ハワイ旅行に行ってきました(UBICOMP2017)

どうも2回目投稿のM1の永野です。

NAISTに入学して初めての学会発表としてハワイのマウイ島で開催された国際学会に参加してきたご報告です。
9月11日〜15日の間で開催されていたUBICOMP / ISWC 2017に参加してきました。

他分野の専攻からNAISTに移ってきて初めての発表にして、初の学会発表です!

8月頭に論文のカメラレディー締切があったのですがちょうどその日がユビ研BBQの日で、、

楽しんでる皆を横目に血の涙を流しながら論文を書き上げたのでとても思い入れがあります。(笑)

ユビ研からは僕と高田が発表者として、諏訪先生、藤本先生に引率して頂きました。

僕自身初の海外旅行であり入国審査、機内食など経験のないことだらけでしたが、毎月海外を飛び回る経験豊富な先生方のおかげでとてもスムーズに会場のホテルへたどり着くことができました。

機内食ってスパークリングワインとかもあることにびっくり!日本で公開中の映画を二本も見れちゃいました。

会場はハワイの中でもリゾート地であるマウイ島ということでめちゃくちゃゴージャスなホテルでした!こんないい所たぶんこの先一生くることないんじゃないかな?

宿泊先と学会会場が同じだったので移動もエレベータでらくらくでした。

開催日前日の夕方ごろに僕と高田の発表は一日目だったため,到着一日目は自分の発表スライドの仕上げや先生達に発表練習に付き合っていただけたりと大忙しでした。

そしてついに学会発表

めちゃくちゃ緊張しました!!

今度行くドイツの人工知能研究所の偉い人やユビ研にもゆかりの深い他大学の偉い先生がたくさんいるなか発表させていただきました。先輩方から「ワークショップだから学生しかいないよ」と無責任なアドバイスを頂いてたのですが修士の学生が一人もおらずびっくり。

さらには質疑応答の形式が1人5分と聞いていたのですが,セクション後に発表者を全員前に集めて一斉に質問が集中砲火するという恐ろしい形式。作った予備スライドが無駄になってしまいました。

なんとかたどたどしい英語で受け応えしたのですが正直しっかり答えられていたのかが怪しいです。次回までの課題ということでこれから頑張っていきます。

僕の参加したワークショップWAHMは午後も夕方までグループディスカッションがあり、正直逃げることも考えたのですがDFKIの石丸さんから絶対参加したほうがいい!と言っていただき勇気を振り絞り参加しました。優秀な研究者の皆さんと流れるような英語のやり取りに圧倒されながらもなんとか食らいつきました。自分の意見を発表する機会もありとてもいい経験になりました。

Ubicompの本会議のなかには日本人参加者が70数名参加していたらしくコーヒーブレイクなどの時間に他大学の学生や先生方と知り合い機会があったり

こんな風に海外の方と仲良くなる機会もありとても貴重な経験ができました。

食事に関してはリゾートホテル内がほとんどということでちょっと価格帯は高めですがアメリカンでボリューミーな食事が多かったです。肉最高でした。

トラブルが起きたのが帰り道です!

採択時期の関係で高田や先生方とは別々で帰りは1人だったのですが、行きと一緒だし余裕でしょと思ってしまったのが間違いでした。

先に荷物受付を済ませ、空港から5分くらい離れたショッピングモールから1時間前くらいに空港行きのバスに乗ったのですが、それがなんと逆回りのマウイ島周遊バス!

出発時間の15分あとに空港についた僕はインターネットにも繋がらない中途方にくれました、、、

なんとか日本に帰る便を再度取ってもらったのですがその便が

・台風18号による12時間の遅延

・エンジントラブルによる欠便

というさらなるトラブルを経てなんと出発は翌日の14時半!

幸か不幸かJAL持ちでホノルルに1人でもう1泊することとなり,1日遅れの帰国となりました。

ワイキキビーチを軽く見ることができたので結果オーライ?な面もありましたが、

先生方やスタッフの方々に多大なご迷惑とご心配をおかけしてしまったので深く反省しています。

今回の教訓として

「空港には余裕を持って到着し、そのあとは離れてはいけない」

「バスはかかる時間を考慮して事前に乗るバスを複数調べておく」

「タクシーが走っているだろうという安易な考えは捨てる,日本ほど走ってない」

「Uberを利用するためWi-Fiの電波や事前登録を済ませておくなどの準備をしておくと安心」など多くのことを学べました

 

初めての国際学会発表,海外旅行は楽しい経験と苦い経験が詰まった内容の濃いものとなりました!

DICOMO2017 に参加しました!

