WikimoneaというiOSアプリをリリースしました!

連投失礼します!M1の曽根田です!

溜まりに溜まった記事投稿ということで,先日配信したWikimoneaというクイズアプリの紹介をさせていただきます.

新感覚クイズアプリWikimonea

そもそも,このアプリを開発したきっかけは6月に開催されました研究室内アプリコンテストであるM1グランプリです.詳しくは大坪の書いた記事をご参照ください.

M-1グランプリが開催されました

iOSでの開発は大学の時にボチボチやってたぐらいだったのですが,しっかり開発して一本のオリジナルアプリを開発したのはこれが最初でした!

デザインも含めめっちゃ勉強になりました!


アプリの説明

今回作ったアプリは「Wikimonea」というWikipediaを利用したクイズアプリケーションです.

Wikipediaの記事を取得し,正規表現などを用いてパースして問題文っぽい1文を生成してクイズを毎回新規に作り出すというものになっています.

たまに自分でも使ってみますが,意外とやってみると飽きないです笑

遊んでいただけるとすごく嬉しいです!!!

細か〜いアプリの仕様につきましてはqiitaの方に記事を作成していますのでよければこちらをご覧ください.

[Wikimonea]アプリの宣伝と開発を助けてくれた最高のライブラリの紹介[iOS]

いざリリースすると,まだまだアプリとして使いにくいところが見えたり,デザインもダメだったり急にユーザー目線でアプリを見てしまいますね笑

もしかしたらランキング機能がつくかも...?

今後もどんどんブラッシュアップしていきたいと思います!

こんな感じで,スキルアップの意味を込めてアプリケーションの開発なども積極的に研究室としてゼミやイベントを行っています.

少しでも興味が湧いた方はいつでも見学会などを利用して是非ユビ研にお越しください!!

LINEハッカソン@NAISTを開催しました

お世話になっています!M1の曽根田悠介です!

本来であれば情報処理学会関西支部が行われる予定でしたが,台風接近に伴い中止になってしまったので溜まりに溜まったブログを書くことにしました!!

この度9/15,16の二日間にかけて,なんとLINE株式会社さんと共同でNAISTでハッカソンを行いました!!

今や日本人でスマートフォンを利用している人はほぼLINEのアプリケーションをインストールしているかと思います.

そんなLINEさんがClovaというスマートスピーカーや提供しているAPIを用いたハッカソンを日本各地で行なっている最中です.

LINE Boot Awardに向けて開発をし,2日間で様々な人がアプリケーションを開発しました.

しかも,このLINE Boot Awardの優勝賞金は...1000万円!!!

こんな巨額の額を賞金にするなんてさすがLINEさん!太っ腹すぎる!

他にも部門賞であったり様々な賞を含むと賞金だけで1500万円ぐらいになります笑

えげつなさすぎる...

(もうなんでもいいからお金欲しい)

今回のハッカソンは,全体で運営を含めると25名,NAIST生だけではなく社会人の方から他大学の方,高専からも参加していただきました.

こんな田舎にある大学院まで来てもらえるなんて嬉しいです涙

高専から来てもらった学生さんはNAISTへの進学も考えているとのことでした!

2日間で開催されたハッカソンでしたが,1日目はチーミングやアイデアソンでどんなものを作るか練り上げました.そして開発開発!!!2日目もとにかく開発!!

途中でスマートハウス見学も行なったりとユビ研の宣伝もさせてもらいました.

ほとんどの人がLINE ClovaAPIを触った人ばかりだったので,なかなか難しかったと思います.

僕も運営しながら開発していましたが,なかなか難しかったです笑

個人的にはいろんな言語に対応していたので,少しプログラミングを勉強している人でしたらすぐになれると思います.

今回は全部で6チームになりました.それぞれのチームでいろんなバックグラウンドが反映していて面白いです!

そして結果発表!!

優勝は...家族のコミュニケーションを促すClovaのスキルです!!おめでとうございます!

その優勝賞品はなんと,人数分のClova!!!いいなー羨ましいなー

と思っていたら,なんとユビ研にも2Clovaをいただきました!!可愛い!スマートハウスもあるので,連携させたりとどんどん開発したいですね!

NAISTは本当にこのようなイベントをとても行いやすいです!

今回は,施設の管理をしてくださっている皆様,Wi-Fiの管理をしてくださったITCの皆様ありがとうございました!

研究ももちろんですが,このようなイベントにも興味ある方は是非ユビ研にお越しください!!

