新しい風が吹いてます

ブログ初投稿です!M1の渡邉です!

10月に入ったとのことで秋入学のフレッシュなメンバーが
ユビ研には入って来ました!紹介します!

 

————————まずは日本人メンバーから!!————————–

梅津吉雅(うめつよしのり)・23歳・独身

彼は今・・・頑張ってます!
個人的に今プロジェクト実習という授業で
早くも一緒にシステム開発が出来て嬉しいです。

成果発表は11月12日(日)のホームカミングデー(オープンキャンパス)です。

スマートハウスに新しいシステムが・・・?
皆様のご参加楽しみにしてます!!!

 

————————次は留学生です!————————–


Jose Paolo Victoria Talusan(JPさん)

He came from Ateneo de Manila University (Philippines)
I’ve talked him a lot in the welcome party and I thought he is a super nice guy!
I’m looking forward to talk more about his country.
AND looking forward to take him around in Japan!

強烈なお酒をお土産に持って来てくれたJPさん!
話すと気さくで紳士!本当にこれからいろんな話をするのが楽しみです!


Research Dawadi (リサーチさん)

He visited NAIST before we came to this lab.
He knows well about NAIST more than us.
It was funny when he ask me about convenience store and supermarket, which is gone few month ago.

彼は僕らM1が入る前にユビ研に来てて僕らの先輩です。
前あったコンビニは?スーパーは?(ないよ)
不便になったね!(そうなんだよ)
換金できないよ!!(あらら。。。)
と早くも前回の来日との変化に苦戦してました(笑

(NAIST周辺に是非ATMを!!)

 

———————-最後にインターン生の紹介です!—————————-


Ann Kathrin Holatka (アンさん)

She is a visiting student from Karlsruher Institut für Technologie (Germany)
I’ve talked about working style in Germany and Japan.
Interesting to talk about cultural difference in Japan and Germany.
Looking forward to talk more!!!

アンさんとは日本とドイツの違いについて話をしたりして本当に楽しいです。
個人的に将来海外で生活したいと思っているので
すごく参考にもなります!

6ヶ月間(研究室には5ヶ月くらい)
日本にいるのでたくさん語ろうと思います!

————————————————–

そんなこんなで新入生の紹介でした!
ユビ研は一人一人が個性強めなんで飽きないですね・・・笑
負けないように自分磨き頑張ります!!

最近、寒暖差が激しくて
風邪引いてる研究室のメンバーも多いですが
無理しない程度に頑張ってます。


↑マスクしながらも頑張る徳田

新メンバーも迎えたユビ研のさらなる研究成果に乞うご期待!😉

情報処理学会関西支部 支部大会に参加しました!

こんにちは。M1の金谷です。
夏休みも終わり、10月になりました。
M1も入学して半年が経ちました。早いですね。。。

2017年9月25日(月)に大阪大学中之島センターで行われた
情報処理学会関西支部 支部大会に参加してきました!
これがM1にとって研究発表の初陣になります。。。
ユビ研からはM1の8名が参加しました。

M1の高田はこの日のためにハワイに出張中にも関わらず
現地時間の夜中の2時3時まで先生を拘束して発表資料を作成してました。
その後ワークアウトに…彼の体力は無限かもしれません…。

当日は5つのセッションに分かれて
発表10分、質疑応答5分の計15分で発表が行われました。

私を含め、M1の6名はD「行動変容と社会システム」にて発表しました。
当日のプログラムはこちらです!

公聴者の方も多く、30人程度の方々に我々の発表を聞いていただきました。

私が参加したセッションで先陣を切ったのは張さん!
日本語で流暢に発表していました。

それをかわきりに順番に発表。
渡邉は人前に立つのが得意なのが伝わってきました。

徳田は会場中に響くいい声で発表してました。

その次が私。ここまでで午前中の発表が終了。

午後からは
佐々木は王者の貫禄を見せながら、
高城は凝ったスライドを使って冷静さを見せながら、
発表を終えました。

高田と永野も別の会場で無事に発表を終えたようでした。

全員が発表を終え、その後の懇親会では学生表彰の受賞者の発表が
行われました。

結果は…

佐々木、徳田、金谷の3人が支部大会奨励賞をいただきました!

