荒川准教授が UCLA へ! 学生も続々留学予定!

D2松田です。

NAIST周辺は連日猛暑ですが、
Pokemon GO の伝説ポケモン解禁に伴い、
学生・教員は続々と行動変容されています。

荒川先生がアメリカへ!

さて、先週半ばに荒川准教授がUCLAへと出発しました。
これから 1年間の研究滞在です。

16時間の時差をこれから乗り越えていかないといけません。
研究室には世界時計が出現しました。

さらに、2つの「リモート荒川先生」が出現しました。

リモート荒川先生1号「Double」

倒立振子のテレプレゼンスシステムですね。
意外とパワフルで全然コケません。スゲー。

リモート荒川先生2号「自作会議システム」

Skype + Youtube Live + ウェブカメ2台で構成されております。
世界中どこからでもミーティングに参加できます。スゲー。

 

学生たちも続々海外へ!

荒川先生だけではない!
学生たちも続々と海外へと行きます!

  • D2 松田: ドイツ・ウルム大学(1年)
  • D1 中村:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + マンハイム大学(2ヶ月)
  • M2 高橋:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + ウルム大学(2ヶ月)
  • M1 永野:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + ウルム大学(2ヶ月)

海外の研究者とのコラボの機会を頂けるのは、
非常に貴重な体験なので、ぜひそれぞれ何かをゲットしたいですね

 

荒川先生や彼らの海外レポートを楽しみにしていてくださいね\(^o^)/

One month in Germany

Hello everyone,

Hope you are fine at the time you’re reading this blog’s page.
Here I would like to share with you the wonderful 1-month experience in Germany.

We have been in Germany for one month (25 days precisely) from September 12th to October 6th.

This one month there in Germany was different from the other trip abroad. In fact, we were in Germany for 3 reasons:

  1. Attend the International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing a.k.a Ubicomp (UBICOMP 2016)
  2. Two-weeks internship at DFKI (The German Research Center for Artificial Intelligence)
  3. Attend the International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016)

So this one month was about Conference – Internship – Conference, but as you might know, studies go with fun when it comes to me. We left Japan on September 12th and arrived at Frankfurt Airport. We then went to the city that held the first conference: Heidelberg !

at the aiport

We arrived at Heidelberg, checked in at the hotel and got ready for the next day conference. Indeed, our paper was accepted in Ubicomp 2016, for the Workshop was about Anticipatory Systems.

During this workshop, on September 13th, I gave an oral presentation about our work, entitled “Towards Proactive Food Diaries: A Participatory Design Study ”. In this work, we discussed users’ ideas on how to design better applications and system for tracking experiences, especially eating activities. According to the audience, the presentation was good, and I received many questions and feedback about how to improve the work.

20160913_165626

My lab-mate Nakamura, also presented his work in another workshop and I think he did well. He got the Award of Best Demo in UBICOMP 2016.

IMG_9170

My other lab-mate Maeda, also presented his research work, about Smart office (Smart desktop) to monitor the stress of office employees.

The conference lasted 4 days, (September 12th – 16th) and after presentations and demo sessions of the conference, we took the opportunity to visit the wonderful city of Heidelberg and enjoy the great foods and beer of this city.  Heidelberg is a popular tourist destination due to its romantic and picturesque cityscape (according to Wikipedia), but for me, this town is a really nice place that combines the old style of town and the modern design of town. I really enjoyed the visit of the Heidelberg Castle. We visited this castle two times in the same day!

