会期で朝から夕方まで 8つの平行セッションで行われます(発表総数は約270件!)。

発表の様子はこんなかんじ ↓ です。

夜は2日目に発表を控えた雨森くんがプレゼンの直しをしたり、
ナイトテクニカルセッションのプレゼン資料を徹夜で作ったりと、
超盛りだくさんのスケジュールでした\(^o^)/

ときにはカフェで…

ときには、足湯に浸かりつつ…

 

■ DICOMO名物「無限御膳」

夕食は壮観です。
とにかく、ずらーーーーーーーーっと御膳が並びます。500セット。
毎年恒例の景色で、無限御膳と呼ばれているらしいです。
北海道の美味しい料理をいただきました!!

 

■ もうひとつの DICOMO名物「ナイトテクニカルセッション」

DICOMOのもう一つの名物があります。
それが、2日目の夜に開催される「ナイトテクニカルセッション」です。
本セッションとは別に開催されるため、並行セッションがない、
つまりほぼすべての参加者が集まる( = 実は一番多くの人に見られる)セッションです。

内容としては、本セッションとは異なり、
研究室や大学の取り組みを「楽しく」かつ「わかりやすく」伝える場となっています。

昨年、ユビ研は「センサ vs 人間」と題して、
赤外線人感センサとバトルし、大好評だったのですが惜しくも第2位でした。

今年は1位を取るべく、「人工知能 vs 人間」と題し、
昨今話題の Deep Learning とバトルしました。

発表の様子はこんな感じです ↓

気になる結果は…
なんと、第1位!!!!!
念願の優勝を勝ち取りました!!!!

 

■ 本セッションでも受賞

ナイトテクニカルセッションでは優勝!!
とは言え、メインは本セッションです。

もちろんこちらでも受賞しております。

  • 最優秀プレゼンテーション賞(D2 松田)
    … とっても良いプレゼンをしたで賞
  • 優秀プレゼンテーション賞(M2 雨森)
    … 良いプレゼンをしたで賞
  • ベストカンバーサント賞(諏訪先生)
    … たくさん良い質問をしたで賞

受賞の詳細は →こちら← を御覧ください。

 

■ 安本先生も受賞

安本先生も 「活動功労賞」という、DICOMOシンポジウムの運営を通じて学術交流の活性化へ貢献した方に贈られる賞を受賞しました!

 

 

最後に…
ジンギスカン美味しい!

M2 河中くんが CodeIQ Magazine にて紹介されました

D2 松田です。

「テクノロジーと作る私達のちょっと未来の話 – 市民、政府、企業、3つの視点から -」というテーマで開催された、CivicTechForum 2017 で M2 河中くんが登壇発表した内容について、CodeIQ Magazine で紹介されました。

 

記事はこちら!

 

発表内容は、4919 for IKOMA という、給食のアレルゲンを把握し給食事故を未然に防ぐためのiOSアプリケーションについて。
現在では、生駒市情報政策課と連携しており、更なる開発・リリースや、オープンデータ整備にむけて議論を重ねています!

4919 for IKOMA のアプリダウンロードはこちら
注意: 現在は生駒市と協力しつつデータ整備中につき、給食アレルゲン情報については公開していません。

顔写真付きでガッツリとりあげてもらってます!トゥース!

↑ CodeIQ Magazine 記事より引用

ぜひ御覧ください。

 

記事はこちら!

 

(ちなみに)
ユビ研で開発しているParmoSenseも最後にちょろっと載せてもらってます(ㆁωㆁ*)

 

—————————————

CivicTechForum 2017 のイベント情報は以下からどうぞ!

CivicTechForum 2017

オープンキャンパス、今日です!

D2 松田です。
本日5/13(土)は、受験生のためのNAISTオープンキャンパスです!
NAISTやユビ研を受験希望の学生さんは絶対に来てくださいね★

今日は、あいにくの天気ですが、
ポスターやデモによる研究紹介、学生室見学など、
ユビ研について沢山知ってもらうために準備してお待ちしております!


ユビ研のデモ会場、A棟 407号室です


新作パンフレットも刷り上がっております(`・ω・´)ゞ


このポスターが目印!


