IEICE HPB第13回研究会@熱海 に参加しました

毎度おなじみ M1 の松田でございます。
6月も半ばを超え、もう少しで今年度の 1/4 が終了するわけです(オソロシイネー

さて、6/18,19 の2日間、電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンプローブ研究会(IEICE HPB)の第13回研究会に参加してきましたので報告します(`・ω・´)ゞ

ヒューマンプローブ研究会とは、

本研究会では,モバイル通信,センサ解析,GIS,ITS,人間行動学,参加型センシング,インタラクティブデザイン,観光,人と場所のつながりデザイン,などに関連する分野を中心として,分野横断的な研究交流を積極的に進めている研究会 — IEICE HPB第13回研究会@熱海 概要より

です。

松田の研究テーマである、「スマートフォン搭載照度センサを用いた、ユーザ参加型センシングによる夜道の安全性判定」と合致することもあり、参加させていただきました。(IEICEの研究会は初でした!)


1日目(ナイトセッション)

1日目は、夜からスタート。
参加されている先生方の近況や活動について、紹介していただきました。

この研究会、土木分野の参加者も多く、普段聞かない話も聞くことが出来ました。
(新しい学問が誕生する瞬間にも立ち会えました)

IMG_5704IMG_5679

 


2日目(招待講演・一般講演)

2日目は、招待講演と一般講演セッション。
荒川先生が招待講演、松田が一般講演での発表でした。

NAIST所属での初発表でしたが、良い議論ができたと思います。
ゲーミフィケーションなどのユーザのモチベーション向上に関する内容は、初挑戦の分野だったので、アドバイスを頂けたのは良かったです(^O^)
参加者の皆さん、ありがとうございました(*´∀`*)

10996351_10205717427468827_3132464270023770883_oIMG_5716そして、次の研究がはじまるのです。

研究室旅行 at 伊勢・鳥羽

研究室旅行の帰りの車中で旅を振り返ります。
M1の松田です。

研究室旅行とは、「学生・先生の垣根を超えた交流により、親睦を深めるためのイベント」みたいな感じです。(たぶん)
ユビ研では、年に1,2回行くそうです。

そして、今回の行き先は「伊勢・鳥羽」!
イベント係の学生(M2 宵さん、松本さん、駒井さん、藤澤さん、他)が色々とアレンジしてくださいました。アリガトゴジャイマース!!


1日目 伊勢神宮/海釣り

1日目は、3班に分かれて、色々と散策したり、釣りしたり。

伊勢神宮巡りでは、外宮から始まり内宮までをみんなで歩きました。
建物は同じ敷地が2つ隣り合わせになっていて、20年に一度の式年遷宮で場所を入れ替えるそうです(しかも全て!びっくりデスねー)。

海釣りでは、教授の安本先生が釣りの名人ということで、みんなで教わりながら挑戦してみました。場所は、宿泊する旅館の近くの海釣りスポット(4.5時間ほど)。
最初はなかなか釣れなかったですが、最終的には全員が1匹以上釣り上げることができました(僕は4匹でした)。

釣り方を教え合ったり、誰かが釣り上げるたびに記念撮影するなど、親睦はかなり深まったんではないでしょうか。
IMG_5383IMG_5368
IMG_5388

 

なんと釣った魚は調理していただけました(・o・)IMG_5391

 

頂きます!IMG_5408

 

夜も全員で集まって夜が更けるまで語り合いました…(*´艸`*)
M1の知られざる素顔が暴かれる一面も…!!

 


2日目 鳥羽水族館/温泉

 

2日目は、鳥羽水族館と温泉。

学生・先生の混合グループで館内外を探索しました。
ショーを見て回るグループや、まったり回るグループ、はたまた水族館近くの廃墟まで足を伸ばすグループも…
留学生グループに混ぜてもらいましたが、いつもと違う人と一緒に見て回るのは新鮮でいいですね!(話す練習にもなった(?))

ラッコの餌やりがぐうかわでした(*´∀`*

↓ ペンギンも。
IMG_5598

↓ 最後は全員で記念撮影!IMG_5645

また近いうちに行きたいですね!
M1イベント係の次回作に乞うご期待!

オムロンコトチャレンジで最優秀賞を受賞しました

皆さんこんばんは。
入学から既に2ヶ月が経ち、研究室に棲みついているM1松田です。

研究テーマの一つとして取り組んでいるプロジェクト「おなかのげんじつ」が、
ハードウェアスタートアップのインキュベーションプログラムとして、オムロンベンチャーズ(株)が主催する、”オムロンコトチャレンジ” で 「最優秀賞」を受賞しました。

「おなかのげんじつ」は、ウエスト測定が可能なベルト型ウェアラブルデバイスです。ベルトを着用する、というごく日常的な動作で手軽なウエスト測定を実現する、というものです。

このプログラムは、3ヶ月間という短い間で「開発」と「メンタリング」を重ねつつ、それぞれのアイデアを形にするものです。
最終成果報告会として設けられた 6/6(土)の DemoDay では、スタートアップ支援企業やメディア関連など、多くの人の前で、開発したプロダクトをプレゼンしました。

審査員の講評や来場者からは、着眼点、プレゼンをはじめWebアンケートを通じた市場調査や、プロダクトの完成度などが高く評価されました。

これから製品化を目指し、クラウドファウンディングを含めた資金調達をはじめ、メンバー増強、測定精度向上に取り組んでいきます!

IMG_5102
↑ スライドのプロット

IMG_5170
↑ デモブースの様子

IMG_5221↑ メンターさんとメンバー

英語レッスンはじめました

6月に突入しましたね。
NAIST第1回入学試験の出願までもう少し。
去年の今頃はガリガリ小論文書いていたな、と懐かしい気分になっているM1松田です。

UBI研では、いろいろな学生がいろいろな国際学会に出席することもあり、英語でのコミュニケーションが重要になります。
幸い、UBI研には留学生が多く在籍していますので、学ぶ機会は豊富にあります。

といっても、英会話があまり得意でない学生も居ますよね。

 

…僕です。

 

でも英会話できるようになりたい!
ということで、M2のエルダさんにお願いし、英語レッスンを開催していただくことになりました。

初回のテーマは、「桜センサを紹介する」でした。
なお、「桜センサ」は、Ubicomp2015のFullPaperとして採択されたテーマです。

IMG_6811

リラックスして話すことって、難しいですね。
次回への課題になりそうです。

これから週2回のペースで開催する予定です。頑張るぞい!

 

次回は 6/3、テーマは「ウエスト自動測定ベルトを紹介する」です。

レッスンゴレライ!