20160915_165853

20160915_170219

IMG_9205

After UBICOMP ended, we went to Kaiserslautern for the next 2 weeks internship in DFKI.  In Kaiserslautern, instead of staying in a hotel, we (3 students) decided to rent a flat (apartment) for the 2 weeks (AirBnb). Our flat was very well located, 2 mins walk to the center of the town where are all the best shops, restaurants, and mall of the city. Since we didn’t stay in a hotel, we needed to buy and cook our meals. Staying in the same flat, allowed us to know about each other “Kitchen skills and talents”. We had to cook, clean and study every day after the internship working hours. It was really a fun and interesting. For the story, the bathroom of the apartment had some evacuation problem for 1~2 days. After taking shower, the water couldn’t go and stagnate, so we need to fetch it and put in the toilet. Don’t worry, the apartment’s owner fixed the problem really quickly than expected.

IMG_9465

In DFKI, we started our 2 weeks internship on Monday, 19th Sept. by an introduction meeting arranged by Prof. Dr. Andreas Dengel and his wonderful secretary Ms Brigitte Selzer.
Prof. Dr. Andreas Dengel is the Director of the Knowledge Management Reseach Department of DFKI. He is the one that allowed us to have this internship in DFKI, and I would like to express here, my gratitude to him.

Prof. Dr. Andreas Dengel and my Supervisor Professor Yutaka Arakawa have been working together, some years ago. Thanks to these two men, we also met wonderful researchers in DFKI, like Bo Zhou (Joey) and Ishimaru Shoya.

IMG_9454

During my Master years, I read most of the paper written by Bo Zhou. So when I had the opportunity to go to DFKI, I was really interested in meeting the guy and work with him. His work on the “textile pressure sensing matrix” was my real interest.

After the introduction meeting, we were asked to join the group we want to work with. So I join, the Embedded Intelligence Research group, directed by Prof. Dr. Paul Lukowicz. In this research group, over the 2 weeks, I have been taught on the textile pressure sensing matrix, by Bo Zhou with his 2 Master students Ankur Mawandia and Heber Cruz. Together, we discussed some new uses of the pressure matrix, designed a new board and two new smart-objects for upcoming research.

Our 2 weeks internship in DFKI ended with a final presentation meeting in front of DFKI researchers, students and our supervisor professor. They were all happy with the results we got just after two weeks and gave us some encouragement words to continue working on what we started in DFKI.

The internship finished on Friday 30th, and the next day was October 1st.
Guess what we did, on Saturday 1st October in Germany!!!!
Easy, right? We went for Oktoberfest in Munich!!! We got the train on Saturday morning, full of Young German, especially well-dressed with the traditional german clothes (I really like this traditional cloth) and arrived in Munich around 2pm, and it was CROWDED.
People drinking, laughing, eating, playing, dancing,…… PEOPLE HAVING FUN.

20161001_165418

20161001_153434

The next day (Sunday), we went to watch the soccer game at the Kaiserslautern Stadium. The local team (KFC) was playing again the 15th club of the season (I can’t remember the name).

14470463_1479916812022168_8839567257166408121_n

Monday 4th October started the second Conference: ICMU 2016, also held in Kaiserslautern.

I presented our work entitled “HappyInu: Exploring how to use games and extrinsic rewards for consistent food tracking behavior”. In this work, we describe our to use game and rewards to model and change people behavior.

IMG_0124

Matsuda presented his work about the smart-belt uses to monitor eating activity and posture detection, while Nakamura introduced the Senstick sensors. Senstick is a sensor designed in our laboratory which is really useful to sense various things, from shoes to chopsticks.

IMG_0131

IMG_0095

During this conference, we had the opportunity to discuss with more researchers, especially those coming from Japan. In the last day of the conference, we had an excursion and a banquet in a winery, where we savored 6 different kinds of wine of the season.

After all these, we had to leave Germany on October 6th. So, after the wine degustation, we went back to the apartment, packed our stuff, and cleaned the apartment. We left Frankfurt Airport on Thursday 06th, at 7:20 pm.

This one month in Germany was for me about STUDY, LEARN and FUN.!!!! Really great country with really nice and warm people! Danke Schone !!! Hope to go back again there soon. 

20161006_165347

オウル大学短期留学 − 後編 −

Moi! Minä olen Shogo!