夏も間近に迫り、連日暑い日が続く中、
とうとうクーラーに手を出した D2 マツダです。

マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム
6月28〜30日に北海道の定山渓温泉で開催され、ユビ研から学生5名が参加しました。
(登壇発表 4件、ナイトテクニカルセッション 1件 → http://ubi-lab.naist.jp/?p=2672

今年は北海道開催の学会が多いですね!
ITS研究会、WSSIT、DPSWS…。などなど。多い。

 

■ DICOMOメインセッション

DICOMOは、情報処理学会の10研究会から 500名 もの参加者が集まる非常に大きな会議です。3日間の会期で朝から夕方まで 8つの平行セッションで行われます(発表総数は約270件!)。

発表の様子はこんなかんじ ↓ です。

夜は2日目に発表を控えた雨森くんがプレゼンの直しをしたり、
ナイトテクニカルセッションのプレゼン資料を徹夜で作ったりと、
超盛りだくさんのスケジュールでした\(^o^)/

ときにはカフェで…

ときには、足湯に浸かりつつ…

 

■ DICOMO名物「無限御膳」

夕食は壮観です。
とにかく、ずらーーーーーーーーっと御膳が並びます。500セット。
毎年恒例の景色で、無限御膳と呼ばれているらしいです。
北海道の美味しい料理をいただきました!!

 

■ もうひとつの DICOMO名物「ナイトテクニカルセッション」

DICOMOのもう一つの名物があります。
それが、2日目の夜に開催される「ナイトテクニカルセッション」です。
本セッションとは別に開催されるため、並行セッションがない、
つまりほぼすべての参加者が集まる( = 実は一番多くの人に見られる)セッションです。

内容としては、本セッションとは異なり、
研究室や大学の取り組みを「楽しく」かつ「わかりやすく」伝える場となっています。

昨年、ユビ研は「センサ vs 人間」と題して、
赤外線人感センサとバトルし、大好評だったのですが惜しくも第2位でした。

今年は1位を取るべく、「人工知能 vs 人間」と題し、
昨今話題の Deep Learning とバトルしました。

発表の様子はこんな感じです ↓

気になる結果は…
なんと、第1位!!!!!
念願の優勝を勝ち取りました!!!!

 

■ 本セッションでも受賞

ナイトテクニカルセッションでは優勝!!
とは言え、メインは本セッションです。

もちろんこちらでも受賞しております。

  • 最優秀プレゼンテーション賞(D2 松田)
    … とっても良いプレゼンをしたで賞
  • 優秀プレゼンテーション賞(M2 雨森)
    … 良いプレゼンをしたで賞
  • ベストカンバーサント賞(諏訪先生)
    … たくさん良い質問をしたで賞

受賞の詳細は →こちら← を御覧ください。

 

■ 安本先生も受賞

安本先生も 「活動功労賞」という、DICOMOシンポジウムの運営を通じて学術交流の活性化へ貢献した方に贈られる賞を受賞しました!

 

 

最後に…
ジンギスカン美味しい!

One month in Germany

Hello everyone,

Hope you are fine at the time you’re reading this blog’s page.
Here I would like to share with you the wonderful 1-month experience in Germany.

We have been in Germany for one month (25 days precisely) from September 12th to October 6th.

This one month there in Germany was different from the other trip abroad. In fact, we were in Germany for 3 reasons:

  1. Attend the International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing a.k.a Ubicomp (UBICOMP 2016)
  2. Two-weeks internship at DFKI (The German Research Center for Artificial Intelligence)
  3. Attend the International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016)

So this one month was about Conference – Internship – Conference, but as you might know, studies go with fun when it comes to me. We left Japan on September 12th and arrived at Frankfurt Airport. We then went to the city that held the first conference: Heidelberg !

at the aiport

We arrived at Heidelberg, checked in at the hotel and got ready for the next day conference. Indeed, our paper was accepted in Ubicomp 2016, for the Workshop was about Anticipatory Systems.

During this workshop, on September 13th, I gave an oral presentation about our work, entitled “Towards Proactive Food Diaries: A Participatory Design Study ”. In this work, we discussed users’ ideas on how to design better applications and system for tracking experiences, especially eating activities. According to the audience, the presentation was good, and I received many questions and feedback about how to improve the work.

20160913_165626

My lab-mate Nakamura, also presented his work in another workshop and I think he did well. He got the Award of Best Demo in UBICOMP 2016.

IMG_9170

My other lab-mate Maeda, also presented his research work, about Smart office (Smart desktop) to monitor the stress of office employees.

The conference lasted 4 days, (September 12th – 16th) and after presentations and demo sessions of the conference, we took the opportunity to visit the wonderful city of Heidelberg and enjoy the great foods and beer of this city.  Heidelberg is a popular tourist destination due to its romantic and picturesque cityscape (according to Wikipedia), but for me, this town is a really nice place that combines the old style of town and the modern design of town. I really enjoyed the visit of the Heidelberg Castle. We visited this castle two times in the same day!

