2年間の出会いに感謝!

M2の久米です.
NAISTは入学してから2年間,あっという間ですね!

通っていた大学が街中にあって色々便利だったので,
入学試験のとき,はじめてNAISTに来て
「え,めっちゃ田舎なんやけど… ここで生活できんかも」
って思ったのが懐かしいです^^

振り返ってみると充実した楽しい2年間を送っていたことに驚きです!
思い返すと色々あったけど,いっぱい書きたくなるので省略しますw
NAISTへの進学を選択して本当に良かったです.

みなさん個性的ですが良い人ばかりで,周りの人に恵まれていたなと思います.
お世話になった先生,先輩方,たくさん迷惑かけましたが最後まで面倒を見て頂き,本当にありがとうございました!
一緒に2年間頑張った同期のみんな,楽しい2年間をありがとう!
可愛い後輩のみんな,頼りない先輩だったけど,仲良くしてくれて嬉しかった!

わたしが頑張れたのは,周りの人に恵まれていたからです.
この2年間の出会いに感謝しています,そして今後も大切にしたいです!
卒業後は社会人として働きますが,関西にいるのでまたNAISTにも遊びに来ます^^
関西にいる人はいっぱい遊んでください!
関西以外の方も,今後も仲良くしてください!

では,みなさま!
また会う日までお元気で〜

UIC2014

こんにちは,M2の米田です.

このたび12/8 – 12/12日の5日間,バリ島で開催された国際会議,
UIC2014に参加してきました.

今回参加したのは,荒川先生,赤池,米田の三人です.

 

会場はとあるバリの高級ホテルで行われたのですが,
さすがリゾート地! という豪華さでした.

プールとビーチ.
th_DSC_0774th_DSC_0794

異常に広いロビー.
th_DSC_0681

オシャレな池.
th_DSC_0812

初めての海外発表に怯えながらも,バリ料理を楽しむ僕たち.10857816_1032169986809316_6797694453650216610_n

何故か突然バリダンスからスタートするUIC2014.
th_10622885_1032289960130652_6380601671312556658_n

僕たちは2日目の発表だったため,1日目の夜はロビーで蚊に刺されながら
延々と発表練習をして,発表に備えました.

 

そして発表当日,

万能リモコンについて説明する僕.
まずまずいい感じで発表できたと思います.
th_DSC_0430

「合コンとは何か」を英語で力説する赤池くん,
AR技術を合コンに使うという研究なのですが,やはり海外からのウケもよく,
会場からはクスクスと笑い声や”Oh my god.”という声も聞こえました.
th_DSC_0882

そして発表後の圧倒的開放感...!
th_DSC_0887

ぼくらの発表を労うかのようなピグた像.
th_DSC_0960

 

そして学会の4日目はSocial Networkingということで,
バリのいろいろな場所に観光するツアーがありました.

ウルンダヌ寺院
th_DSC_1299

 

タナロット寺院
th_DSC_1386

すごい棚田.
th_DSC_1316

コーヒー豆を焙煎するお姉さん.
th_DSC_1330

 

国際会議は,英語での論文作成・発表,研究など大変なことも多いですが,海外のレベルの高い研究発表を聞ける,異国の文化に触れることができる,美味しいご飯が食べれる..など,いいことが非常に多いと思います!

みなさん,研究がんばってどんどん海外いきましょう!

th_10704207_1033132820046366_5625218852007485009_o

オープンキャンパス

こんにちは,M2の中村です.

今回は本日行われたオープンキャンパスの様子を報告したいと思います.

 

NAISTでは年数回オープンキャンパスが開催されています.

普段は受験生向けの研究紹介,デモ,入試相談会などが多いです.

が!

今回の一般向けオープンキャンパスはちょっと違います.今回は一般向けオープンキャンパスでした.

一般向けオープンキャンパスでは,どの研究室でも専門知識がない方々でも楽しめるようなデモや展示を行っています.