フィンランドでの短期留学が終了し昨日無事帰国いたしました!

中間報告する予定だったのですが,サボってしまいましたのでまとめてフィンランドで行っていた研究や文化・観光について報告したいと思います!

 

◇ 研究篇

これまでは,企業との共同研究として自転車レースに関係したサービスの開発を行ってきましたが,今回オウル大学では一般道,一般の自転車ユーザを対象とし,自転車走行中に車両が接近したことをユーザに対して通知するシステムの開発を行いました.研究としてメインに行いたかったのは,”自転車に乗りながらどうすれば車道を走行する自動車の車両を検出できるか” ということろです.

本通知システムでは,自転車ユーザへの通知方法の一例としてメガネ型デバイス,データ収集・処理にスマートフォンを用いています.
この通知用のメガネ型デバイスは昨年度1年間オウル大学に行っておられた柏本さんが作成された物で,スマートフォンとBLE接続しスマホアプリから操作することでメガネの任意の部分(LEDが14個程度ついています)が発光し,通知を行います.
本来このメガネは軽度の認知症を持った高齢者のナビゲーション向けに作成されたものでしたが,今回は自転車ユーザへの通知に転用しています.

IMG_2775

接近車両の検出はスマートフォンに搭載されているセンサ類を用いて行います.
外付けのセンサを使うと実用面に向けて問題がでてしまうため,スマートフォンに搭載された限られたセンサ類を用いてどうすれば検出できるかを考え,確認するために実験を行いました.

IMG_1894

オウルの町並みは本当に自然豊かでキレイな上,自転車道や歩道の整備が非常に行き届いており,オウル市内だけで歩行者・自転車専用道が総距離800kmも広がっているそうです.
実験を行った日は天気も非常によく自転車好きの僕としては気持ちよくサイクリングをしながらデータ収集ができました (‘▽’*)(まぁ,天気の良い日を狙って実験をしたのですが…笑
しかしながら,日本とは違って整備の整った環境でデータ収集ができたのは本当にいい機会でした.

得られた結果からWekaを用いて車両検出のための決定木を柏本さんに手伝っていただき作成しました.
その結果をスマートフォン(Android)アプリケーションとして実装を行ないました.
最終的に目的としていた所までは行けなかったのですが,帰国後(これから)詰めて完成させたいと思います!

最終発表を帰国二日前に予定していたのですが,体調を崩されて学校に来られておられず,最後までPulli先生に僕の研究を説明することができませんでした..
非常に残念ではありますが,とにかくインターンを受け入れてくださった事に感謝いたします.

また,研究や生活のことを色々含めて面倒を見てくれたAryanには本当に感謝しています.

ありがとうございました!

 


◇ 文化交流・観光篇

インターンとはいえ,もちろん休日はございましたので,各週末や放課後にはさまざまなことを行いました,
オウル大学の語学学習サークルのようなCafe lingua や フィン日協会のイベントなどフィンランド人の方々との交流も行いました!
フィンランド人のパーソナリティは日本人に少し似ている部分があって,シャイで物静かだけど,とっても優しい人ばかりでした.

(バーでの写真しか残ってない…)

14458844_10205769533677371_1111401667_nIMG_1922   IMG_1924

交流会では主に英語で会話していましたが,2,3人で話している分には概ね理解して話ができる感じはするのですが,4人以上の会話になると理解するのも大変で話をする以前の状態な感じがしました…
日常会話の中でも様々な学びがありましたが,同時にもっと英語勉強しないといけないなと痛感いたしました…

 


 

また,様々な場所へ観光も行きましたよ!

まず,フィンランドと言えば…!

 

 

 

 

そう!

 

 
サンタさんですね!
フィンランドには Santa Claus Village というところがあり,そこには会いにいけるサンタさんがいます.
サンタさんに握手するために,CDやチケットを買う必要はありません,行けばもれなく握手してお話することができます.