これは授賞式の様子です。

徳田は嬉しさのあまりダブルピース!!

最後は参加者で打ち上げ。みんなお疲れ様でした。

我々以外の参加者の発表の中には面白い研究内容のものがあったり、
公聴者の方々から的確な質問やコメントをいただいたりして、
とてもいい刺激を受けました。

この経験を活かして今後も研究活動に励んでいきたいと思います!

Code for Japan Summit 2017 に参加しました!

M2の河中です。

9月23(土)〜24日(日) に神戸市にあるしあわせの村で行われたCode for Japan Summit 2017にM2音田、河中、D2松田が参加いたしました!
割りと辺鄙なところでの開催でしたが、総来場者が約700人だったらしく大盛況!

プログラムはこちらから!

今回、河中と松田は高専時代の友人つながりで知り合ったJAISTの大西くんらと共に以下の学生セッションの運営行いました。

1日目:【U30限定】Civic Tech Ideason (誤植です。笑 正しくはIdeathon)
2日目:シビックテック初心者セッション – 学生と一緒にネクストアクションを考えよう

また、Code for IkomaとしてブリゲードLTで、4919 for Ikomaでの生駒市との連携状況を発表いたしました。

その様子をざっくりレポート!

1日目:【U30限定】Civic Tech Ideason


こちらのセッションでは、全国各地のシビックテックに取り組む人たちの中で、30歳以下の若手を中心に、「地域の課題をどのようにして技術で解決していけばいいのか。技術は地域課題解決にどう役立たせることができるのか」というテーマについて話し合う75分間のワークショップを行いました。

最初にセッションチェアのCode for Japan / Kobe の斉藤くんからセッション全体の流れを説明。

その後、Code for Japanの池田くんからCivic Techとはそもそも何か?といところを身近な問題から世界で行われている事例まで含めて紹介してくれました。

その後、以下の4テーマでテーブルに分かれてで各ファシリテータが取り組んでいる事例紹介および課題説明を行いディスカッションを行いました!

1.シビックテックに「壁」を感じている技術者と非技術者との対話 ファシリ:大西(Japan)
2.PR・観光に絡めたデータ収集の取り組みについて ファシリ:松田(生駒)
3.食育・アレルギー問題を解決するアプリの課題について ファシリ:河中(生駒)
4.教育×ハッカソンの課題について ファシリ:渡邉(名古屋)

僕が担当した3のテーブルでは、4919 for Ikomaの横展開に向けた課題を話し合いました。

実際に、アレルギーを持っていて学校給食で苦しんだという経験を持った方もいてリアルな声を聞くことができ、逆にとても勉強になりました!

おとちゃんもワークショップへ参加してくれました😃

最後に各テーブルごとに内容を共有しました!
松田さんの班はグラレコのあるがさんがいたのですごく綺麗にまとまってました(゚д゚)!

まとめのグラレコはこちら!

議事録

2日目:ブリゲードLT


各地のブリゲードでの活動内容をLT発表するセッションでした。

僕はCode for Ikomaとして、Ikoma Civic Tech Award のコンテスト以降生駒市と協力して行ってきた、アレルゲン込み献立データのCSV形式でのオープンデータ化へ向けた取組とAndroidアプリのリリースに関してを主に話させてもらいました。

スライドはこちら

グラレコ!

2日目:シビックテック初心者用セッション – 学生と一緒にネクストアクションを考えよう


こちらのセッションは、「シビックテックに興味があるけどまだ活動はしていない」というシビックテック初心者の方がシビックテックに取り組む学生と一緒にイベントの感想を共有し、「サミット終了後に自分は何をするか」というネクストアクションを作ることを目的に設けられました.