今日のオープンキャンパスはお子さんがかなり多く,普段のNAISTとはかなり違った雰囲気でした.

(他の研究室のデモもすごく楽しそうで,私も体験したかったなぁと思ってます)

 

ユビ研ではプロジェクト実習という授業で受講生が作ってくれたカメラシステムをはじめとしたスマートハウス関連のデモと,スマートフォンのタッチログ可視化のデモを行いました.

DSCN7061

人を追跡するカメラのデモをしている様子です.

スマートハウス内の位置情報を基に,その人がいる場所をカメラが追いかけてくれます.

ブログで既に何度も書いていると思いますが,画像手前の学生が持っているのが位置情報を発信する装置です.

子どもたちも未来の家を体験してすごく楽しそうでした.

DSCN7059

こちらは指している方向にある家電を操作できるリモコンのデモ風景です.

画面奥の細長いものがリモコンです,これ一つで様々な家電が操作できるのはかなり便利ですね!

DSCN7042

 

DSCN7086

今日の写真を見返すと,かなり子どもが多かったなぁという印象です.

今日をきっかけに将来NAISTに来てくれたら嬉しいなぁと思ってます.

 

DSCN7082

本日のオープンキャンパスも大盛況でした!

皆さん本日はお足元の悪い中お越しいただき,誠にありがとうございました!!

 

今回のオープンキャンパスは一般の方向けでしたが,NAISTは学生や受験生向けのオープンキャンパスも開催しています.

もしNAISTに少しでも興味をもった,受験してみたいかな?と思った方はそちらの見学もオススメです!

オープンキャンパスは予定が合わなくて参加できない…という方向けの制度「いつでも見学会」もありますので,ぜひご活用ください!

 

 

おまけ

オープンキャンパスが大盛況で,今日はみんなすごく疲れていました.

そういうわけで,みんなで豪勢に打ち上げに行きました,食べ放題です!!!

10168

食べ放題にご満悦.

働いた後のごちそうは最高ですね!!

インターン報告(9/1-9/30)

青山学院大学M1の金岡諒です。
9/1から9/30までの1ヶ月間、UBI研でインターンを行いました。

IMG_1557

インターンでは、スマートハウス内での屋内位置推定を行いました。
Android端末に搭載されている加速度センサを用いたデッドレコニングで、位置の推定を行いましたが、加速度センサには問題が多く、いかに誤差を小さくするか、またいかにその誤差を補正していくかが研究の鍵となります。

私は、加速度センサの誤差を最小二乗法で補正し、残っている誤差をスマートハウス内にあるドアの開閉センサによって補正して、より正確な位置推定を行うことにしました。

1ヶ月間という短い期間だったので、開閉センサの補正まで行き着くことができず、非常に残念でした…。
スマートハウスで夜な夜な台車を動かし、実験をしていたのも良い思い出です。

UBI研では、毎日のように皆さんが食事に連れて行ってくださったり、夜は「ドミニオン」をしたり、ゲームをしたり…とても楽しかったです(私の研究室ではなかなかそういうことがないので)。

私が中でも一番衝撃的だったのは、UBI研が「お料理研究室」だったことです!もちろんこの文化は私の研究室にはなく、インターン初日からナンを作り、ピザを作り、クロワッサンを作り…というUBI研の日常には衝撃を受けました。

戸辺先生からは、「UBI研の文化を持ち帰ってくれ」と言われてNAISTに来たわけですが、青山学院大学に戻った今、生地をこねる文化は未だに浸透しておりません(たぶんこれからもしないと思う)。

ただそれだけではなく、研究に対する真面目さなどは私たちとは全然違うように思い、こういう文化は持ち帰るべき文化だと思いました。

修士の中間発表や自身の研究で忙しい中、私の研究のサポートを快く引き受けてくださった皆様に感謝しております。スマートハウスで生活するという普通に生活していては経験できないようなことができ、たいへん嬉しく思います。また、本インターンを快く引き受けてくださった安本先生、荒川先生、ありがとうございました。

また、奈良方面に行く機会があれば、NAISTに行きたいと思っておりますので、そのときはよろしくお願いいたします(K田さんには絶対来いと言われておりますが)。関東に来る機会がありましたら、ぜひ青山学院大学(相模原キャンパス)にお越しください。お待ちしております。

長くなりましたが、ここで終わります。ありがとうございました。

青山学院大学 M1 金岡 諒

FIT2014

M2の永田です.