手は温かくて,とにかく優しい表情で色々なお話をしてくださいます.
ハタチも越えたいい大人ではありますが,サンタさんの前では童心に返って “本当にサンタさんはいたんだ!” なんて気持ちにさせてくれます.
そして,思い出に記念撮影までしてくださりとてもいい写真が取れました(下写真参照)

 

IMG_1996

 

ええ,サンタさんはとても素晴らしい人でした.

 

しかし,

 

この写真…なんと

 

 

40€(約5000円)もするんです!!!

 

サンタさんも慈善事業でやってんじゃねーんだぞってことですよ!!

 

と,冗談はさておき,サンタさんに無事会うことができました.


 

最後の週末には,一泊二日でヘルシンキとエストニアのタリンへ弾丸旅行してきました.ヘルシンキにはとにかく大きな教会や近代美術館がたくさんあり,ヨーロッパの芸術や文化に触れることができました.
石造りのヘルシンキではテンペリアウキオ教会やヘルシンキ大聖堂,タリンではアレクサンドル・ネフスキー大聖堂や聖オラフ教会などなどたくさんの教会を訪れましたが,特に美しかったのが左下写真に示すウスペンスキー寺院でした.
外観も内装もとにかく美しかったです.こんなのが近くにあったらキリスト教になってしまうのも頷けます(違う).

タリンへはヘルシンキからフェリーで2時間ほどでつきます.
タリンの旧市街は街全体が世界遺産となっております.
赤レンガの屋根があたり一面に見渡すことができ本当に美しかったです.
右下の写真は聖オラフ教会のてっぺんまで登って撮影しましたが非常に高い上足場がすごく狭かったので美しさを感じるのと同時期恐怖も感じていました…

IMG_2212   IMG_2519


 

そして北極圏付近で見れるものといえば…!オーロラ!
IMG_2802

帰国前日に見ることができました!! 更には一緒に写真におさめることもできました.
死ぬまでに一度見てみたいと思っていたことが想像以上に早く叶えられてしまいました.
本当に見れるとは思ってなく,すごくきれいだったのですごくテンションあがりました!!

とにかく一瞬で過ぎていったオウルでの1ヶ月間でした.
また,チャンスがあったらもう一度行きたいものです.

チャンスを得るためにも研究等もっと頑張っていこうと思います!!
この度は,貴重な機会を与えてくださったり,手続きに関わっていただいた諸先生方本当にありがとうございました!

(研究に関してはどこまで詳しく書いていいのかわからないので簡素に書いたためただの文化交流・観光篇がメインになってしまいました…笑)

それでは〜 Moimoi !!

Internship in Sanfrancisco

みなさん、ご無沙汰しております。
Ubi研M1の松田です。

なんと、アメリカの西海岸、サンフランシスコに来ております。
EverySenseという会社にお邪魔させてもらっています。

現状を簡単にレポートします。


Day 1

12日 16:40 KIX発 〜 12日 10:35 SFO 着 という時間の遡りを感じつつ、入国。
二回目以降の渡米では、ESTAがあるので入国審査はとても簡単に行けるみたいです。

空港で EverySense の真野さんに拾ってもらい、
サンフランシスコ北部を案内してもらいました。
Fisherman’s wharf や Golden Gate Bridge 等…
休日ともあり、非常に多くの人で賑わっていました。

IMG_20150912_140752 IMG_20150912_141703

ネットでしか見たことがない BestBuy で必要な物を調達し、
日用品なども調達しました。
DAISO や ミツワ など、日本の企業が多く海外進出していてびっくりデス。
(なお、DAISOは100均ではなく、1.5ドル均 = 180均 でした)

IMG_20150912_124506


 

Day 2

朝から San Jose へ。
Caltrain というバカデカい電車に乗り、移動。
切符のシステムが結構ややこしい(表示が多く順番がわかりづらい!)