TechUP Makers グランプリ獲得デバイス!
杖型デバイスです。


ユビ研ではおなじみ、SenStick


家具家さんとのコラボ研究も展示してます


こちらもおなじみ、WAISTON Belt の最新版!
今回はデモもやりますよ〜

 

みなさま、足元が悪いので気をつけてお越しください!

GWのゆびけん

D2の松田です。
JSPSの若手研究者海外挑戦プログラム申請書と、DICOMO2017投稿原稿にGWを丸々捧げる予定ですが、皆さまはGWをいかがお過ごしでしょうか?

今年のGWは、この3月に卒業した旧M2の人たちが遊びにきてくれてます!

□ 5/2(火)

「初代ユビ研工房の主」荒川くんと、実はNAISTの近くに今も在住の中川さんが来NAIST。
平日なのに!世間的には9連休だそうです。うらやましい!

荒川くんからは、50本の愛情とCDを頂きました。
ニーズを分かっている! チオビタおいしい。

□ 5/3(水)

「スマハの王」守谷くんと、「ユビ研のオカン」金平くん、昨日に引き続き中川さんが来NAIST。
府大高専OB組が揃いました。

守谷くんはスマハのシステムであるところの Cats システムが死んでいるということで、召喚された模様。卒業後もご苦労様です。
金平は暇すぎたのか、1人でゲームして遊んでました:D

金平からの差し入れ。フィナンシェおいしい。

□ 5/4(木)

唐突に朝「今日NAIST行くわ」と襲来したのは、秦くん。
GW中にやらないといけない会社の宿題があるらしく、社会人になっても学ぶことはまだまだあるようです。


秦からの差し入れ。東京っぽいおしゃれなやつ。ワッフルおいしい。

みんなが戻ってきたくなる。
ユビ研のアットホームな空気を感じたGWでした。
(まだ、GW半ばですけどね)

 

原稿、書こうな。自分。

 

興味のある受験生のあなた!
NAIST オープンキャンパスが
5月13日(土) に開催されます。

見学や説明希望は気軽に連絡してください!

オープンキャンパスの詳細は↓
NAIST オープンキャンパス 2017

 

受験生の皆様のお越しをお待ちしております!

博士後期課程進学者が増加中! 平成30年度 博士後期課程学内選考 2名合格

D2 になりました、松田です。

4月14日、平成30年度の博士後期課程学内選考の合格発表があり、ユビ研から 2名 合格者が出ました!

■ ユビ研の後期課程学生、増加中!

6年目がスタートしたNAISTユビ研ですが、
ココ数年、後期課程(博士課程)学生が増えてきています!

現在、後期課程在学の学生は、今年度 6名 (留学生2名、日本人4名)となっており、
日本人博士課程学生数は過去最多になりました!

更に来年度、今回合格した学生 2 名(+ 夏に受験する学生 1 名) + 留学生が加わって、ユビ研の研究が、今後より加速しそうです。


▲ 現在の博士後期課程学生!

■ “学振DC1”を2年連続獲得

日本人博士課程学生が増えていますが、ちゃんと活躍もしています。
H28入学の松田と、H29入学の中村は、「研究者の卵たちの登竜門」とも呼ばれる、日本学術振興会(学振)特別研究員 DC1 に採用されています。
※同一研究室として、2年連続採用はNAIST内でもなかなかありません。

「特別研究員」制度は優れた若手研究者に、その研究生活の初期において、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与えることにより、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者の養成・確保に資することを目的として、大学院博士課程在学者及び大学院博士課程修了者等で、優れた研究能力を有し、大学その他の研究機関で研究に専念することを希望する者を「特別研究員」に採用し、研究奨励金を支給する制度です。– 日本学術振興会 より引用

この学振DC1、採用率が 20% 程度と狭き門、なのですが、学部での業績を継続しにくい大学院大学(NAISTやJAISTなど)では、採用を狙うのが更に難しい傾向にあります。

そんな中でも採用者が出ているのは、やる気のある(= 研究はもちろんのこと、課外活動にも積極的に参加できる)学生を全力で応援する、ユビ研ならではのスタイルがあるからなのです。

そんな勢いのある学生達はユビ研には多く在籍しています。
学生だけでなく、学生時代に学振を獲得した先生や、未踏を獲得した先生など、教員陣もパワフルです。

 

興味のある受験生のあなた!
NAIST オープンキャンパスが
 5月13日(土) に開催されます。

見学や説明希望は気軽に連絡してください!