20160915_165853

20160915_170219

IMG_9205

After UBICOMP ended, we went to Kaiserslautern for the next 2 weeks internship in DFKI.  In Kaiserslautern, instead of staying in a hotel, we (3 students) decided to rent a flat (apartment) for the 2 weeks (AirBnb). Our flat was very well located, 2 mins walk to the center of the town where are all the best shops, restaurants, and mall of the city. Since we didn’t stay in a hotel, we needed to buy and cook our meals. Staying in the same flat, allowed us to know about each other “Kitchen skills and talents”. We had to cook, clean and study every day after the internship working hours. It was really a fun and interesting. For the story, the bathroom of the apartment had some evacuation problem for 1~2 days. After taking shower, the water couldn’t go and stagnate, so we need to fetch it and put in the toilet. Don’t worry, the apartment’s owner fixed the problem really quickly than expected.

IMG_9465

In DFKI, we started our 2 weeks internship on Monday, 19th Sept. by an introduction meeting arranged by Prof. Dr. Andreas Dengel and his wonderful secretary Ms Brigitte Selzer.
Prof. Dr. Andreas Dengel is the Director of the Knowledge Management Reseach Department of DFKI. He is the one that allowed us to have this internship in DFKI, and I would like to express here, my gratitude to him.

Prof. Dr. Andreas Dengel and my Supervisor Professor Yutaka Arakawa have been working together, some years ago. Thanks to these two men, we also met wonderful researchers in DFKI, like Bo Zhou (Joey) and Ishimaru Shoya.

IMG_9454

During my Master years, I read most of the paper written by Bo Zhou. So when I had the opportunity to go to DFKI, I was really interested in meeting the guy and work with him. His work on the “textile pressure sensing matrix” was my real interest.

After the introduction meeting, we were asked to join the group we want to work with. So I join, the Embedded Intelligence Research group, directed by Prof. Dr. Paul Lukowicz. In this research group, over the 2 weeks, I have been taught on the textile pressure sensing matrix, by Bo Zhou with his 2 Master students Ankur Mawandia and Heber Cruz. Together, we discussed some new uses of the pressure matrix, designed a new board and two new smart-objects for upcoming research.

Our 2 weeks internship in DFKI ended with a final presentation meeting in front of DFKI researchers, students and our supervisor professor. They were all happy with the results we got just after two weeks and gave us some encouragement words to continue working on what we started in DFKI.

The internship finished on Friday 30th, and the next day was October 1st.
Guess what we did, on Saturday 1st October in Germany!!!!
Easy, right? We went for Oktoberfest in Munich!!! We got the train on Saturday morning, full of Young German, especially well-dressed with the traditional german clothes (I really like this traditional cloth) and arrived in Munich around 2pm, and it was CROWDED.
People drinking, laughing, eating, playing, dancing,…… PEOPLE HAVING FUN.

20161001_165418

20161001_153434

The next day (Sunday), we went to watch the soccer game at the Kaiserslautern Stadium. The local team (KFC) was playing again the 15th club of the season (I can’t remember the name).

14470463_1479916812022168_8839567257166408121_n

Monday 4th October started the second Conference: ICMU 2016, also held in Kaiserslautern.

I presented our work entitled “HappyInu: Exploring how to use games and extrinsic rewards for consistent food tracking behavior”. In this work, we describe our to use game and rewards to model and change people behavior.

IMG_0124

Matsuda presented his work about the smart-belt uses to monitor eating activity and posture detection, while Nakamura introduced the Senstick sensors. Senstick is a sensor designed in our laboratory which is really useful to sense various things, from shoes to chopsticks.

IMG_0131

IMG_0095

During this conference, we had the opportunity to discuss with more researchers, especially those coming from Japan. In the last day of the conference, we had an excursion and a banquet in a winery, where we savored 6 different kinds of wine of the season.

After all these, we had to leave Germany on October 6th. So, after the wine degustation, we went back to the apartment, packed our stuff, and cleaned the apartment. We left Frankfurt Airport on Thursday 06th, at 7:20 pm.

This one month in Germany was for me about STUDY, LEARN and FUN.!!!! Really great country with really nice and warm people! Danke Schone !!! Hope to go back again there soon. 