IMG_8930

いつもお世話になっているAdobeの本社や、San Jose State University、San Jose Museum of Art といった所を周りました。
町のそこら中にリスが居るのにはびっくりしました。そして可愛い。

IMG_8945

わからないところを聞いたり、街ゆく人に写真を撮ってもらったり(※日本国内ですら頼まないタイプの人なので、不審な人になっていたかも)。
この不審感が帰るまでになくなるよう頑張ります()

IMG_8975 IMG_8954


 

Day 3

お仕事開始。
EverySenseの開発しているアプリのAndroid版を新たに作成するということで、
今日はiPhone版の仕様や新規機能などの打ち合わせ。

昼からは、Kickstarter で大成功を収めた Vufine, inc. を訪問しました。
クラウドファウンディングに掛かる経費や、モノを実際に製造発注する際のコストといった、
実際に挑戦している方の話を聞くことができ、自分たちも頑張らないとな…と、思うばかりです。(主に資金調達ですが)

「おなかのげんじつ」も少し紹介させてもらい、意見などを頂きました。
これから考えることは山積みのようです(。ŏ﹏ŏ)

IMG_20150914_143409


 

世界を舞台に活躍されている方にたくさん出会い、
刺激をたくさん受けられる二週間になりそうです。

EverySense の開発も始まったばかり。
これから頑張ります!

Human-Computer Interaction(HCI)に関する世界最大の国際会議ACM CHIに参加してきました!

お疲れ様です,D1の平部です.
皆さんはCHIという国際会議をご存知でしょうか?
CHIはHuman-Computer Interaction(HCI)に関する世界最大の国際会議でACM CHIと呼ばれています.
HCIとは,ユーザーインターフェース(UI)デザイン設計や,インタラクション(機械の振る舞い方)デザインの設計や提案といった,人とコンピュータ(機械)との関係かついての研究分野です.
今年、2015年は韓国ソウルが会場であり,約3000人が集まったそうです.(しかし例年は6000人が参加するので,今回は少ないんだとか…。)
今回はこのCHIが開催されてきて初めて!アジアで開かれる,そして私の研究内容(スマートフォンで人のコンテキスト(状態)を推定する)からすると目指すべき最難関国際会議でもあるというこで,どのような研究が行われているかを調査しに4日間CHIに参加してきました!(荒川先生,今回は連れて行って頂き本当にありがとうございます.)

会場は人でいっぱいでした!
IMG_0012
IMG_0013

オープニングトーク終了後,早速セッションが始まりました.最初は学生デモセッションです.こちらは,透明の薄型ディスプレイを挟んで2人のプレーヤがお互いにゲームを行うデモです.様々なデモがある中で,この2人が一番楽しそうにしていたので今回はこのデモの写真をのせます.
IMG_0014

学生デモセッション終了後も,4日間を通してレベルが高い様々な研究発表が行われました.
例えばこれは,J!NS MEME(https://www.jins-jp.com/jinsmeme/)と呼ばれる人の瞬きの回数や見ている方向を追跡できるメガネ型デバイス(機械)を開発している研究です.かけさせてもらいました!思った以上に眼鏡が大きかった…。デバイスとの相性でデータが上手く取れない人がいるため,万人に使ってもらえるようにデバイスを改良することが,今後の課題だそうです.
IMG_6352

次にこちらは,片手でスマートフォンを持っている時に,ユーザの親指がどこまで届くか(端末を傾ける角度はどれくらいか)を調べることで手やデバイスの大きさに対してどのような操作がユーザに適切かを提案した研究です.
私の研究に非常に関連するもので,発表やスライド,質疑,どれも全てレベルが高く非常に参考になりました.
IMG_0063

また,初めて観たプレゼンが有りました.それはプレゼント中で何故かマジックが始まるものです.
なんでマジック???と思いましたが,その研究は「人に気づかれにくいデバイスの開発」であり,だからマジックなのか…!と見せ方のうまさを学んだ研究発表でした.
IMG_0058

