研究室旅行に行ってきました!!![2日目]

なんだ,この圧倒的なホテルのパンフレット感は.

こんにちは.M1の佐野です.
写真を見返していると素晴らしい写真があったので紹介しました.
大西くんに続き,研究室旅行2日目について書きたいと思います.

この日の予定は,琴平での自由行動とうどん作り体験がメインでした!
自由行動では,階段を登ってこんぴらさんの本宮に行くグループと,参道辺りを散策するグループに分かれていました.
この日は天気が良く非常に暑かったこともあり,割と散策組が多かった気がします.
汗だくになりながら途中まで登りましたが,この階段を目の当たりにして絶望し棄権しました…
あの暑さの中で登り降りする方々には頭が上がりません(笑)
785段(奥までは1368段)ですよ…
登った方の写真ではこんな感じだったみたいです.
杖を持っていると何かそれっぽい雰囲気を感じますね!
階段を登った先の境内(500/785くらい)にはカフェがあったみたいです.
お店は神椿(資生堂パーラー).
美味しそうなパフェの後ろに怪しい目つきの男が写ってしまっていますね,すみません.
ちなみに散策組の一部は参道辺りのカフェでゆっくりしていました.
クーラー最高.
次はうどん作り体験です.
中野うどん学校に行ってきました!
ここでは自分たちでうどんを作って食べることができます.
皆さんエプロンをつけて調理開始です.
荒川先生ものすごく似合ってます!
ここで生地作りの講義がありました.
使用する塩水の量や配合は季節毎に変えるみたいです.
これは知らなかった!
話の後,生地を伸ばしてから包丁で切りました.
これが意外と難しい!
私のはうどんというよりきしめんでした(笑)
あとは持ち帰り用の生地作りです.
この生地作りのプロセスに中野うどん学校のこだわりがありました.
うどん学校で撮影されたとは思えない…
生地を踏んで伸ばすため,皆さん曲に合わせて踊っています!
曲は西城秀樹の「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」からDA PUMPの「U.S.A」までノリノリの選曲でした.
「U.S.A」を入れているあたり,トレンドを取り入れた素晴らしいカリキュラムですね.
最後は全員で作ったうどんを食べました!
形はあまりよろしくなかったですが,自分で作ったうどんは美味しかったです!
帰ってきてからも悲劇というか喜劇が…
日焼けやばい…
皆さん外出時は日焼け止めを是非.
最後になりましたが,今回の研究室旅行はとても楽しかったです!
特に今年入ったM1にとっては,よりユビ研を知り交流を深める良い機会となりました!
次の研究室旅行がとても楽しみです.
これからNAISTやユビ研に入ろうと考えている学生さん,
ユビ研では今回のように様々な行事が行われています.
是非ユビ研を見にきてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました.

研究室旅行に行ってきました!!![1日目]

こんにちは

M1の大西です。

845日に研究室旅行@淡路島&琴平に行ってきました!

ユビ研では毎年6月~8月に研究室行事として研究室旅行に行きます。

1日目、いつも通りのある日の朝。

眠そうな人が多かった印象ですが、バスに乗り込んで旅行スタート。

バスの中では、今後に備えて寝る人、会話で盛り上がる人、それぞれの過ごし方で目的地に着くのを待ちます。

昼食、淡路島で海鮮丼を食べました。美味。近くには海が広がり、明石海峡大橋も間近で見ることができました。

すると食後の休憩も取らず外へ飛び出して行く集団が…。

そこにはユビ研のトレーナーたちがマスターを目指す姿がありました。

夏と言えば、!!

次に向かったのは海水浴場。

海を目の前に一同のテンションも爆上げです。

写真は、海ガチ勢、日本にやってきた留学生兄弟(?)、海に来たもののデビューしきれない大学院生。


先生、学生関係なくみんな全力で海を楽しみ、遊び尽くしました。

空を飛ぶもの、海に浮かぶもの、人を海に投げるもの、己の肉体に磨きをかけるもの、地に埋まるもの、楽しみ方には個性が出ます。

遊び疲れてヘトヘトになりながら旅館に着いて、先生のありがたい乾杯からの食事。

旅行と言えば、!!

各々好きなようにゲームやトーク、また一部の人たちは釣りをして盛り上がりました。

さて、いつ頃寝たかあまり記憶が定かではないですが、全力で遊びまくった1日目についてはThats allです

最後に一言、やっぱ旅行って最高だな。(あと肌の焼き過ぎには気をつけよう)

2日目については佐野くんにバトンタッチ。

乞うご期待!

サマーセミナー&SSHラボステイを開催しました

こんにちは。M2の髙田です.
先日,2018年8月6日から9日の間に開催されたサマーセミナー&SSHラボステイに, 指導員学生として参加してきました.


サマーセミナーとはNAISTの受験を真剣に考えている大学生以上 (高専4年以上、社会人も含む)を対象としたもので,セミナーでの実習を通じて,最新の研究設備を使用でき,本学の先輩や先生と直接意見交換をすることが出来る貴重な機会です.

SSHラボステイは奈良県下の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」指定校の生徒を受け入れ,ラボステイスタイルで生徒の教育指導を行いました.SSHとは,文部科学省が科学技術・理科,数学教育を重点的に行う高等学校を「スーパーサイエンスハイスクール」として指定し,理数系教育に関する教育課程の改善に資する研究開発を行う事業で,平成14年度から実施されています.


今年はこの2つを同時に開催しました.

そしてユビ研では,「ウェアラブルデバイスのみを用いた体幹トレーニングの種目認識」というテーマで募集したところ,高校生2名,大学生1名,社会人1名の計4名の方が参加していただきました.


1日目は自己紹介を済ました後,今回のセミナーでどんなことをやるのかについて,軽く説明をしました.(プレゼン資料の準備が全くできていなかったので,その場で話しながらプレゼン資料を作成しているところです(^_^;))

説明後,早速写真のようにウェアラブルデバイスを身につけてデータ収集実験に取り組みました.

↑実験中の様子

まさか,セミナーで筋トレをするとは思ってもいなかったと思いますw

ただ,データ収集の際はこうして体を動かすのが多いということも体験していただけたかなと思います.


2日目は初日に収集したデータを分析することを中心に取り組みました.

データ分析では,プログラミングを用いて行いました.

初めてプログラミングに触れる人が多く,

さらに自分も教える立場としては初めてだったので,お互いに四苦八苦しながらでした,,,

 

セミナー中の昼食時は高校生の方と一緒に食べることが多く,普段の学校生活や将来のことなどを話しました.

自分の高校時に比べると何倍もしっかりとしていました(笑)


3日目は分析結果の考察などを中心に行いました.

また,最後には大学院での生活や授業など,様々なことを座談会形式で話しました.


3日間を通して,個人的には,教える立場として自分が普段当たり前だと思っていることが,相手にはとってはそうではないことの方が多く,それをいかにわかりやすく伝えるのかが重要だと実感しました.

また,今回参加していただいた4人の方は,ユビ研の雰囲気や研究内容など,普段あまり接する機会がない大学院について触れていただくことができたと思います.


ユビ研では先日,約1年間ほどアメリカの大学に行かれていた荒川先生が帰国され,ますますスピード感が増しています.

今回のセミナー以外でも,いつでも研究室は解放しておりますので,少しでも興味を持った方はいつでも研究室を見学しに来てください!

お待ちしています!

それでは!