2日目は、チェアを勤めてくれた大西くんから1日目のセッションからの流れと概要を説明。

それぞれの班に分かれてし、「共感したこと」「驚いたこと」「疑問に思ったこと」「自身で取り組めそうなこと」の4つの項目でディスカッションしました!

その後各テーブルごとに話し合った内容を共有、さらにみんなの意見を書いた付箋をグラレコへ貼って、「みんなの思いが乗ったグラレコ」の完成!

議事録

番外編:Code for Youth 始まる。


今回集まった学生セッションの運営メンバー!
グラレコ兼学生セッション運営のあるがさんが似顔絵を描いてまとめてくれました😃

そして、学生セッションに参加してた学生が活躍するブリゲードをまとめた「未完成のブリゲードマップ」
完成に向けてマップ上の★をどんどん埋めていきたい!

そして、Code for Japan Summitのクロージングでも発表しましたが…!

Code for Youthが立ち上がりました!

学生からもどんどんCode for,CivicTech,GovTechの活動を盛り上げていこうということで、今回も運営メンバーを中心に発足することとなりました。

現状、発足することのみしか決まっておりませんが(笑)、盛り上がっていきそうな予感はしております!

打ち上げ兼決起集会としてステーキランドで神戸牛!
高かったけど美味でした ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”


今回、セッションの運営側を担当するのが始めてだった上、集客等不安な要素があったため、どうなるかと思っていましたが、盛況に終わってホッとしています。

特に取りまとめてくれた、大西くん、斉藤くん、池田くん、あるがさん、学生セッションメンバー、参加者のみなさんありがとうございました!

これからも頑張っていきましょう(๑•̀ㅂ•́)و

第5回学生スマートフォンアプリコンテストに参加しました!

どうも。M1の佐々木です。

私は829日、30日に東京電機大学で開催された、

5回学生スマートフォンアプリコンテストに参加してきました!

これは、情報処理学会のCDS/MBL合同研究発表会と同時に開催されるコンテストです。

 

NAISTユビ研からは、

先輩、M2河中さんの引率の元、

わたくし佐々木と、同じくM1の米岡が参加しました。

 

ショートプレゼン

はじめに、1分間のショートプレゼンがあります。

ここでアプリの第一印象が決まるので、

この限られた時間の中で、

いかに興味を持ってもらえるかが鍵となります。

 

私のプレゼンは、良くも悪くもしっかりとしたプレゼン。

一方で、米岡のプレゼンはすべてのプレゼンの中で

唯一、笑いを取ったプレゼンとなりました。

あの雰囲気の中で笑いが起きるとは

彼のポテンシャルには驚かされることばかりです。

こういった場面でそれぞれの性格が出るのが面白いですよね。

他のチームのプレゼンも、デザイン、発表ともに

よく練られており、感心してしまいました

 

デモンストレーション

ショートプレゼンが終わって休むのもつかの間、

すぐにデモンストレーション審査が始まりました。

CDS/MBL合同研究発表会の参加者や審査員の方々を中心に、

実機でのデモンストレーションを通して、

新規性や実装力を評価してもらいます。

最初の説明は探り探りでしたが、なんども同じ説明をしていると

説明をする大体の流れができあがって、

最終的には、わかりやすい説明ができたんじゃないかと感じています。

 

やっぱり、おもしろいと言ってもらえると、

開発した甲斐があったなあと達成感を得られますね。

 

終盤には、他の参加チームの方にも来ていただき、

非常に嬉しかったです。

 

結果発表

そして翌日、緊張の結果発表!

気になる結果は・・・

 

佐々木:最優秀賞

米岡:アイデア賞

 

でした。

なんと、二人とも賞を受賞することができました!

いろんな方に評価していただいたということで、

とても嬉しかったです!

 

またこのようなアプリコンテストがありましたら、

是非参加したいと思います!

荒川准教授が UCLA へ! 学生も続々留学予定!

D2松田です。

NAIST周辺は連日猛暑ですが、
Pokemon GO の伝説ポケモン解禁に伴い、
学生・教員は続々と行動変容されています。

荒川先生がアメリカへ!

