ドイツ短期滞在記 – 生活編

UbiComp2016 と ICMU2016 の会期の合間 2週間に、D1 Elder、D1 松田、M2 中村 が DFKI Kaiserslautern で研究滞在をさせていただいています!
ドイツ滞在での、どたばた生活を少しばかりレポートします!

IMG_9091


 

■ 海外では必須タスクの通信手段確保

海外に来たときにまずすること、それは通信手段を確保することですよね!
例に漏れず、私たちも各々で通信手段を確立しようとしたのですが…。
これが初見殺しの作業だったわけです。

◇ 安いSIMはスーパーマーケット・薬局で

そんなん知らんがな!という感じですが、ドイツにおいては、安いプリペイドSIMカードはスーパーマーケット・薬局で入手可能なのだそうです。
今回は Vodafone 系列の LIDL Connect(14.99 € : 5GB/30days)を利用することに。

IMG_9136

◇ 手続きは面倒かつミスれば大変なことに…

スーパーでSIMカードを購入し、いざ、アクティベート!と、利用者登録をするのですが…、登録完了までに3時間は必要なのだそうで早速待ちぼうけ…。
3時間後、ようやくログインできるようになりアクティベートが完了したようです。
しかし──────。
データ通信を解禁すると何故か、最初に買った 15 € 分のデータ通信容量が 14.89 € に…。どこに行ったんだ 0.11 € ッ!!!
さらに、上記 5GBプランを契約できていないことがわかり、追加で 5 € 買うことになったのでした…(荒川先生とM2中村が、人柱になりました)

◇ データSIMは極細回線

Vodafone, T-mobile, O2 などといったキャリアの回線を利用してるのですが、データSIMは LTEが入らないそうです(最高で H 表示)。しかも、その細い回線の範囲も心許なく、すぐに E や G などといった表示に…。
ちなみにVodafone or T-mobile が範囲的にはまだ広いそうです。


 

■ Kaiserslautern での日常生活

Kaiserslautern はフランスに非常に近いドイツ西側の街で、緯度的には北海道よりも北に位置します。当然ながらとても寒いです(北海道民談)。まだ9月の半ばですが、街の人もコートやマフラーを付けて歩いているぐらいです。
(暑い日が殆どないらしく、エアコンは基本的にどこにも無いそうです。)

IMG_9443IMG_9454

そんな街で、3人の共同生活を送る滞在先は、なんと2LDK!
とても綺麗でかつ充実した設備に感動しつつ、共同生活をスタートしました。
食事は自己調達なので料理をしたり(コートジボワール料理を Elder から教えてもらったり)、もちろんDFKIに行ってのディスカッションや研究開発など。
1週間を終えた現在、とても充実した生活をおくることが出来ています。

すべてが順調かというと、そんな訳もなく、立て続けにトラブルに見舞われています(。ŏ﹏ŏ)

◇ 流れなくなるシャワーの排水口

4日目ごろから怪しい雰囲気になってきて、トイレが水浸しになる事件が…!管理人さんにお願いしていますが、いつ回復するのやら…。

◇ 突然の停電

不意打ちでした。急に停電したときのために、ブレーカーの位置は確認しておくべきでしたね。管理人さん曰く、部屋の何処かにあるらしいのでこれから探します(まだ見つかってない)。
あと、洗濯物を一気に片付けようとすると停電したときに着る服がなくなるのでそれも要注意です。

IMG_9465


 

この他にも、クレカが意外と使えなかったり、電車の券売機が分かりにくすぎたり(割引チケットは隠されている)、電車が1時間程度遅れたりと色々とぶつかりながら、日々を送っております。

 

現場からは以上です(`・ω・´)ゞ