今後もLINEさんとは何か協力して色々とやっていきたいと考えています!

CivicTechForum2018にユビ研から2名登壇しました!

初めまして!今回のブログはM1の曽根田悠介が担当させていただきます!

2018年6月2日(土)に行われましたCivicTechForumにユビ研から2名登壇させていただきました.

その際の様子についてブログを書かせていただきます.

CivicTechForumとは?

まずはCivicTechForumについての説明をさせていただこうと思います.

Civic Techとは,テクノロジーを使用して身近な問題であったり,社会課題を解決しようという取り組みのことをさします.

Code for Japanさんはまさしくその分野に当てはまります.

Civic Tech Forumは,各地方でCivic Techの分野で活動している方が一堂に会するイベントになっています.大学生から行政の方など本当に幅広い方が集まります!

ユビキタス研究室もSmartCityの研究を行っていたりと,Civic Tech関係の情報にもとても敏感です!

詳しくは下のURLからご参考ください!

Civic Tech Forum2018

Code for Japan

登壇した内容について

今回はこのCivic Tech Forum2018に当研究室から自分を含め2名が登壇しました!

D1の河中先輩は,自身が作られている食育アプリの4919(これでしょくいくと読みます!)の横展開という内容で登壇しました!

給食のアレルゲンをチェックできるアプリケーションで,お子さんをお持ちのお母さんにはとても嬉しいアプリです!オープンデータを用いたハッカソンから完成したアプリで,現在では全国の自治体からとても注目されています!

 

登壇の際の資料は下のリンクから見ることができます!是非お読みください!

http://2018.civictechforum.jp/data/ctf2018/org/speakers.php?mode=movie&id=35

M1の自分(曽根田悠介)は,大学時代に東北大学に在学した経験もあり,ローカルとローカルが繋がる可能性という内容で登壇させていただきました.できればハッカソンなども開催できればと思い計画を立てています!

同じく登壇に際しての詳細が掲載されているURLを下に載せさせていただきました!

http://2018.civictechforum.jp/data/ctf2018/org/speakers.php?mode=movie&id=51

入学してまだ二ヶ月しか経っていない状況で,かつ初めてのCIvicTechForumにも関わらず登壇ということでとても緊張しましたが,様々な方とお話できてとてもいい機会になりました!

Code for Ikomaの代表である佐藤さんからの提案をしていただき,登壇させていただきました!行政や市民団体との近さはまさしくユビ研らしいですね!!

登壇者は52名,参加者は約250名という本当に大きな規模のイベントになりました!このような機会に登壇をさせていただいたことを本当に光栄に思います!運営の皆様本当にありがとうございます!

この6月は本当に色々あったので,これからM1からブログ連投になるかと思います!

お楽しみにお待ちいただければと思います!!!

おまけ

本当に濃い1日でしたので,まだまだお伝えしきれていないことが盛りだくさんです!

まず,今回のCivicTechForumの会場ですが,なんとGoogleJapan様で開催されました!六本木にある森ビルにあるオフィスでとてもおしゃれな会場でした!お菓子を持ったドロイド君が迎えてくれました!(写真のバグで横向きになっています汗)

懇親会も行われとても盛大な会になりました!

様々な方とお話でき,とても素敵な時間を過ごすことができました!

料理も豪華で最高でした!!!

はぁーなんという贅沢な1日...

これで終わり...と思いきや実はまだあるんです(@_@)!

実は,CivicTechForumの前日である6月1日(金)にYahooJapan様にお邪魔させていただきました!

先日お会いさせていただきましたYahooJapanの澤田様のご招待でYahoo LODGEの紹介をしていただきました.

無料で使えるにも関わらずとても素敵なコワーキングスペースでした!

4919が「Linked Open DataチャレンジJapan 2017」の際にYahoo賞を贈呈してくださいました,yahoo研究所の伊藤様にもお会いすることができました!

縁が縁を呼ぶとはまさにこのことですね笑

と,とても充実した2日間を送らさせていただきました.振り返るとだいぶ長くなってしまいました汗

まだ研究室配属されてから一ヶ月半と短いですが,とても充実した毎日を送らさせていただき感謝感謝です!

お読みいただきありがとうございました!

P.S. 受験生の皆さんへ

もうすぐ入試ですね!

不安も大きいと思いますが,NAISTは本当に環境も整っていて,チャンスがゴロゴロとしています!試験まで残り数日ですが最後まで頑張ってください!

不安なことがあれば気軽にメールしてくれれば対応します!頑張れーーー!