さて、先週半ばに荒川准教授がUCLAへと出発しました。
これから 1年間の研究滞在です。

16時間の時差をこれから乗り越えていかないといけません。
研究室には世界時計が出現しました。

さらに、2つの「リモート荒川先生」が出現しました。

リモート荒川先生1号「Double」

倒立振子のテレプレゼンスシステムですね。
意外とパワフルで全然コケません。スゲー。

リモート荒川先生2号「自作会議システム」

Skype + Youtube Live + ウェブカメ2台で構成されております。
世界中どこからでもミーティングに参加できます。スゲー。

 

学生たちも続々海外へ!

荒川先生だけではない!
学生たちも続々と海外へと行きます!

  • D2 松田: ドイツ・ウルム大学(1年)
  • D1 中村:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + マンハイム大学(2ヶ月)
  • M2 高橋:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + ウルム大学(2ヶ月)
  • M1 永野:ドイツ・DFKI Kaiserslautern + ウルム大学(2ヶ月)

海外の研究者とのコラボの機会を頂けるのは、
非常に貴重な体験なので、ぜひそれぞれ何かをゲットしたいですね

 

荒川先生や彼らの海外レポートを楽しみにしていてくださいね\(^o^)/

SPAJAM2017の本戦に参加してきました

こんにちは。M2の音田です。

7月8日-10日に箱根で開催されたSPAJAM 2017の本戦に「D1松田、M2髙橋、M1高城、M1米岡、僕」の5人で参加してきました!

この記事では、その本戦での内容を報告したいと思います。

 

まず、このSPAJAMの本戦に行くためには、予選を通過しなければなりません。

予選を通過するためには、予選で最優秀賞を取るか、全国の優秀賞の中から選ばれる3チームに入る必要があります。

僕らは大阪予選に参加して最優秀賞は取れず、優秀賞で予選通過ならずでしたが、なんと全国の優秀賞の中から本戦に参加できるチームとして選ばれました!(パチパチ)

 

 

そして、本戦へ。

当日の朝、新幹線で会場の「COLONY箱根」へと向かうのですが、チームリーダーの髙橋くんは寝坊で遅刻

会場についてからは、オープニングパーティーが行われ、豪華な食事を頂きました。

 

オープニングパーティーでは、本戦出場チームの紹介、審査員と去年の優勝者によるトークセッション、そして、今回のSPAJAMのテーマが発表されます。
そのテーマは、

 

そして、このテーマでどのようなアプリを開発するか参加者、関係者、審査員全員でアイデアソンを行っていきます!

松田さんの「連れションアプリ」は人気でしたね!

 

 

 

アイデアソンが終わると、各チームごとに分かれて、アプリを開発していきます。
開発時間はちょうど24時間しかありません!!!!

 

 

 

温泉を楽しみながら、夜な夜な開発が続いていきます。

アイデアのブレストしたり。。。

 

ソースコードカキカキ。。。

 

飲み放題のレッドブルを飲んだり(RedBullありがとうございました。めっちゃ飲みました。)

 

仮眠とったり。。。

 

そして、朝を迎えます。
あまり寝てないけど、みんな元気。

 

そして、開発時間終了となり、開発したアプリのプレゼンが始まります。
発表順は参加した12チームの中で僕達「LABOL」は二番目!!!

 

発表者はM1の高城くん。

 

開発したアプリは「#彼女とデートなうに使うよ。」というもので、Twitterでの彼女とデートなうに使っていいよの流行りに乗って、実際にデートしているかのようなツーショット写真が取れるものです。

 

 

プレゼンが終わると、懇親会が始まります。(結果発表は次の日に行われます)

懇親会も豪華な食事がいっぱい。

 

懇親会後は温泉にゆっくり浸かったり、徹夜してた人はぐっすり眠り、高橋君は論文のための実装(一人ハッカソン)をしてました。

そして、次の日になると、いよいよ結果発表です。

結果は受賞ならず、、、、でしたが、ファイナリスト賞(本戦参加賞)もらいました。

 

