オウル大学短期留学 − 後編 −

Moi! Minä olen Shogo!

フィンランドでの短期留学が終了し昨日無事帰国いたしました!

中間報告する予定だったのですが,サボってしまいましたのでまとめてフィンランドで行っていた研究や文化・観光について報告したいと思います!

 

◇ 研究篇

これまでは,企業との共同研究として自転車レースに関係したサービスの開発を行ってきましたが,今回オウル大学では一般道,一般の自転車ユーザを対象とし,自転車走行中に車両が接近したことをユーザに対して通知するシステムの開発を行いました.研究としてメインに行いたかったのは,”自転車に乗りながらどうすれば車道を走行する自動車の車両を検出できるか” ということろです.

本通知システムでは,自転車ユーザへの通知方法の一例としてメガネ型デバイス,データ収集・処理にスマートフォンを用いています.
この通知用のメガネ型デバイスは昨年度1年間オウル大学に行っておられた柏本さんが作成された物で,スマートフォンとBLE接続しスマホアプリから操作することでメガネの任意の部分(LEDが14個程度ついています)が発光し,通知を行います.
本来このメガネは軽度の認知症を持った高齢者のナビゲーション向けに作成されたものでしたが,今回は自転車ユーザへの通知に転用しています.

IMG_2775

接近車両の検出はスマートフォンに搭載されているセンサ類を用いて行います.
外付けのセンサを使うと実用面に向けて問題がでてしまうため,スマートフォンに搭載された限られたセンサ類を用いてどうすれば検出できるかを考え,確認するために実験を行いました.

IMG_1894

オウルの町並みは本当に自然豊かでキレイな上,自転車道や歩道の整備が非常に行き届いており,オウル市内だけで歩行者・自転車専用道が総距離800kmも広がっているそうです.
実験を行った日は天気も非常によく自転車好きの僕としては気持ちよくサイクリングをしながらデータ収集ができました (‘▽’*)(まぁ,天気の良い日を狙って実験をしたのですが…笑
しかしながら,日本とは違って整備の整った環境でデータ収集ができたのは本当にいい機会でした.

得られた結果からWekaを用いて車両検出のための決定木を柏本さんに手伝っていただき作成しました.
その結果をスマートフォン(Android)アプリケーションとして実装を行ないました.
最終的に目的としていた所までは行けなかったのですが,帰国後(これから)詰めて完成させたいと思います!

最終発表を帰国二日前に予定していたのですが,体調を崩されて学校に来られておられず,最後までPulli先生に僕の研究を説明することができませんでした..
非常に残念ではありますが,とにかくインターンを受け入れてくださった事に感謝いたします.

また,研究や生活のことを色々含めて面倒を見てくれたAryanには本当に感謝しています.

ありがとうございました!

 


◇ 文化交流・観光篇

インターンとはいえ,もちろん休日はございましたので,各週末や放課後にはさまざまなことを行いました,
オウル大学の語学学習サークルのようなCafe lingua や フィン日協会のイベントなどフィンランド人の方々との交流も行いました!
フィンランド人のパーソナリティは日本人に少し似ている部分があって,シャイで物静かだけど,とっても優しい人ばかりでした.

(バーでの写真しか残ってない…)

14458844_10205769533677371_1111401667_nIMG_1922   IMG_1924

交流会では主に英語で会話していましたが,2,3人で話している分には概ね理解して話ができる感じはするのですが,4人以上の会話になると理解するのも大変で話をする以前の状態な感じがしました…
日常会話の中でも様々な学びがありましたが,同時にもっと英語勉強しないといけないなと痛感いたしました…

 


 

また,様々な場所へ観光も行きましたよ!

まず,フィンランドと言えば…!

 

 

 

 

そう!

 

 
サンタさんですね!
フィンランドには Santa Claus Village というところがあり,そこには会いにいけるサンタさんがいます.
サンタさんに握手するために,CDやチケットを買う必要はありません,行けばもれなく握手してお話することができます.

手は温かくて,とにかく優しい表情で色々なお話をしてくださいます.
ハタチも越えたいい大人ではありますが,サンタさんの前では童心に返って “本当にサンタさんはいたんだ!” なんて気持ちにさせてくれます.
そして,思い出に記念撮影までしてくださりとてもいい写真が取れました(下写真参照)

 

IMG_1996

 

ええ,サンタさんはとても素晴らしい人でした.

 

しかし,

 

この写真…なんと

 

 

40€(約5000円)もするんです!!!

 

サンタさんも慈善事業でやってんじゃねーんだぞってことですよ!!

 

と,冗談はさておき,サンタさんに無事会うことができました.


 

最後の週末には,一泊二日でヘルシンキとエストニアのタリンへ弾丸旅行してきました.ヘルシンキにはとにかく大きな教会や近代美術館がたくさんあり,ヨーロッパの芸術や文化に触れることができました.
石造りのヘルシンキではテンペリアウキオ教会やヘルシンキ大聖堂,タリンではアレクサンドル・ネフスキー大聖堂や聖オラフ教会などなどたくさんの教会を訪れましたが,特に美しかったのが左下写真に示すウスペンスキー寺院でした.
外観も内装もとにかく美しかったです.こんなのが近くにあったらキリスト教になってしまうのも頷けます(違う).

タリンへはヘルシンキからフェリーで2時間ほどでつきます.
タリンの旧市街は街全体が世界遺産となっております.
赤レンガの屋根があたり一面に見渡すことができ本当に美しかったです.
右下の写真は聖オラフ教会のてっぺんまで登って撮影しましたが非常に高い上足場がすごく狭かったので美しさを感じるのと同時期恐怖も感じていました…

IMG_2212   IMG_2519


 

そして北極圏付近で見れるものといえば…!オーロラ!
IMG_2802

帰国前日に見ることができました!! 更には一緒に写真におさめることもできました.
死ぬまでに一度見てみたいと思っていたことが想像以上に早く叶えられてしまいました.
本当に見れるとは思ってなく,すごくきれいだったのですごくテンションあがりました!!

とにかく一瞬で過ぎていったオウルでの1ヶ月間でした.
また,チャンスがあったらもう一度行きたいものです.

チャンスを得るためにも研究等もっと頑張っていこうと思います!!
この度は,貴重な機会を与えてくださったり,手続きに関わっていただいた諸先生方本当にありがとうございました!

(研究に関してはどこまで詳しく書いていいのかわからないので簡素に書いたためただの文化交流・観光篇がメインになってしまいました…笑)

それでは〜 Moimoi !!