9月3日-5日にFIT2014 第13回情報科学フォーラムに私(永田),鈴木くん,柏本さん,安本先生のメンバーで参加してきました.

会場は,茨城県つくば市にあります筑波大学でした.

とても有名な学校ですので,一度は行ってみたいと思っていたので良い機会でした.

これが,筑波大のシンボルマーク?です.かっこいいですね!”T”sukuba がとても感じられます!

IMG_4438

 

<1日目>

まずは,鈴木くんによる講演です.

IMG_4440

鈴木くんはITS領域の研究をしており,快適なドライブに向け,自身の提案について熱く講演をしておりました.

また,一般講演とはまた違うイベント会場では,優秀な先生達がそれぞれの研究領域でテーマについて議論を行うなどするイベント企画が行われていました.

一日目最後のタームには,安本先生が司会を務められた「DTN最前線」と題したDTNに関するイベントが行われました.登壇者の皆さんは,まさしくDTN研究における最前線の方々でした.

IMG_4443

DTN のついて研究されているしたい方はもちろん,ほとんど前提知識がない人でも十分に楽しめる内容でした.

 

<2日目>

朝一番のタームでは私,永田が講演させて頂きました.睡眠に関する研究内容を発表させて頂きました.質疑応答を行う中で,もっと詰めなければならない部分が明瞭化され,研究方針を考える上でに大きなプラスになりました.

IMG_4598 - コピー

この後,昼休憩が長めにあったので,学生らである場所に行こうということになりました.

IMG_4605

ここです!JAXAです!!

男なら興奮は避けられないですね!宇宙を近くに感じられた気がしますw 社員食堂にて,昼食を頂きました.

IMG_4603 - コピー

IMG_4614 - コピー

 

<3日目>

朝一番のタームでは,「情報流」イベントにて,安本先生が講演されました.

IMG_4515 IMG_4519

最終日でしたが,多くの方が来席され,パネルセッションでは議論がとても盛り上がっていました.

どのイベントも,学ぶことばかりで,すべてのイベントに参加したいと思いました.

 

今回のFITでは複数のセッションが同時並行で行われいて,自分の興味がある分野の発表を見ることができて,楽しいです.何よりも,研究への意欲が向上するカンフル剤になります.

また,参加したいですね.

ユビ研の日常?

Image

M1の安川です.

先週ユビ研の研究の一環?で行われたテニスと,ユビ研で最近話題のM本君についてご紹介します.

先週の火曜日にセンサ付きラッケット試打会第二弾が行われました.データが信頼できるかを検証するための試打会なので,これも立派な研究活動に含まれると思います.(多分)

下の写真はラッケットのグリップに装着させるセンサーです.これでラケットのスウィング速度,ボールの速度,ボールの回転,ガット上でのボールを打った位置などを測定します.当たるところもそれなりに正確に表示されます.これを研究としてやると結構面白そうですね!

IMG_3200

以下は試打会の様子.

K村くんのバックハンド!ナルバンディアンのように鮮やかです.笑
IMG_3208

K田さんの豪快なフォアハンド.k田さんはナダルのようにスピンが利いたボールを打ち返してきます.
IMG_3211

ユビ研はどんな研究でも取り組める面白いところです.是非見学に来て下さいね!

最後に,最近話題のM本君のパソコン.彼はGMOの「美雲このは」というキャラクターが大好きらしいです.
Mmoto

オープンキャンパス

こんにちは,M1の前中です.