20161006_165347

ラスベガス珍道中(CES篇)

M1の金平です。

この記事は前回記事、ラスベガス珍道中(国際会議篇)の続きとなっております。
前回記事を読まれていない方はこちら

それでは、ラスベガス珍道中(CES篇)をどうぞ。

突然ですが皆さん、CES(Consumer Electronics Show)という国際展示会をご存知でしょうか?
CES2016
この展示会は、世界のあらゆる企業が家電を中心とした最新の製品をお披露目する場となっています。
今では当たり前のハードディスクレコーダやDVDなんかもここで展示されてから世に出回っています。

今年も例年通りのラスベガス・コンベンションセンターで1月6日~9日の4日間、開催されました。
CES2016 会場CES2016 会場内
そのうち、8日から2日間潜入してきましたので、私が面白いと思った3つを紹介したいと思います。

まず初めはこちら!!
CES プロジェクタ
ドムの脚

じゃないですよ(笑)
Cerevoの自走式ロボプロジェクター Tipronです。
地面を移動して好きな場所に好きな向きに映像を投影できます。
こんな感じに
CESプロジェクタ2
スターウォーズのR2-D2を彷彿とさせますね o(≧ω≦)o
あとは変形するのがかっこいい!!
CESプロジェクタ3
男心をくすぐるプロジェクタですね。
発売は今年の春~夏だそうです。
Tipronの詳細な情報に関してはこちら

続いてはこれ
CES 歯ブラシ
Kolibreeの歯ブラシです。
この歯ブラシには加速度センサーが搭載されており、どこを磨いているかをスマートフォン等でモニタリングできるそうです。
秀逸だなと思ったのは、歯磨きという行為にゲーミフィケーションを取り入れていることです。
DSC_0535
画面下部の指定された歯を磨くことでキャラクターを操作し、コインを集めるといったゲームと連動することができます。
色々なステージが用意されていて、子供が毎日楽しく歯磨きができるような工夫がされていました。
ゲームしたさに余計に歯磨きしちゃいそうですね(笑)
Kolibreeの詳細はこちら

最後に紹介するのはSmart Diet Scaleです。
DSC_0499
1プレートにある4つの食品の重さを別々に同時に測れちゃうすぐれもの。
アプリと連動してカロリー計算もしてくれます。CES 電子測りアプリ
食品の情報は事前に登録されているみたいです。
忙しい朝とかに簡単にカロリー計算ができていいですね♪
Smart Diet Scaleの詳細はこちら

今回紹介した製品の他にもいっぱい魅力的なものがありました。
全部紹介できればいいのですが、長くなりそうなので(^ ^;)
写真だけでも載せておきます(笑)
DSC_0437
車体全方位障害物検知
DSC_0526
スポーツ選手のためのウェアラブルデバイス
DSC_0529
紙飛行機をドローン化
DSC_0568
釣りの時に使う浮きをIoT化

それではCES篇はこのへんで
次回は観光篇です。
お楽しみに!!

ラスベガス珍道中(国際会議篇)

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
初投稿するM1の金平です。
2016年、一発目の投稿は国際会議に参加してきたご報告です。

1月7日~12日にアメリカのネバダ州ラスベガスで開催されたIEEE ICCE(International Conference on Consumer Electronics)という国際会議と併催されていたCES(Consumer Electronics Show)という家電製品中心の国際展示会に参加してきました。
私自身、初めての海外&国際会議、おまけに厄年ということもあり、トラブル続きの1週間となりました。
そんな1週間を国際会議篇、CES篇、観光篇、トラブル篇の4本立てで振り返りたいと思います。
では、ラスベガス珍道中(国際会議篇)をどうぞ。

ICCE自体は1月9日~12日まで開催されていました。
開催場所がラスベガスということもあり、開会式には美女二人を連れてミスターラスベガスが駆けつけてくれました(笑)
ミスターラスベガス

開会式が行われたメイン会場の様子がこちら
ICCEメイン会場
この会場では朝食や昼食を食べながら基調講演も聞くことができました。
朝食はベーグルとスタバのコーヒーとちょっとオシャレ♪
ICCE 朝食
昼食はサラダとでっかい肉でした(写真撮り忘れました)

面白いなと思った基調講演としては、「Brain Computer Interface」です。
簡単に言えば、脳波で様々なデバイスを操作する新たなユーザインターフェースに関する発表でした。
近い将来、考えるだけで空調やテレビなど家電を制御できる日が来るかもしれませんね。

さて、肝心の発表ですが、発表前日の安本先生、荒川先生の指南のおかげで上手く行きました。
ICCE 発表の様子
が、質疑応答で撃沈(´・ω・`)
テンパる様子がこちら
ICCE 発表の様子2
質問内容を理解できず、聞き取れたわずかな単語から答えていたのですが、発表を聞いていた荒川先生いわく、見当違いの解答をしていたそうな(> <;)
見かねた先生がフォローを入れてくださいました。
荒川先生ありがとうございました(> <)

そして、発表を終え安堵の表情
ICCE 発表終了

初めての国際会議で緊張しましたが、いい経験になりました。
もっと英語を勉強しなくては(^_^;)

次回投稿はCES篇です。
お楽しみに!!