オープンキャンパスの詳細は↓
NAIST オープンキャンパス 2017

 

受験生の皆様のお越しをお待ちしております!

NHK総合(全国放送)にて、WAISTON Belt と SenStick が紹介されます!

あけましておめでとうございます!
D1の松田です。

1/9(月・祝)午前10時05分より放送の「NHK総合: ニッポン人のギモン」にて、WAISTON Belt と SenStick が紹介されます。

WAISTON Belt : http://waiston.ch/
SenStick : http://senstick.com/

全国放送ですよ!!
皆さん、ぜひご覧ください(`・ω・´)ゞ
ユビ研からは、D1 松田と、M2 中村 が出演します!

IMG_20161216_153302IMG_20161216_101407

番組概要

  • 日 時: 2017年 1月 9日 (月・祝) 午前 10:05 ~ 10:50
  • 放送局: NHK総合(全国)
  • 番組名: ニッポン人のギモン
  • タイトル: 「IoTってなに?」

番組詳細

ニュースを見てもよくわからない…でも今さら恥ずかしくて誰にも聞けない…そもそも何がわからないのかすらわからない…。こんな気持ちを抱える視聴者のモヤモヤを、解説委員がスッキリ解決します。解説バラエティ番組、「ニッポン人のギモン」。 – NHK解説員室より

今回のテーマ

今回のテーマは、「IoT=モノのインターネット」。あらゆるモノがネットにつながることで、私たちの暮らしは、どう変わろうとしているのか?皆さんのギモンに答えます!
今回のテーマは、いま急速に進む「IoT=モノのインターネット」。パソコンや携帯電話だけでなく、あらゆるモノがネットにつながり、私たちの暮らしや社会を大きく変えようとしている。第4次産業革命を起こすとまでいわれる「IoT」は、どこまで広がろうとしているのか―?そして、その課題は―?SF小説や映画の世界が、いよいよ現実のものになろうとするいま、皆さんのギモンに、NHK解説委員が納得するまで解説します!

【出演】中田敦彦,藤森慎吾,天野ひろゆき,峯岸みなみ,前田旺志郎,NHK解説委員長…西川吉郎,NHK解説委員…今井純子,土屋敏之,中谷日出,【語り】沢城みゆき – NHK番組放送予定より

DFKI 石丸さんに講演していただきました!

D1 松田です。

UBICOMP/ISWC 2016 および ICMU 2016に参加した際に、2週間滞在させていただいた、ドイツ人工知能研究センター(DFKI:Deutsche Forschungszentrum für Künstliche Intelligenz)研究員の 石丸翔也 さんがユビ研に遊びにきてくれました!

石丸さんは博士後期課程の学生でありつつも、DFKIの研究員としても働いています。今回は彼の研究やドイツでの生活、IPA未踏に参加したときのネタなどについて講演をしていただき、ユビ研やISの学生たちとディスカッションを行いました。

30分の講演に対し、50分を超えるほどの質問・ディスカッションがありました。それほど学生にとって刺激的・魅力的な研究、そしてライフスタイルであったのだろうと思います。

IMG_2491

 

↓ 講演後も、デモをしてもらったり、学生自身が自分自身の研究を紹介したりと、とても盛り上がりました。

IMG_2493

 

また、スマートハウスも見学していただきました。
ユビ研のマスコットキャラクター「Ubii」が好評でした(*´∀`)

IMG_2498

 

お忙しい中、NAISTで講演をしていただきありがとうございました!
ぜひまたお越しくださいね(`・ω・´)ゞ

観光キュレーション実験 @京都

観光の仕方、って色々ありますよね

  • みっちり行く場所・タイムスケジュールを決めて
  • 絶対に行きたいところだけ決めておく
  • 全く考えずに行き当たりばったりで  … などなど

ちなみに僕は行き当たりばったり派です。

でも、初めて行く場所では時間の配分とか各観光スポットでの滞在時間、交通状況など、わからないことが沢山ありますよね。
早く着きすぎて暇な時間が出来てしまったり、逆に時間が足らずに電車にのるため慌ててダッシュ…なんてことも。

そんな観光客が快適に観光ができるように、参加型センシングと組み合わせて、情報を提供する研究を M1 日高くんが中心となり行っています。

今回は、京都を舞台に観光キュレーション実験を行いましたのでそのレポートをお届けします!