この他にもたくさんおもしろい研究があったのですが…CHIでは同じ時間に同時並行で様々なテーマのセッションが行われるため,面白い研究が多すぎて見れない!え。。。選ぶしかない、なんてこった…という苦渋の決断を多々迫られました.こんな会議は初めてで,全体としてのレベルの高さが伺えました.CHIならではといったところでしょうか.
興味がある人は,CHIの公式ページから好きなテーマを探せますので,ぜひ一度見てみてはどうでしょうか?きっと気になるテーマが見つかるはず…!http://chi2015.acm.org/program/full-schedule/#focus

また,CHIに参加した日本人の交流を深めようという趣旨のもとにCHI2015 Japan Nightが開かれました.
この分野でTopを走っている方々に会えて刺激的でした.
IMG_6351
MIT Medeia Lab所長を務めたこともある(現在は副所長),石井裕先生がいらっしゃっていました!(超有名人です)
石井先生の言葉で印象に残ったのは,「誰もやったことのないもので勝負しろ!ブルー・オーシャンを目指せ、研究はヴィジョンが重要です」というものです.言葉の重みが違います…。
IMG_6349
***MIT Media Labや石井裕先生について知りたい方はこちら***
・MIT Media Lab公式ページ:http://www.media.mit.edu/
・石井裕先生 MIT Media Lab 公式ホームページ:http://tangible.media.mit.edu/person/hiroshi-ishii/
・TEDxSapporo 石井裕先生のスピーチ(日本語です):http://tedxsapporo.com/speakers/hiroshi-ishii/

CHIに参加する一方,プログラムの途中で休憩時間があったので,その間に周りにある観光地に少しだけ行ってきました.
基本的に,大きな寺院が多かったです!
IMG_0131

IMG_0040

IMG_0134

IMG_0137

また,お昼ごろのブレイクタイムや晩御飯の時間を利用して韓国料理を堪能してきました.安い!そして、、、おーいーしーーーい!!!
焼き肉を食べて至福の顔をした平部がこちらになります.
こんな美味しそうな顔、自分でも観たことありません.
IMG_6348

その他にも美味しいものがいっぱい有りました!楽しい〜
IMG_0164

IMG_0084

IMG_0085

IMG_0160

IMG_0161

IMG_0162

今回のCHI2015では,世界最大,そして最難関と呼ばれる国際会議の雰囲気や研究・発表レベルを知ることができて本当に良かったです.今後もCHIを目指して研究を頑張ります.
国際会議に興味のあるラボの皆さん,CHI,お勧めです!

ユビキタスコンピューティングシステム研究室(ユビ研)では,今回紹介したCHIに関連した研究を多く行っています.
もし,CHI2015(http://chi2015.acm.org/program/full-schedule/#focus)の研究で興味があるものがあったなら…
是非ユビ研にご連絡ください!いつでも見学にいらしてくださいね:)
ユビ研ではCHI以外にも,様々なハイレベルの国際会議や国内研究会に多くの研究成果を発表し,各々たくさんの賞を頂いています.またアプリコンテストへの参加もそれぞれが熱心に行っており,こちらも毎年最優秀賞受賞者が出ています.詳しくは,以下ホームページよりどうぞ!
ユビ研ホームページ:http://ubi-lab.naist.jp/

どうでしょう?だんだんユビ研に興味が湧いてきましたか?
ユビ研に興味がある見学希望の方は,5月に行われるオープンキャンパスに参加されるのもお勧めです.
NAISTオープンキャンパス紹介ページ:http://isw3.naist.jp/IS/PubWG/OpenCampus1505/index.html
ユビ研だけでなく様々な研究室を見学できて,とてもお得☆
このブログを見ていてnaistに少しでも興味のあるあなたに,お会いできる日を楽しみにしています!

平部