IEEE ISMに学会発表に行ってきました

M2の藤澤です。

2015年も残すところあと10日程となりましたが、皆さんにとって今年はどのような年だったでしょうか?

私は、研究に就活に旅行にハッカソンにと非常に充実した一年になったと思います。

さて12月15日から18日にかけてアメリカ合衆国フロリダ州マイアミで行われたIEEE ISMというマルチメディア系の国際会議に学会発表に行ってきました。研究室からの参加者は諏訪先生と私(藤澤)の二人です。

IMG_7417

発表風景です。一人から質問があり、答えられたと思います。

他の人の発表も聞いていて思ったんですが、国際会議って時間に適当で、Windowsユーザーが多いんですね。意外でした。

発表終わってから、弾丸でマイアミで超有名なJOE’S STONE CRABに行きました。

IMG_7367

僕の中でカニの常識が覆りました。ストーンクラブといって、爪だけ食べます。

とてもぷりぷりで、2,3年するとトカゲの尻尾のように再生します。

IMG_7365

研究室の忘年会に行けないので、ここで諏訪先生と忘年会をしました笑

あとセブンマイルブリッジにドライブに行きました。

IMG_7157

爽快でした。この道より、素晴らしいコースがあれば、誰か教えて下さい笑

IMG_7163

諏訪先生、運転お疲れ様でした。

IMG_7268

ディナーはウルフギャングを食べました。帰国後のカード請求が怖いです。

 

ということで、初めての国際会議でしたが、非常に充実したものになりました。

今回の国際会議参加を通じて感じたのは、やはり、研究もそうですが何事にも、日本という狭い世界ではなく、世界というフィールドで戦っていかないといけないなという事です。

その一環として、ぜひ、修士課程のうちに国際会議に投稿し、発表すべきです。

私も残りの学生生活、悔いのないように研究に取り組みます。

以上失礼しました。

 

 

マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウムに参加しました

お久しぶりです.
夏のNAISTは暑くて溶けそう、というわけで研究室に引きこもっているD1平部です.

さて7月8〜10日に、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウムが開かれ、ユビ研から5件の発表がありました.共著者として参加してきましたので、ご報告します.

ところで皆様は、DICOMO2015シンポジウム(以下、DICOMOと記載)をご存知でしょうか?
DICOMOとは,インターネットを中心とした通信技術から、マルチメディア通信、分散システム、グループウェア、モバイルコンピューティング、ITS、ユビキタス、セキュリティやデジタルコンテンツクリエーションに関する分野の研究について、学術的な研究論文のみならず、事例報告、問題提起などの論文も対象として、活発な議論を行うことを目的に開かれている、大規模シンポジウムです.(by. dicomo公式ページより http://dicomo.org/cfp/

今回の会場は、東北岩手県の安比高原!まずはそこまで、皆(M2:宵、前中、河村、藤澤。森下、D1:平部)で移動です!
いい天気&景色です.
IMG_6892

しかし…片道5時間の移動が伴うので…ちょっと遠いかな?(笑)そんな中、みんな合間時間で発表資料作りに懸命です.ここで一例を1つ.
IMG_6893

いやー、寝てますねー.熟睡です.頭のなかできっと資料作りを…笑 ここ数日、発表日まで自分自身を追い込んで資料を作り続けていたので、疲れがでてるのかな…後ちょっと、ファイト、腹ごしらえしようぜ!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
ということで、盛岡冷麺をたべました.スイカ?!うそでしょ…と思ったけど、辛さが和らいで、すごく美味しいです!
IMG_6677

会場につくと、そこは…高原(&高原)でした.空気がきれいです!
01d921ecdda28bb6885c87d2c01b70a9e1b0cfaa3b

到着後、早速3日間に渡るセッションが始まりました.DICOMOはパラレルセッションなので、観たい発表が被ってしまうと、どの発表を見るかを選ばなくてはならないという苦行が…(あれこれはデジャブ?)
様々な面白い研究発表がある中で、ユビ研のメンバーも堂々と発表していました.(河村くんの写真を撮ってなかった…ごめん)
019d0d9d99046e50ad0c699f18259c018e89f70cc2
018ac0fa238aa238cbccef9dbfc3e565fa2b638646
01e0a4a944b1f0846f0cda2690d90c2198bd5044c7
01d639917d18b5877fb75600b029c19f1b35f435bd