■ 事前調査(11/18)

キュレーションをするためには、情報が必要!ということで、M1 日高・河中とD1松田が事前調査に行きました。

京都はレンタサイクルが非常に多く、観光におすすめ!
ということで、初めてレンタル! 一日で1000円/台と意外と安く借りれました。

14:00〜19:00 の間、祇園四条駅〜清水寺のエリアを自転車&徒歩で、ひたすらに ParmoSense を用いて写真の情報収集を行いました。

S__10633247

S__10633246

 

終わる頃には、460枚程度の写真情報を収集できましたが、
3人ともぐったりで、日高くんもこんな顔に。
(それぞれ 15km ぐらいは移動したと思います)
S__10633230 スクリーンショット 2016-11-23 19.10.12

■ 本実験(11/22)

この事前調査をもとに、観光推薦を行う実験を行いました!
被験者14名に、アプリを通して観光情報を取得し観光してもらいます。

13:00より、スタート!

IMG_1726

 

それぞれ、観光アプリを使って色々なルートで観光してもらい、最後にアンケート。
アプリや推薦に関する改善点を発見することができました!

IMG_1744

現在は、手動キュレーションですが、今回の結果やこれから行う実験を通して、システム化してくれることでしょう!

頑張れ日高!

CICPプロジェクト活動(秋のNAISTオープンキャンパス編・チームCedric)

秋も深まり、寒さが徐々に厳しくなりつつありますね〜。
D1の松田です。

奈良先端大には、CICP(Creative and International Competitiveness Project)という、学生が研究アイデアを出し、学校がそれを支援する、いわば学生版競争的資金の制度があります。

本年度は、本研究室から2件の採択があり、内1つが M2 Cedric Konan 率いる、「ゲーミフィケーション・行動変容」に関する研究です。このチームでは、ある場所にいる人にスマートフォンや様々なデバイスから働きかけることで「行動を起こす」ことを促す、行動変容を題材にしています。

秋のオープンキャンパスでは、NAIST事務が従来よりスタンプラリーを開催していることから、このイベントに本プロジェクトも参加させていただきました!

■ スマホ de スタンプラリー

当研究室では、ParmoSense というユーザ参加型センシングアプリを開発しており、今回はそのプラットフォーム上で動作するスタンプラリーアプリを実施しました。

その名もド直球に「スマホ de スタンプラリー」です(*´∀`)

leaflet

ルールは簡単で、

  1. スタンプラリーの要領でチェックポイントを周り、
  2. スタンプを押す代わりにチェックポイントの写真を撮影する!

というものです。
全てのチェックポイントをクリアしたら、アプリから秘密のコードが発行され、ガチャガチャを回すことが出来る、という追加報酬を与えることでどのくらいのユーザが参加してくれるのかを実験します。

IMG_1077

Screenshot_20161123-180231 Screenshot_20161123-180248

各チェックポイントには iBeacon が設置されており、撮影するにはチェックポイントに近づいてもらう、という条件をつけてみました。

また、チェックポイントは紙のスタンプラリーと同様の場所にあるのですが、全てをクリアした後に、「エクストラミッション」として、第7のチェックポイント(スマートハウス)に行くというタスクを加えました。

IMG_1142

■ 実験はトラブルがつきもの…

今回の実験では iOS でのアプリ配信も予定していましたが、まさかの Apple Store からのリジェクトを食らい、残念ながら配信できませんでした…。日本では、iPhone ユーザのほうが圧倒的に多いため、参加できない子どもたちが多くてとても残念でした…(。ŏ﹏ŏ)

その他にも、スタート時にデータベースを初期化(テストデータの削除)した時にマーカが表示されないなどのバグが出てきたり、iBeaconのスキャンがうまく出来ない端末が現れたりと。。。
実際のユーザに触ってもらうのは難しいですね〜。

2月にもオープンキャンパス(CICP最終発表)もあるので、そこでリベンジしたいと思います!

IMG_1298