5/17(土)にNAISTのオープンキャンパスが開かれ,我らがユビ研も研究室紹介を行いました.

2014-05-17 10.21.21

情報棟に入ってすぐのところで,各研究室のポスター説明が行われていました.

ユビ研もL1(講義室)の入り口付近でポスターによる紹介を行いました.

2014-05-17 10.21.54

ポスター説明では,宵君による非常に分かりやすく,興味を引かれるユビ研の説明が聞けました!

2014-05-17 10.46.01

また,午前中は研究室ツアーも行われており,簡単にですがユビ研の研究内容を荒川先生から紹介していただきました. 研究室の紹介は5分と決まっているそうですが,ぴったり5分で研究室の魅力をお話ししていただきました.さすが,荒川先生です.

このツアーで興味を持ってくれた学生さんや,1階のポスター説明で興味を持ってくれた見学学生さんは,実際に研究室まで足を運んでくれました.

2014-05-17 13.05.33

荒川先生がスマートホームについて説明を行っているところです.

その他,研究室内にはこれまでの研究をまとめたポスターを数多く掲示しており,それらの中で興味を持った研究やユビ研の魅力を学生の方々に知ってもらうべく,先生方もユビ研メンバーも見学されている方々とたくさんお話しさせていただきました.

ここでも少しユビ研について説明をさせていただきます.

今年度は,研究室内のメンバーを

・Smart life
・Smart house
・Smart city

の3グループに分け,グループ毎にミーティングや各々の研究の内容の共有や意見交換を行っています.

・Smart life
人を対象とした効率良いデータ収集・蓄積と人の行動・状態の理解,参加型センシング,ビッグデータを活用するための技術を確立するための研究開発を行う.

・Smart house
スマートハウスにおける効率の良いデータ収集・蓄積と人の行動・状態の理解,ビッグデータを活用するための技術を確率するための研究開発を行う.

・Smart city
街などの広域を対象として効率の良いデータ収集・蓄積と人の行動・状態の理解,参加型センシング,ビッグデータを活用するための技術を確率するための研究開発を行う.

3つのグループの説明には似たような内容が書かれていますが,情報収集を行う対象・規模(範囲)が違います.

このようにユビ研では,研究対象が多岐に渡っているので,やりたい研究あればきっとかなえる事が出来ると思います!
また,非常にメンバーの仲が良いので,研究に遊びにと,楽しく過ごす事が出来ます!
研究も遊びもどっちも楽しみたい方,是非ユビ研メンバーに加わりませんか?

ちなみに...オープンキャンパスのその後ですが...

研究室に残っていたメンバーで,某回転寿司店に食べにいきました.

2014-05-17 19.34.36

2014-05-17 19.34.43

味に厳しそうな北海道出身の安川も美味しいといいながらたくさん食べてました!(マグロばっかり)

2014-05-17 19.45.15

こんな感じのユビ研ですが,遊ぶ時は遊んで,研究する時はしっかりと研究に集中し毎日を過ごしています.
もし興味を持たれましたら,いつでも見学会もありますので是非一度見学にお越し下さい!

オープンキャンパスにお越し下さったたくさんの皆様,ユビ研に足を運んで下さったたくさんの皆様,本当にありがとうございます.

就活支援会社サポーターズの飲み会

みなさん、こんにちはM1の藤澤です。

先日の夜、“サポーターズ”という就活支援会社主催の16卒イベント(飲み会)に行ってきました。今回はこのイベントの様子について報告したいと思います。

場所は登美ケ丘イオン裏にある”がんこ”という少し高級目の和風レストランチェーンで、naistからのバス送迎付きでした。関西出身の僕は、この店のがんこ親父の看板よく見るんですが、入ったことがなかったんで楽しみにしていました♪