一方で、これだけ大きな研究発表会.夜の懇親会もすごい人の数.色んな大学や研究所の先生方や、研究者、学生の皆さんと親交を深めました:)
IMG_6907

が、…DICOMOの夜、欠かせないビックイベントがもう一つ.
そう、Night Technical Sessionです!
Night Technical Sessionでは、日常の様々な現象を情報や電気電子の知識によって解決しようと、挑戦的な試み(ネタ多数)が多く観られました.
例えば、このセッションで発表された「サバイバル状況におけるハンダ付け手法の評価」について、少しご紹介.
発表者達は、アンケートの結果、98%の情報・電気電子系の学生が「ハンダ付けを愛している」と回答しており、彼らがどのような環境(とくに、コンセントがないキャンプなどのサバイバル環境)においてもハンダ付けを行いたい、というニーズを持っていることを明らかにしました.
そこでサバイバル環境(キャンプ)において、どのような道具がハンダ付けに適しているかを調査、評価し、発表しています.私がこの中で、なるほど!その道具でハンダ付けできたか…と思ったのは、フォークによるハンダ付けです.
フォークでは「多点同時ハンダ付け」ができる可能性があり、充分にハンダ付けに利用できることを実験で明らかにしました.
キャンプ中の楽しみの幅が広がった気がしました.(絶対しないけど。笑 ฅ^._.^ฅ)
IMG_6917
IMG_6918

楽しすぎて、一瞬で終わってしまったDICOMOシンポジウム.最後は授賞式です.ユビ研ではなんと、藤澤くん、宵くんが優秀プレゼンテーション賞を受賞しました!おめでとう!!
0119e91fcdd38e86d9be0e104806fbf1e83c0be783

ユビ研からは、まだ最優秀プレゼンテーション賞受賞者が出ていないとのこと.来年は…私(or 俺)が。という野心を持つ、そこのあなた!ユビ研は、そんなあなたをお待ちしています.
ユビ研、およびNAISTに興味がある方は、NAISTで開かれるサマーセミナーに参加してみてはいかがでしょうか?
興味のある研究室で、最新設備を使った実習ができます.さらに研究室の先輩と話ができるなど、聴きたいことを聞けるチャーンス★

・ユビキタスコンピューティングシステム研究室:http://ubi-lab.naist.jp/
・サマーセミナー(応募〆切り:7/31):http://isw3.naist.jp/IS/PubWG/Summer2015/index-ja.html

また「いつでも見学会」も有りますので、見学にきたい方は、気兼ねなくご連絡ください.
お待ちしております^^

IEICE HPB第13回研究会@熱海 に参加しました

毎度おなじみ M1 の松田でございます。
6月も半ばを超え、もう少しで今年度の 1/4 が終了するわけです(オソロシイネー

さて、6/18,19 の2日間、電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンプローブ研究会(IEICE HPB)の第13回研究会に参加してきましたので報告します(`・ω・´)ゞ

ヒューマンプローブ研究会とは、

本研究会では,モバイル通信,センサ解析,GIS,ITS,人間行動学,参加型センシング,インタラクティブデザイン,観光,人と場所のつながりデザイン,などに関連する分野を中心として,分野横断的な研究交流を積極的に進めている研究会 — IEICE HPB第13回研究会@熱海 概要より

です。

松田の研究テーマである、「スマートフォン搭載照度センサを用いた、ユーザ参加型センシングによる夜道の安全性判定」と合致することもあり、参加させていただきました。(IEICEの研究会は初でした!)


1日目(ナイトセッション)

1日目は、夜からスタート。
参加されている先生方の近況や活動について、紹介していただきました。

この研究会、土木分野の参加者も多く、普段聞かない話も聞くことが出来ました。
(新しい学問が誕生する瞬間にも立ち会えました)

IMG_5704IMG_5679

 


2日目(招待講演・一般講演)

2日目は、招待講演と一般講演セッション。
荒川先生が招待講演、松田が一般講演での発表でした。

NAIST所属での初発表でしたが、良い議論ができたと思います。
ゲーミフィケーションなどのユーザのモチベーション向上に関する内容は、初挑戦の分野だったので、アドバイスを頂けたのは良かったです(^O^)
参加者の皆さん、ありがとうございました(*´∀`*)

10996351_10205717427468827_3132464270023770883_oIMG_5716そして、次の研究がはじまるのです。

Human-Computer Interaction(HCI)に関する世界最大の国際会議ACM CHIに参加してきました!