 

 

今回のSPAJAMの本戦では、学生だけで構成されたチームは僕達のところだけで、他の社会人チームの皆様の技術力やアイデア力の凄さに圧倒されましたが、いい刺激になりました。(Kotlinやるぞー。)

最後に、SPAJAM2017の運営、審査委員、スポンサー、CLONY箱根、関係者の皆様ありがとうございました。

 

めちゃめちゃ楽しかったです。来年リベンジや(/・ω・)/

M-1グランプリ

こんにちは、ユビ研M1のタキです。

吹く風も次第に夏めいてまいりましたが、皆さんいかがお過ごしですか。

ユビ研メンバーは今日も活発に研究していま、、

ん?

んん?

何やら、謎の筋トレマシーンを研究室に持ち込んで研究してる不審者を発見しました。

という前振りはこの辺にしておいて、

実はこの筋トレマシーンは先月の研究室旅行で開催されたM-1グランプリという研究室アプリコンテストの優秀筋トレ賞なんです!

ユビ研では今年度からM1メンバーの腕試しとしてM1グランプリというアプリコンテストを開催

審査員の先生や先輩の前で、M1の9人は白熱の大宴会芸お笑いアプリバトルを繰り広げました。

そして、

結果は

参加賞 M1全員にスマートウォッチ

脳トレ賞 米岡 脳波を測るやつ。

筋トレ賞 高田 例の筋トレマシーン

特別賞 永野 ドイツ留学権

準グランプリ 高城 研究費10万円 ← 僕も頂きました

グランプリ 佐々木 研究費30万円

さすがはユビ研、賞品もめちゃくちゃ豪華でした!

ただし、得たものは景品だけでなく、プログラミングが得意な人間、プレゼンが得意な人間、面白い人間、研究が向いてそうな人間、誰が何が得意でどういう人間なのかをかなり早い段階で研究室内で把握することができたのは、これから研究を進めていく中で大きな収穫でした。

これも、全て先生方の思惑通りだったようです。さすが

ユビ研では研究以外にもこのような楽しいイベントをたくさん開催しています!

現在、来年度入学生のための入学試験真っ只中ですが、いつでも見学会もお待ちしてます!受験生頑張れ!

僕は、ちょっくら明日から開催のSPAJAM2017本選行ってきます!

http://spajam.jp/

db analytics showcase 2017 および FOSS4G 2017 に参加しました! 

M2の河中です。

Code for Sapporoの久保さんにご紹介いただき、DICOMO2017に参加後、7月1日に札幌で開催されましたdb analytics showcase 2017 および FOSS4G 2017へ参加いたしました!

これらのイベントは同時開催されており、db analytics showcase はデータ解析を本当に理解し使いこなすため、数学やR, Pythonなどプログラミング言語の勉強会が行われ、FOSS4Gでは、GIS(地理情報システム)に関わる企業や法人の方々の発表が行われました!

FOSS4Gのチラシデザインかっこいい!

当日のタイムテーブルは以下の通りです(画質悪くてスミマセヌ)↓

帰りの飛行機の関係など時間の関係上、10時〜15時までしか参加できなかったのですが、この内僕が参加させていただいたのが以下のとおりです!

■ db analytics showcase

– 機械学習のためのベイズ最適化入門( ヤフー株式会社  / 牧山 幸史 )
    slideshare: https://www.slideshare.net/hoxo_m/ss-77421091
– ベイズ統計の数理と深層学習( 株式会社Gunosy / 米田 武  )
slideshare: https://www.slideshare.net/TakeshiYoneda/db-analytics-showcase-sapporo-2017