IMG_3325

店の前に到着しました。少し携帯のカメラがぶれてしまっていますが、気にしないでくださいww

店に入ると女性従業員が和服を装い、丁寧な接客を施すなかで、奥の別室に案内されました。中に入ると寮生の僕ではほとんど食べる機会がないであろうような料理が並ばれていました。

大体こんな感じです。

IMG_3326

料理はこれで全てじゃなく和食のコース料理ということで、刺身やカニも後から出てきました。残念ながら食べるのに夢中になっていたので、写真取るの忘れていましたwwあと当然飲み放題です。

お酒が入り、盛り上がってきた所で自己紹介が行われました。

好きなプログラミング言語や制作したもの、NAISTに来た理由等について熱く語り合いました。みなさんなかなかユニークでとても楽しいひとときを過ごすことができました。

自己紹介が終わると、サポーターズの小林さんからこれから就職活動をする僕たちに向けてプレゼンをしていただきました。みんな真剣に聞いており、僕自身とても有益な話が聞けました。

IMG_3327

次に就職活動を終えた我がユビ研M2の先輩、杉田さんと永田さんから自身の経験も踏まえた貴重なアドバイスをいただきました。僕も頑張ろうと思いました。

最後に締めということで、イベント参加者全員で写真を取りました。このうち半分以上がユビ研のメンバーでしたww

10359533_695414387182935_6811769883966053394_n

これからもサポーターズのイベントに積極的に参加し、遠い未来ではない就職活動を自分が納得の行くものにしたいです♪

以上

三菱電機 スマートハウス見学

先日,三菱電機の齋藤様にお招き頂き,安本先生,玉井先生,柏本の3人で神奈川県にある三菱電機様のスマートハウスの見学をさせて頂きました.

施設内は写真撮影禁止のため,ほとんど文面だけの簡単な紹介ですが,
今回はその報告をさせて頂きます.

当研究室でもスマートハウスを所有しておりますが.
http://ubi-s13.naist.jp/ubistpage/ubiblog/archives/61

やはりスマートハウスとひとくちに言っても企業が作るスマートハウスと大学等の研究機関が作るスマートハウスの違いを実感しました.

大学等の研究機関が作るスマートハウスの場合は,環境センサなどのデータを収集したり実験をする設備は整っていますが,あくまでも研究を行うための施設なので完成度の高いデモが難しいという部分があります.

一方企業が作るスマートハウスは,研究・開発を行うためのテストベッドという部分もありますが,私達のようなビジタが来た時の開発製品のデモスペースでもあるので,非常に見応えのあるデモンストレーションを見せていただきました.
また,導入されている家電もすべてネットワーク対応家電というのも特筆すべき部分でした.

スマートハウス見学後は,安本先生より大勢の三菱電機の社員の皆様に研究室紹介等をさせていただきました.

その後,懇親会では美味しいコース料理とお酒を頂き,非常にコアな議論をさせていただきました.

見聞させて頂いたことを自分の研究に活かそうと思います.

齋藤様をはじめ,ご案内・議論頂きました三菱電機の社員の皆様,ありがとうございました.

CIMG3091

Misc . 写真があまりにもないので,横浜駅で見かけたもうすぐ消えてなくなる205系の写真を載せておきます.

CIMG3087

ubi研の日常(食事編)

こんにちは。M1の駒井です。

ちょっと前の話になりますが、皆さんはゴールデンウィーク満喫できましたか?
僕は中間テストの勉強やレポートに追われて気がついたらゴールデンウィークが終わっていました。

特にここ数日はテストやレポートの締め切りが迫っていたため、そこそこ遅くまで研究室に残って頑張っていました。結果は察してください。

遅くまで研究室に残っていると気がついたら食堂が閉まっているというのはよくあります。またNAISTの食堂は少しメニューのレパートリーが少なく、たまに飽きが来る時もあります。そういう時には同期の皆で外に食べに行っています。

そこで今回は外食する際にどのようなところに行っているのかということについて、軽く紹介したいと思います。

Continue reading