お疲れ様です,D1の平部です.
皆さんはCHIという国際会議をご存知でしょうか?
CHIはHuman-Computer Interaction(HCI)に関する世界最大の国際会議でACM CHIと呼ばれています.
HCIとは,ユーザーインターフェース(UI)デザイン設計や,インタラクション(機械の振る舞い方)デザインの設計や提案といった,人とコンピュータ(機械)との関係かついての研究分野です.
今年、2015年は韓国ソウルが会場であり,約3000人が集まったそうです.(しかし例年は6000人が参加するので,今回は少ないんだとか…。)
今回はこのCHIが開催されてきて初めて!アジアで開かれる,そして私の研究内容(スマートフォンで人のコンテキスト(状態)を推定する)からすると目指すべき最難関国際会議でもあるというこで,どのような研究が行われているかを調査しに4日間CHIに参加してきました!(荒川先生,今回は連れて行って頂き本当にありがとうございます.)

会場は人でいっぱいでした!
IMG_0012
IMG_0013

オープニングトーク終了後,早速セッションが始まりました.最初は学生デモセッションです.こちらは,透明の薄型ディスプレイを挟んで2人のプレーヤがお互いにゲームを行うデモです.様々なデモがある中で,この2人が一番楽しそうにしていたので今回はこのデモの写真をのせます.
IMG_0014

学生デモセッション終了後も,4日間を通してレベルが高い様々な研究発表が行われました.
例えばこれは,J!NS MEME(https://www.jins-jp.com/jinsmeme/)と呼ばれる人の瞬きの回数や見ている方向を追跡できるメガネ型デバイス(機械)を開発している研究です.かけさせてもらいました!思った以上に眼鏡が大きかった…。デバイスとの相性でデータが上手く取れない人がいるため,万人に使ってもらえるようにデバイスを改良することが,今後の課題だそうです.
IMG_6352

次にこちらは,片手でスマートフォンを持っている時に,ユーザの親指がどこまで届くか(端末を傾ける角度はどれくらいか)を調べることで手やデバイスの大きさに対してどのような操作がユーザに適切かを提案した研究です.
私の研究に非常に関連するもので,発表やスライド,質疑,どれも全てレベルが高く非常に参考になりました.
IMG_0063

また,初めて観たプレゼンが有りました.それはプレゼント中で何故かマジックが始まるものです.
なんでマジック???と思いましたが,その研究は「人に気づかれにくいデバイスの開発」であり,だからマジックなのか…!と見せ方のうまさを学んだ研究発表でした.
IMG_0058

この他にもたくさんおもしろい研究があったのですが…CHIでは同じ時間に同時並行で様々なテーマのセッションが行われるため,面白い研究が多すぎて見れない!え。。。選ぶしかない、なんてこった…という苦渋の決断を多々迫られました.こんな会議は初めてで,全体としてのレベルの高さが伺えました.CHIならではといったところでしょうか.
興味がある人は,CHIの公式ページから好きなテーマを探せますので,ぜひ一度見てみてはどうでしょうか?きっと気になるテーマが見つかるはず…!http://chi2015.acm.org/program/full-schedule/#focus

また,CHIに参加した日本人の交流を深めようという趣旨のもとにCHI2015 Japan Nightが開かれました.
この分野でTopを走っている方々に会えて刺激的でした.
IMG_6351
MIT Medeia Lab所長を務めたこともある(現在は副所長),石井裕先生がいらっしゃっていました!(超有名人です)
石井先生の言葉で印象に残ったのは,「誰もやったことのないもので勝負しろ!ブルー・オーシャンを目指せ、研究はヴィジョンが重要です」というものです.言葉の重みが違います…。
IMG_6349
***MIT Media Labや石井裕先生について知りたい方はこちら***
・MIT Media Lab公式ページ:http://www.media.mit.edu/
・石井裕先生 MIT Media Lab 公式ホームページ:http://tangible.media.mit.edu/person/hiroshi-ishii/
・TEDxSapporo 石井裕先生のスピーチ(日本語です):http://tedxsapporo.com/speakers/hiroshi-ishii/

CHIに参加する一方,プログラムの途中で休憩時間があったので,その間に周りにある観光地に少しだけ行ってきました.
基本的に,大きな寺院が多かったです!
IMG_0131

IMG_0040

IMG_0134

IMG_0137

また,お昼ごろのブレイクタイムや晩御飯の時間を利用して韓国料理を堪能してきました.安い!そして、、、おーいーしーーーい!!!
焼き肉を食べて至福の顔をした平部がこちらになります.
こんな美味しそうな顔、自分でも観たことありません.
IMG_6348

その他にも美味しいものがいっぱい有りました!楽しい〜
IMG_0164

IMG_0084

IMG_0085

IMG_0160

IMG_0161

IMG_0162

今回のCHI2015では,世界最大,そして最難関と呼ばれる国際会議の雰囲気や研究・発表レベルを知ることができて本当に良かったです.今後もCHIを目指して研究を頑張ります.
国際会議に興味のあるラボの皆さん,CHI,お勧めです!

