インターンシップ最終日

インターンシップ生の藤原です.

20日間あったインターンシップも,今日で最終日となりました.

このインターンシップでは,心拍計の製作や,ロギング,ラベリング,分析など,様々なことをさせていただきました.

インターンシップでは,まず心拍計の製作をしました.

DSC_0268
これが製作した心拍計です(実際には,この写真を取った後にいくつか回路を変更しています).
体が発した微弱信号をアンプで増幅し,心拍に応じてLEDがチカチカ光ります.
この写真にはありませんが,心拍計にはBluetooth付のmbedが搭載されており,心拍数がBluetoothで送信される仕組みとなっています.
mbedの部分を柏本先輩が,アンプ部分を私が,分担して製作しました.

この心拍計を使って心拍数を計ってみると,なにやらノイズだらけの信号が出力されていました….抵抗やコンデンサの値を調整する必要があるそうです.微弱信号を扱う回路の難しさを痛感しました.

この心拍計を製作するに当たって,回路を設計された方に様々なアドバイスをいただきました.微弱な信号を扱う回路や,心拍計のことなど,いろいろ教えてくださり,勉強になりました.

次に行ったのが,心拍数の計測でした.

DSC_0277
この心拍計を一日中身に着けて,心拍数を計測しました.計測中は,どんな行動をとったのかと,その時刻をメモしました.計測は柏本先輩にも協力していただきました.

計測が終わったら,Excelを使ってラベリングと分析を行いました.心拍数の変化をグラフにして,そのグラフ上に行動を書き込んでいきました.

書き込みが終わったら,心拍数の平均値や変化率などをExcelの関数を使って計算しました.このインターンでExcelに強くなった気がします.

ラベリングと分析をしてみたところ,電車内で立っていたときと座っていたときで心拍数の変化に違いが見られました.電車に乗り込んで座ると,心拍数は9%~14%ほど減少しましたが,座らずに立っていると5%ほどしか心拍数は減少しませんでした.

他にも,お笑い番組を見たときの心拍数の変化を調べました.
笑うと心拍数が高くなり,高い心拍数を維持するようです.心拍数の変化率は,最大で15%ほどでした.

20日間のインターンシップはあっという間に終わってしまいました.
インターンシップでは貴重な体験をさせていただき,ありがとうございました.

インターンシップ

インターンシップ生の藤原です.

8月4日から9月5日ごろまでの20日間,ユビ研にインターンシップさせていただいています.

インターンシップでは,心電センサの製作を行うことになりました.まずは心臓の拍動にあわせてLEDが点滅する回路を製作をしています.

回路図を元に,部品の配置や配線を考えます.この作業が難しくて,四苦八苦しながら配線図を書き上げました.

そして,配線図を元に部品をユニバーサル基盤にはんだ付けしていきます.
2014_08_06_16_43_17
写真では全然はんだ付けしてないですね.はんだ付け中の写真を撮り忘れていました.

そして出来上がった回路がこちら.
DSC_0266

実際に動かしてみましたが,LEDの点滅が速すぎたり遅すぎたりと,不安定でした.

8月18日までには,何とか形にしたいです.