■ FOSS4G

– ユニバーサルマップ作ってみた(Georepublic Japan / 関 治之)
Speaker Dock: https://speakerdeck.com/halsk/yunibasarumatupuzuo-tutemita
– Rを使ったオープン地理空間情報データの活用 (株式会社ナイトレイ / 瓜生 真也)
-マピオン、ベクタータイル始めました (株式会社マピオン / 清水 珠里)
Speaker Dock : https://speakerdeck.com/mapion/mapion-bekutatairuhazimemasita
– OpenMapTiles: Vector Tiles based on OpenStreetMap Data (OpenMapTiles project / Jiří Kozel)

db analyticsで聞いたのが,機械学習のためのベイズ統計に関する話でしたが、Gunosyの米田さん(新卒らしい)の発表が印象的でした。
大学院まで純粋数学の畑で育ってこられたそうで、発表自体もバリバリ数学の話だったのですごく難しかったのですが、統計真面目に勉強しないとなぁとすごく刺激を受けました!笑

FOSS4Gでは関さんのお話や、Rによる地理空間データ活用方法、マピオンさんの活動などなどGIS界隈の現状を色々知ることができました!

foss4gの当日の様子はyoutubeにも投稿されているので以下URLからご確認いただけます!
foss4g : https://www.youtube.com/user/FOSS4Ghokkaido/videos

こういうイベント大阪とかでもやってたりするようなので、また参加してみたいとおもいます!

DICOMO2017 に参加しました!

夏も間近に迫り、連日暑い日が続く中、
とうとうクーラーに手を出した D2 マツダです。

マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム
6月28〜30日に北海道の定山渓温泉で開催され、ユビ研から学生5名が参加しました。
(登壇発表 4件、ナイトテクニカルセッション 1件 → http://ubi-lab.naist.jp/?p=2672

今年は北海道開催の学会が多いですね!
ITS研究会、WSSIT、DPSWS…。などなど。多い。

 

■ DICOMOメインセッション

DICOMOは、情報処理学会の10研究会から 500名 もの参加者が集まる非常に大きな会議です。3日間の会期で朝から夕方まで 8つの平行セッションで行われます(発表総数は約270件!)。

発表の様子はこんなかんじ ↓ です。

夜は2日目に発表を控えた雨森くんがプレゼンの直しをしたり、
ナイトテクニカルセッションのプレゼン資料を徹夜で作ったりと、
超盛りだくさんのスケジュールでした\(^o^)/

ときにはカフェで…

ときには、足湯に浸かりつつ…

 

■ DICOMO名物「無限御膳」

夕食は壮観です。
とにかく、ずらーーーーーーーーっと御膳が並びます。500セット。
毎年恒例の景色で、無限御膳と呼ばれているらしいです。
北海道の美味しい料理をいただきました!!

 

■ もうひとつの DICOMO名物「ナイトテクニカルセッション」

DICOMOのもう一つの名物があります。
それが、2日目の夜に開催される「ナイトテクニカルセッション」です。
本セッションとは別に開催されるため、並行セッションがない、
つまりほぼすべての参加者が集まる( = 実は一番多くの人に見られる)セッションです。

内容としては、本セッションとは異なり、
研究室や大学の取り組みを「楽しく」かつ「わかりやすく」伝える場となっています。

昨年、ユビ研は「センサ vs 人間」と題して、
赤外線人感センサとバトルし、大好評だったのですが惜しくも第2位でした。

今年は1位を取るべく、「人工知能 vs 人間」と題し、
昨今話題の Deep Learning とバトルしました。

発表の様子はこんな感じです ↓

気になる結果は…
なんと、第1位!!!!!
念願の優勝を勝ち取りました!!!!

 

■ 本セッションでも受賞

ナイトテクニカルセッションでは優勝!!
とは言え、メインは本セッションです。

もちろんこちらでも受賞しております。

  • 最優秀プレゼンテーション賞(D2 松田)
    … とっても良いプレゼンをしたで賞
  • 優秀プレゼンテーション賞(M2 雨森)
    … 良いプレゼンをしたで賞
  • ベストカンバーサント賞(諏訪先生)
    … たくさん良い質問をしたで賞

受賞の詳細は →こちら← を御覧ください。

 

■ 安本先生も受賞

安本先生も 「活動功労賞」という、DICOMOシンポジウムの運営を通じて学術交流の活性化へ貢献した方に贈られる賞を受賞しました!