ユビキタスコンピューティングシステム研究室(ユビ研)では,今回紹介したCHIに関連した研究を多く行っています.
もし,CHI2015(http://chi2015.acm.org/program/full-schedule/#focus)の研究で興味があるものがあったなら…
是非ユビ研にご連絡ください!いつでも見学にいらしてくださいね:)
ユビ研ではCHI以外にも,様々なハイレベルの国際会議や国内研究会に多くの研究成果を発表し,各々たくさんの賞を頂いています.またアプリコンテストへの参加もそれぞれが熱心に行っており,こちらも毎年最優秀賞受賞者が出ています.詳しくは,以下ホームページよりどうぞ!
ユビ研ホームページ:http://ubi-lab.naist.jp/

どうでしょう?だんだんユビ研に興味が湧いてきましたか?
ユビ研に興味がある見学希望の方は,5月に行われるオープンキャンパスに参加されるのもお勧めです.
NAISTオープンキャンパス紹介ページ:http://isw3.naist.jp/IS/PubWG/OpenCampus1505/index.html
ユビ研だけでなく様々な研究室を見学できて,とてもお得☆
このブログを見ていてnaistに少しでも興味のあるあなたに,お会いできる日を楽しみにしています!

平部

ACM HotMobile 2015

M2の永田です.

2月12日-13日に開催されました,ACM HotMobile 2015 に,安本先生,荒川先生,私(永田)のメンバーで参加しました.
この HotMobile はその名の通り,モバイルアプリケーション及びシステム,またそれらのベースとなるような最先端の技術にフォーカスした workshop です.

開催地は,アメリカはニューメキシコ州のサンタフェでした.伊丹空港から,2回の乗り継ぎを含む,20 時間以上の移動でアルバカーキ空港に到着しました!

IMG_5905

空港から,約1時間車の移動でサンタフェに到着しました. 会場は,とてもきれいなホテルでした!

IMG_5939

会議では,レベルの高い研究の発表が多くありました. その中では,質疑応答が盛んに行われ参加者の熱を感じました! 興味深いテーマのものが多々あり,内容をより理解をするために英語能力を向上させなくてはと改めて思いました.
また,完成しきった発表というよりは,課題をシェアし,参加者で研究の方向性を考えるような発表も見受けられました.そのような議論の際の,リサーチャー達のワイワイした感じはほんとに素敵ですね!

IMG_2318 IMG_5922

廊下には,バーニャカウダ的なものや豊富な飲み物が用意されており,満たされた状態で発表を聞くことが出来ました.

IMG_5925

時間を見つけ,サンタフェの街を散歩しましたが,とても綺麗な町並みでした.とても癒され,海外に来た感に溢れてました.

IMG_5953 IMG_6080 IMG_6096

私は,ポスター発表での参加であり,ポスターとデモは初日夜のBanquet の前の90 分間で行われました.

IMG_5984

 

発表題目は, SakuraSensor: A Participatory Sensing System for Detecting Flowering Cherries with Car-Mounted Smartphones

英語でのポスター発表は,初めての経験でしたが,安本先生にもフォローをして頂き,興味を持って来て頂いた方々に精一杯で自身の研究の目的や仕組みを伝えることが出来たと思います.
多くのアドバイスを頂くことができ,ポスター独自のインタラクティブな意見交換は,研究を進める上で重要なことだと再確認しました.

IMG_2337 IMG_2338

 

終わった後は,楽しい美味しいバンケット!!
メキシカン料理を中心に,豪華な料理が並んでおりました.
緊張から解き放れた僕は,獣のように食し,しっかりと太ったと思いますw

IMG_5992 IMG_5995

 

今回のワークショップには,10人ほどの多くの日本人が参加しており,お酒を飲みながらいろいろなお話で盛り上がりました.

二日目も朝の9時からプログラムは始まり,17時ごろまでみっちり行われました.

夜には,日本人参加者で,街に繰り出しました.しかし,バレンタインの前日ということが影響してか,多くの店がいっぱいであり,なかなかの距離を歩いてやっとこさイタリアンのお店に行き着きました!

美味しいワインとお肉,ピザなどを頂き,最後の夜にふさわしい夜会でした!!

IMG_6123 IMG_6126

三日目の朝4時に,ホテルをあとにしました.久しぶりのワインだったからなのか,標高1500mだったからなのか不明ですが,頭痛と吐き気がしばらく続きました(泣)

一日目の夜にカメラレディ投稿,帰国した次の日に,修士論文発表会という,もはや狂気ともいえる弾丸スケジュールでしたが,とても充実した国際ワークショップでした!研究に対する知識の増加,私が一番重要だと思う「研究へのモチベーション向上」が感じられるものになりました.みなさんも機会があれば,積極的に参加されることをおすすめします!