 

 

最後に…
ジンギスカン美味しい!

研究室旅行に行ってきました!!!

こんにちは!!!初投稿します、M1の徳田です。

11、12日に岐阜に研究室旅行に行ってきました。

始まりは朝。
なんですが、けっこうな人数が前日の夜に研究室に集まっていました。M1グランプリ(アプリコンテスト←詳細は高城のブログで)の準備や家が遠すぎて泊まらないと間に合わない金谷やその他の準備などなど、、、

いったん準備しに帰って、集合時間ギリギリまで帰ってこない遅刻疑惑のM1もいましたが、無事全員そろって出発しました。

途中、多賀サービスエリアに停まって、みんな一斉に朝食を買いに行きます。
ここのサービスエリアの名物、超巨大メロンパンに久しぶりに出会いました。これを買ってる人にも久しぶりに出会いました。そのメロンパンがどのくらいデカイかというと、、音田さんの顔よりデカいです(驚愕)。1個1399kalという圧倒的カロリー…

そのまま何事もなく(たぶん)、無事に岐阜城に到着しました。
イベント係の先輩たちから説明を受けて、すぐさまロープウェイへ!!!

岐阜城からの景色です。自然に囲まれてて、とてもとても綺麗でした。タイからのインターン生、Sopichaさんもご満悦でした!!

岐阜城をバックに集合写真撮りました!自然がいい味を出していました。

そこから昼食に行く班とリス村を体験する班に分かれました。

僕はもつ鍋と釜飯が有名なお店に行きました。1番いい飛騨牛の釜飯頼みましたよ、食にはお金は惜しみません!!(写真は僕のじゃないM1のささっきーです(笑))どの釜飯も美味しそうでした!

こちらはリス村の様子です。みなさんの話を聞くととてもとても好評でした。(写真はM2の高橋さん)

そっから昭和村へ移動  (留学生の王さん)

昭和村ではいろいろ体験コーナーがあり、僕はユビ研の中で最も人気だったろくろう作りを体験してきました。

これが意外と難しい!!なかなかうまくいきません。何回もインストラクターの方の応急処置を受けながらなんとかコップの形にとどめることに成功しました。(写真は素晴らしい笑顔のM2河中さん、最初はコップの予定が途中からデカくなりすぎて茶碗に変更してました(笑))

体験終了して、我らの旅館、水明館へ!

外の眺めもいい心地も温泉も最高、とてもとてもいい旅館でした!

夕食の会場がこちらの写真になります。
めちゃめちゃ広い、こんなところでM1のプレゼンすると思ったらめちゃめちゃ緊張しました(笑)(M1グランプリ詳細は高城のブログで)

安本先生のありがたいお話の後、乾杯しました!

食事も豪華で美味なものばかりでした。

兼ねて留学生のSopichaさんの自己紹介もしました。
前日にやばいやばい言いながら作ってたのにクオリティがめちゃ高かったです、さすがです。

夕食後は、人狼や飲みやその他ゲームなどなどしていたそうです。僕は力尽きて速攻寝ましたが、そっから1時くらいにまた起きて、外の温泉、噴泉池連れて行かれたりしてなんだかんだしてたら1日目が終わりました(笑)

2日目は下呂観光!!

下呂では、合掌村観光したり、食べ歩きしたりしてました!
合掌村では歴史を体験しつつ、めちゃめちゃ長い滑り台滑ったりしました。食べ歩きでは、飛騨牛のお寿司食べたり、食べログ4.1越えのお蕎麦をいただきました!美味でした!

2日間で岐阜県を満喫できました、旅行の計画や指揮していただいたイベント係の先輩たちありがとうございました。
来年も楽しい旅行にできるようにしますので、来年の新入生たちは乞うご期待!!!
最後に、

楽しかったです!!!